レクサスLMの日本投入は本当か? 改めて中国で販売中のレクサスLMを徹底分析

レクサスLMの日本投入は本当か? 改めて中国で販売中のレクサスLMを徹底分析

 2019年の上海モーターショーでお目見えし、2020年から中国市場で販売されているレクサス初のミニバン「LM」。アジア地域やインドを中心に、精力的な販売を続けているLMだが、2022年2月現在、日本国内への投入はされていない。

 そんななか、トヨタの地元である愛知県の経済紙「中部経済新聞」が、2022年2月1日に、驚きの記事を出した。見出しは「レクサスミニバンを国内導入、3年以内発売、田原に生産移管」となっており、LMの国内販売を連想させる。

 本当にLMが日本に入ってくるのだろうか。また、日本に投入された場合に、どのような影響があるのかを考えていく。

文/佐々木 亘
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】日本投入? レクサスLMの詳細を画像でチェック!(21枚)画像ギャラリー

■突然の報道! 振り回される現場

 トヨタ・レクサスの新型情報が、愛知の新聞社から発信されることが増えた。記憶に新しいのは、中日新聞が報じた「クラウンSUV」の一報だ。取り上げた新聞社は違うが、愛知発というところは共通する。

 この報道に関しては、自動車関連の各媒体はもちろん、レクサスの販売店も寝耳に水だったようだ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6e0db82d7aa0cf7fade7b00c6a3be2ca-600x478.jpg
2020年2月24日から中国市場で発売されたレクサスLM300h。価格は7人乗りが116万6000人民元(約1772万円)、4人乗りが146万6000人民元(2228万円)

 LMは上海での発表時から、日本導入可能性が非常に低い車種として位置づけられていた。中国で発売されてからは、日本国内のレクサス販売店へ問い合わせが増えたが、レクサスセールスコンサルタントは「アルファードがある限り、レクサスにミニバンは入らないでしょうね」と説明してきたという。

 今のところ、メーカーからの公式な発表はなく、販売店への通達もない。筆者が訪れた販売店のラウンジからも「まだ何もわからないんで、お答えができないんですよ」と困り顔で、オーナーに対応するスタッフの声が聞こえてきた。

■中国という市場だからLMが必要

 今や世界のなかでも随一といっていいほど高級車が売れる中国。トヨタ車の販売も好調であるが、特に上級ブランド化されたレクサスが販売台数を伸ばしている。

 加えて、アジア圏には箱型クルマの文化が根付く。欧州や北米市場ではあまり支持が薄い「ミニバン」や「キャブワゴン」が、スタンダードなクルマの形として認知されているのだ。好調な中国市場で、販路を拡大するには「高級×箱」の商品が必要となった。

 そこで登場したのが、LMだ。アルファード(ヴェルファイア)という日本で実績十分の箱を、中国へもっていった。せっかくならば好調に認知されているレクサスから出したほうが良いと、アルファードよりも高級・上質であることを強く訴求し、中国の富裕層を狙い撃ちした形だ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 03-600x336.jpg
レクサスLMは、アルファードに比べ全長が90mm近く延びている
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0297-600x356.jpeg
基本的なデザインはアルファードと変わらないレクサスLMのコクピット
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: index-overview-reserve-200115-28801-600x326.jpg
写真の仕様は6人乗りだが、中国市場においては「ロイヤルエディション」という4人乗りの豪華仕様が存在する

 他のアジア圏でも販売されているが、LMの実質的な立ち位置は中国専用車に近い。

 対して日本には、まだ「高級×箱」の文化が根付いていないし、需要も少ないだろう。アルファードが売れているが、価格帯としては500万円~700万円のレンジであり、高級価格帯までは至らない。少なくとも1,000万円超の価格でアルファードが出てきたら、売れるだろうか。今なら、答えは否だ。

次ページは : ■LMとアルファードはどう違う?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!