アルファードの天敵はまさかのノア…!? あのメーカー&クルマの「天敵」たち


どこの世界にもどの業界にも、勢いのあるヒットモデルや事柄がある。それだけに怖いものなしかと思いきや、さにあらず。そこには必ずといっていいほど「天敵」の存在がある。

自動車業界も同様である。一見死角がないような、他を圧倒しているメーカーやクルマにも、「なーんかあいつ、やっかいな存在だなー……」と思ってしまうような存在、“天敵”が潜んでいるものなのだ。

そんな「天敵」を探ってみようというこの企画。今回はもうひと捻り加えて、天敵が「身内(つまり同じメーカー内)」にいた! というケースをお届けしてみたい。

※本稿は2017年8月のものです。
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2017年8月26日号


トヨタ車の天敵はトヨタ車

身内に「やっかいな存在」=「天敵」が多いメーカーはなんといってもトヨタだ。それもディーラーの系列間による競合が激しい。

トヨタにはトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4系列あり、全系列、あるいは複数系列で扱う車種も多い。そういうクルマの場合、他社の競合車ではなく同じトヨタの別系列の店と競合することが多くなるのだ。

「ネッツ店とトヨペット店の間でプリウスの値引き額を競わせたり、トヨタ店とカローラ店でC-HRを競わせたり、そういうパターンは数多くあります。販売店にとっては“トヨタ車の天敵はトヨタ車”という状況です」と渡辺陽一郎氏。そういう厳しい競争があるからこそ圧倒的なシェアを確保できるのだろうが、営業マンは大変だぁ。

アル/ヴェルの天敵は新しいノア3兄弟

2017年7月、マイナーチェンジしたノア/ヴォクシー/エスクァイアは、アルファード/ヴェルファイアもびっくりのハデ顔に大変身。

サイズや価格帯の違いとともに、アルファード系は「ちょっとブイブイ言わせたい人たち」、ノア系は「安心、確実なミニバンが欲しい人たち」という棲み分けができていたが、その差がグンと近づいた。

ノア3兄弟でもヴォクシー、エスクァイアはもともとハデ顔だったが、今回のマイチェンでノアも4本の太いメッキが全体を覆う顔となってハデ度200%アップ。「ノアがこの顔なら無理してアル/ヴェル買わなくていいや」というお客さんが増えそうな気配が濃厚だ。なんたって、価格がぜんぜん違うから!

それにしても、世界のクルマのハデ顔競争はいつまで、そしてどこまで続くのでしょうか?

アルファード(写真上)に全然負けていないハデ顔に変身したノア。ヴォクシー、エスクァイアとも互角の華やかさをまとい、イケイケ系のアル/ヴェルに立ち向かうことに!

※この企画後の2017年12月にアル/ヴェルがマイナーチェンジを果たし、あろうことかさらにハデさイカツさが激しくなってしまった。ハデ顔競争はさらに続いていくようである。

次ページは : プリウスの天敵はC-HRで、C-HRの天敵はハリアー