名車ブルーバードがEVに変身! その名も「New bird」!! 旧車存続に新たな「道」

名車ブルバードがEVに変身! その名も「New bird」!! 旧車が生き残る道のひとつになるのか?

 日産は日本国内に5つの完成工場と2つのエンジン工場がある。もちろん、海外でもアメリカをはじめ、イギリス、タイなど20カ国以上の国でクルマを生産している。イギリスにあるサンダーランド工場もその一つ。

 2021年12月にこのサンダーランド工場で、35年間の生産を祝って1台のスペシャルモデルが生産された。ここでは、このサンダーランド工場35周年を祝い、EV化されたブルーバード「New bird」について紹介しつつ、旧車のEV化についてふれてみたい。

文/萩原文博、写真/NISSAN、萩原文博

【画像ギャラリー】EV化で旧車を楽しむ!! EVコンバートしたブルーバード「New bird」とフィアット パンダを画像でチェック(24枚)画像ギャラリー

名車ブルーバードEV「New bird」はどのようなモデルなのか?

サンダーランド工場35周年を記念して制作された「New bird」

 英国にあるサンダーランド工場は1986年9月に開設され、現在も稼働している工場だ。開設からの総生産台数は1,050万台を超えている。1986年からサンダーランド工場に勤めているスタッフが現在もリーフの生産に取り組んでいる。

 サンダーランド工場で最初にラインオフされたクルマがブルーバードである。その最初に生産されたブルーバードは地元の博物館の展示の目玉となっている。ブルーバードは1986年~1990年にかけて生産されたモデルで、当時は1台の車を製造するのに約22時間以上もかかっていた。

 しかし、現在は製造技術の飛躍的な進歩によってEVのリーフの生産時間は10時間に短縮。すでに20万台以上が製造されている。

 そのサンダーランド工場の35周年記念で特別に作られたモデルが「New bird」だ。この最初に製造したブルーバードにリーフの100%電気ドライブトレインを搭載したEVだ。

 日産サンダーランド工場の製造担当部長であるアラン・ジョンソンは、この「New bird」について、「サンダーランド工場の過去と未来をすべて表していて、エキサイティングな電化により、カーボンニュートラルな未来に向けて前進する道をリードしている」と語っている。

 「New bird」は、イングランド北東部のダーラム(サンダーランド工場からわずか15マイル)に拠点を置く家族経営の会社である、キングホーンEVによってプロジェクト管理された。キングホーンEVは、リーフのモーター、インバーター、バッテリーを使用し、クラシックカーをフルエレクトリックに変換することを専門とする会社だ。

 キングホーンEVのジョージ・キングホーン氏は、「日産がサンダーランド工場を開設したとき、それは北東部に大きな経済的後押しを与えました。電気自動車は未来だけではなく、今です! 古いクルマをEVに変換することで、これらの象徴的なビンテージモデルを日常的に使用できます。運転も同じように楽しく、信頼性が高く、運転時に有害な排出物を発生させないことが重要です。」と語っている。

EV化されたブルーバード「New bird」にはリーフのドライブトレインを搭載

 「New bird」は、EV化に必要なリーフのドライブトレインを搭載するために、元々搭載されていたエンジンとギアボックスが取り外された。そして、リーフ用のモーター、インバーター、40kWhバッテリーパックが取り付けられ、バッテリーモジュールがエンジンベイとブーツの間で分割され、重量配分が最適化されている。

 さらに、パワーステアリング、ブレーキ、暖房システムに更新と変更が加えられ、電動で駆動できるようになっている。バッテリーパックからの追加重量をサポートするためにカスタムサスペンションも取り付けられた。

 「New bird」の充電用コネクターは、元の燃料フラップに設置。バッテリーは最大6.6kWで再充電でき、元のドライバー機器パネルがEVシステムに接続されているため、燃料計でバッテリーの充電状態を表示可能。1回の充電からの車両の航続距離は約130マイルと推定。0-100km/h加速は15秒弱となっている。

次ページは : フィアットパンダをEV化! 旧車をEVにするにはいくつもの壁があった

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ