新型ステップワゴン登場で考える今のホンダが失ったもの〜「偉大なる初代ステップワゴンという存在」


 昨年12月10日、6代目ステップワゴンが今年(2022年)の春に発売されるとのティザーサイトが公開された。スクエアなフォルムは初代への原点回帰か? と思わせるもの。ホンダとしても是が非でも売りたいため、最大のライバルとなるトヨタノア/ヴォクシーの発売に合わせて発表してきたとも言える。

 しかし、よくよく考えてみるとそもそもFFの低床ミニバンを世に送り出したのはホンダである。またその最大の成功作がステップワゴンであったはずだ。それが今となってはすっかり追う立場の存在となってしまった。

 代を重ねる度に追われる立場から追う立場へとなってしまったステップワゴンが歩んできた道を振り返り、その転換点が何だったのか? 考えてみたいと思う。

文/渡辺陽一郎、写真/HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】6代目誕生! ホンダステップワゴンの足跡をたどってみよう!!(13枚)画像ギャラリー

■先代モデルは今までにない挑戦に挑んだ意欲作だったが、売れゆきは低迷

 ミニバンの需要は今でも根強い。新車として売られる小型/普通乗用車の約25%を占める。少子高齢化と言われながら、ミニバンの需要は下がらない。販売店に尋ねると、「子育てを終えたお客様が、ほかのカテゴリーに乗り替えず、ミニバンを購入することも多い。一度便利なミニバンに慣れると、なかなか離れられない」という。

 その主力車種がステップワゴンだ。先代モデルはヴォクシーやセレナと同様、ボディはミドルサイズで、全高は1800mmを上回る。低床設計で乗降性が優れ、室内高にも充分な余裕を持たせた。

 車内は広く、3列目のシートは床下に格納するから、左右跳ね上げ式と違って荷室に格納された3列目が張り出さない。スッキリと広い空間になり、自転車なども積みやすい。

先代5代目ステップワゴン。ライバルよりも丸みを帯びたスタイルは押し出しの強さを争っていたミニバン界に一石を投じる意欲作だった。エンジンは日本初搭載の1.5Lダウンサイジングターボだった

 わくわくゲートにも特徴があった。リアゲートには横開き式のサブドアが内蔵され、狭い場所でも開閉できる。サブドアは縦長だから、3列目シートの左側を床下に格納しておけば、ボディの後部から乗員が乗り降りできる。ハイブリッドのe:HEVも選択できる。

5代目ステップワゴンがミニバン界に新風を巻き起こすべく投入されたわくわくゲート。巨大なバックドアを持ち上げることなく、荷物の出し入れが可能なミラクルな装備だったが……

 このようにステップワゴンには優れた特徴があるのに、売れゆきは低迷した。2021年1~10月に、ヴォクシーは1カ月平均で約5740台、セレナは5270台を登録したが、先代ステップワゴンは3300台だ。

■ホンダの売れ筋モデルがダウンサイジング化した影響をもろに受けてしまったか?

 ホンダの場合、N-BOXが2021年1~10月の1カ月平均で約1万6000台を届け出しており、N-WGNなども含めると、国内で売られるホンダ車の50%以上が軽自動車になる。

 さらにコンパクトミニバンのフリードも1カ月平均で約5900台が登録され、今ではホンダのブランドイメージがダウンサイジングした。そのためにステップワゴンの売れゆきが影響を受けたり、需要を奪われたりしている面もある。

こちらが東京オートサロンでお披露目された新型の6代目「ステップワゴン」だ。発売は4月以降の予定だが、ひと足先に発売されたノア/ヴォクに対抗すべくお披露目された形だ

 そのステップワゴンがフルモデルチェンジを受けた。新型について昨年、販売店に尋ねたら、以下のように返答された。「次期ステップワゴンのティザーキャンペーンは、2021年12月から2022年1月に開始する可能性もあるが、納車を伴う発売は2022年の4月から7月頃になりそうだ。ただし、コロナ禍の影響で、依然として半導体などのパーツが不足しており、先送りされるかもしれない」。

次ページは : ■FFミニバンの先駆けだった初代。フラットフロアで圧倒的な室内の広さを実現!!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ