EV先駆者 日産に勝ち目はあるのか? 怒涛の全15新車投入計画発表!

先駆者日産に勝ち目はあるのか? EV多数導入へ 長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」発表!!

 これは、日産が”軌道に乗った証”なのだろうか?

 日産は2021年11月29日、長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」を発表した。次の10年を見据えて、日産がこれから歩もうとしている道筋を見せたかたちだ。

 内田誠CEOは「Nissan Nextによる企業再生は着実に進んでいる。いまこそ、未来の創造に向けてギアをシフトする時期だ」と今回の発表の主旨を示した。

 就任した2年前、日産は長年に渡るゴーン体制下での「過去の過ち」(内田CEO)を抱え、日産としての事業全体が先行きが不透明な状況だった。そうした日産を根本的に見直すのが、事業再生計画の「Nissan Next」であり、現在はその最終章に入ろうとしている段階だと主張する。
 
 新型車についても、「日産はフルモデルチェンジまでの車齢が長過ぎる」という販売店やユーザーからの不満の声を解消するため、「Nissan Next」では、18カ月で12車種の市場導入を確約した。

 日本市場向けでは、「ノートe-POWER」「アリア」、そして「フェアレディZ」など日産のアイコンとなる主力車種が続々とお披露目されてきた。また、SUVではアメリカで「ローグ」として先行発売され、2022年には「エクストレイル」として登場が期待されている。搭載されるのは、中国で発表された発電機として使うエンジンにターボチャージャーを装着する通称「e-POWERターボ」になるのだろうか?

 さらに、「Nissan Ambition 2030」では、2030年度までにEV(電気自動車)15車種を含む23車種の新型電動車を市場導入することを明らかにした。Nissan Nextの次へと向かう日産に勝ち目があるのか、様々な角度から考えてみたい。

文/桃田健史、写真/NISSAN

【画像ギャラリー】ワクワクする日産の新型車と新たに発表されたコンセプトカーをチェック!!(28枚)画像ギャラリー

Nissan Ambition 2030の中身

真に持続可能な企業となることを目指す長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」を発表。写真のコンセプトカーはクロスオーバータイプのチルアウト

 では、今回の発表内容の振り返りから話を進める。

 大前提として、「Nissan Ambition2030は、中期経営計画ではない」(内田CEO)。あくまでも、日産が事業再生期から再成長期に向かうための「羅針盤」だという。社員にとって、販売店にとって、部品メーカーなどパートナー企業にとって、そして当然ながらユーザーに対して、日産がこれから歩もうとしている道筋を示すものなのだ。そんな「Nissan Ambition 2030」を描くうえで、自動車産業に関わる「社会の3つの変化」を考慮した。

 ひとつ目の変化は、気候変動だ。直近では、COP26(第26回気候変動枠組条約締結国会議:2021年10月31日~11月12日、於:英国グラスゴー)で示されたように、地球温暖化に対する社会活動の変化はグローバルで待ったなしの状態になっている、という見方が強い。自動車産業界における主要な解決策がパワートレインの電動化と、製造工場での再生可能エネルギー利用などによるグリーン化だ。

 ふたつ目の変化は、交通に関わる社会課題が挙げられる。グローバルで今後、先進国のみならず新興国でも大都市への人口集中がさらに続くと考えられている。それにより地方部の過疎化が進み、公共交通の維持が難しくなり、高齢者の移動手段に対する課題が浮き彫りになってきている。

 解決のために、AI(人工知能)を活用した交通データの解析について研究開発が進んでいる段階だ。クルマが個人所有物としての商品という枠組みを超え、社会インフラの一部という認識が高まっている。
 
 3つ目は、ユーザーのクルマに対する意識の変化だ。社会全体で環境問題に対する関心が高まり、またライフスタイルに対する考え方が多様化するなかで、クルマの商品企画に与える影響は極めて大きい。

ブランドとして、ワクワク感の重要性

日産が公開した3つのコンセプトカー。左からサーフアウト、マックスアウト、ハングアウト

 こうした3つの社会変化を踏まえたうえで、日産が次の10年で目指すのは「ワクワク感」だ。モデルとしては当然、「フェアレディZ」を筆頭とするスポーツカーや、グローバルでトレンドとなっているクロスオーバー系の新型車による、「ワクワクするスタイリングと、ワクワクする走り」だ。

 そうした新型車を様々な領域のパートナーと連携し、広義での移動体であるモビリティとして、またIT技術を駆使してデータを最大限活用するスマート社会の実現するという。その流れのなかで、電動化を一気に推し進める。

 具体的には、今後5年間で約2兆円という当時額を示した。新型モデルについては2030年度までにEV15車種を含む23車種を市場導入する。また、次世代の電池として期待されている全固体電池を2028年までに量産化を目指す。こうした総合的な電動化戦略によって、2030年度までに、日産とインフィニティを合わせてグローバルでの電動化比率50%以上を実現するとしている。

 さらに、いま(2021年)から2030年度までの中間地点である2026年度までの目標値についても明記している。それによると、EVとe-POWER搭載車を合わせて20車種以上とする。また、新車での新車販売比率を、欧州で75%以上、日本で55%以上、そして中国では40%以上に定めた。またアメリカについては、2026年度までの目標値をあえて市目指す、2030年度までにEVで40%以上と発表した。

次ページは : EV先駆者としての現実的な事業戦略