実は今が買い時!? 最後のオデッセイ 中古車の狙い目と最新動向

最終型オデッセイの狙い目はやはり?? 最新の中古車事情をお届け!!

 2021年はホンダにとって激動の年だった。F1でレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが30年ぶりの栄冠をつかみ、国産メーカーのなかでいち早くフルEV化へのロードマップを示した。

 そのいっぽうで、2021年末でオデッセイ、レジェンド、クラリティの生産が終了となった。2022年もS660の3月生産終了はすでにアナウンスされているが、年度内にCR-V、インサイト、シャトルの生産終了が明らかとなり、この2年間で9車種がラインアップから消えることとなる。

 なかでも現在のミニバンブームの火付け役となったオデッセイは、2020年11月にビッグマイナーチェンジを行ったばかり。またフルモデルチェンジを行えば一定数の販売台数が見込めたはずだ。

 そこで、ここでは最終モデルとなった5代目オデッセイの最新の中古車事情に迫ってみる。

文/萩原文博、写真/HONDA

【画像ギャラリー】最終型オデッセイのなかで中古車が最も多いハイブリッドモデルを画像で見る(12枚)画像ギャラリー

ついに最終モデルへ 現行型オデッセイはどのようなモデルなのか

2020年11月にマイナーチェンジを実施してフロントマスクを大きく変えた5代目オデッセイ

 最終モデルとなったオデッセイは2013年10月に登場。シリーズ初のリアスライドドアを採用するだけでなく、立体駐車場に対応したパッケージングを廃止。天井高を上げるだけでなく、床面高を下げる「超低床プラットフォーム」を採用した。広い室内空間を確保しつつ、高い評価を受けている安定した走行性能はキープしている。

 搭載するエンジンは2.4L直列4気筒i-VTECエンジンだが、スポーティモデルのアブソルートには、力強い加速を発揮する直噴エンジンを搭載。組み合わされるトランスミッションは全車CVTで、アブソルートにはパドルシフトを採用した7スピードモード付CVTを採用。

 2015年に行った一部改良で、オデッセイは衝突軽減ブレーキ(CMBS)をはじめ7つの運転支援機能をパッケージ化した先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を採用。2016年には2L直列4気筒エンジンと発電・駆動を行う2つのモーターを採用したハイブリッドシステム搭載車を設定。2017年11月には内外装の変更と同時に、機能性が向上した安全運転支援システム「Honda SENSING」を全車に標準装備化。

 そして2020年11月に、オデッセイはマイナーチェンジを行い、内外装のデザインを一新。さらに、安全運転支援システム「Honda SENSING」に後方誤発進抑制機能を追加するなど商品力に磨きをかけた。同時にグレードの整理を行い、標準モデルを廃止するいっぽうで搭載するエンジンは2.4L直列4気筒i-VTECとなっている。

最終型オデッセイの中古車市場はいかに

 現在、最終型オデッセイの中古車の流通台数は約1850台で、平均価格は約215万円。3カ月前の2021年10月時点では約1985台流通していて、平均価格は約216万円だったので、平均価格はほぼ横ばいで推移しているが、中古車の流通台数は135台減少している。そして中古車の価格帯は約65万~約500万円だ。

 最終型オデッセイの中古車の年式別の分布を調べてみると、実に興味深くなっている。一般的にはデビュー当初の年式が最も多く、年式を追うごとに減少。そしてマイナーチェンジで一度盛り返すものの、再び減少路線となるというモデルサイクルをたどる。

 しかし、最終型オデッセイは、2016年2月~2017年10月までに登録した中古車が最も多い。このタイミングは、2Lエンジンのハイブリッドシステムを追加したタイミングなのだ。このタイミングに続くのが、2013年11月~2014年3月の初期モデルなので、ハイブリッド車を多くのユーザーが待ち望んでいたのかがわかる。

 また、最後のビッグマイナーチェンジとなった2020年11月以降の中古車も約130台流通しているので、新車を考えていた人もこういった高年式車中古車が選択肢になるのは嬉しいことだろう。

次ページは : 中古オデッセイの購入の狙い目は「Honda SENSING」?