ついに近未来のスーパーカー発表!? 日産最新EVコンセプトの期待値と可能性

日産負けるな!! ついに近未来のスーパーカー発表!? バッテリーEVラインナップの行方

 2021年12月2日、日産は「アリア・シングルシーター・コンセプト」を発表した。アリアの高性能なパワートレインや4WD制御システムを、シングルシーター(1人乗り)レーシングカーのシャシーに搭載したコンセプトカーで、「未来の電動車両がパフォーマンスをより追求した場合、どのようなスタイリングになるかを考察したものだ」という。

 市販化やレースへの参戦などの計画はないだろうが、日産の今後のバッテリーEVラインナップが楽しみになる発表だ。また日産は、ほぼ同じタイミングで「チルアウト」というコンセプトカーも発表している。この「アリア・シングルシーター・コンセプト」と「チルアウト」について紹介しつつ、市販バッテリーEVの先駆者である日産ラインナップの今後についても考察しよう。

文/吉川賢一
写真/NISSAN

【画像ギャラリー】レーシングカーも登場!! 日産が発表したコンセプトカーをギャラリーでチェック(17枚)画像ギャラリー

アリアをモータースポーツのパッケージに仕立てた

アリアの高性能なパワートレインを訴求するコンセプトカー「アリア・シングルシーター・コンセプト」

 ボディカラーや、フロントのV形状のLEDラインなどからもわかるように、アリアのデザインを踏襲しているという「アリア・シングルシーター・コンセプト」。カーボンファイバー性のボディ側面も、アリアの流れるように折り返すサーフェイスが再現されている。

 全長が長いスタイルなのに、ドライバーの頭部がずいぶんと車両後方にあるので、前方は相当見づらいのではないか、とか、後輪のタイヤ交換はどうやってするのか、などと邪推してしまう部分もあるが、「アリア・シングルシーター・コンセプト」は、あくまでデザインスタディの一環だ。市販化や実車化はなく、eスポーツのレースゲームマシンとして登場する程度でとどまると思われる。

 日産は、「フォーミュラEに参戦しているのは、レースをするためだけではありません。より魅力的な(バッテリー)EVの開発をサポートするためでもあります。」としており、今回のコンセプトカーも「(バッテリー)EVのさらなる可能性とワクワクする魅力を追求しています」とのこと。

 フォーミュラEマシンのように規定にとらわれることなく、自由にデザインされたボディ形状は、最近の日産のコンセプトカーのなかでも、ダントツにカッコいい。単なるデザインスタディに終わることなく、ぜひともここで得た経験をもとに、レーシングカーだけでなく、バッテリー駆動の電動スーパーカー・スポーツカーにまで発展させてほしい、と考える。

「チルアウト」は、バッテリーEV生産の成功モデル

11月29日に日産が発表した長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」にて発表したコンセプトカー「CILLOUT(チルアウト)」アリアのプラットフォームを使用したクロスオーバーSUVコンセプトだ

 この発表直前の11月29日、日産は長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」を発表している。簡単にいえば、「環境問題や社会課題、そしてユーザー好みの多様化に対応できる、真に持続可能な企業となることを目指す」もので、「今後5年間で2兆円の投資」という大計画だ。

 「自社開発の全固体電池を2028年度に市場投入」という計画も発表している。またカーボンニュートラルのため、そして、日産のバッテリーEVを競争力の高い製品にするため、バッテリーEVの生産と調達の現地化を進めていくという。

 この発表のなかで、日産は、クロスオーバーSUVコンセプトの「チルアウト」を発表。こちらもアリアの「CMF-EVプラットフォーム」を採用しており、生産はサンダーランド工場に行われる。バッテリーEVのメリット(室内の広さや設計の自由度)を強調したコンセプトカーなので、良し悪しは何とも言えない(率直に言えばカッコ悪いが)。ここでポイントとなるのが、「EV36ZERO」という、バッテリーのリサイクル・リユースを回す、日産独自の「バッテリーEV生産ハブ」の概念だ。

 サンダーランド工場は、「初のバッテリーEV生産ハブ」として、車両生産やバッテリー製造、再生可能エネルギー活用など、カーボンニュートラルを実現していくという。バッテリーを2次利用するための施設を日本以外にも拡大し、2022年度には欧州、2025年度には米国に新たな施設を設立する予定だという。

 これが実現すれば、バッテリーEVのデメリットのひとつでもある「LCA(Life Cycle Assessment)-CO2:生産工程から使用、廃棄までのすべての過程でのCO2排出」の削減に大きく貢献できる。「チルアウト」は、日産の今後のバッテリーEV成功のための方策が織り込まれたコンセプトカーなのだ。

次ページは : バッテリーEVでは負けるな!!

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ