ライズ カローラクロス ジムニーは月々のローン2万円に収まる? 年収300万円の人が買えるSUV5選

ライズ カローラクロス ジムニーは月々のローン2万円に収まる? 年収300万円の人が買えるSUV5選

 日本人の平均年収は1997年の467万3000円をピークに、2020年は433万1000円と、世界各国の平均収入が順調に向上しているのに対し、なかなか上がらない。

 また、国税庁の発表による2020年の給与所得者5244万6000人の給与の分布によると、300万円から400万円の割合が最も多く全体の17.4%、次に多いのが200万円から300万円以下で15.5%だったという。

 そこで今回は、年収300万円以下の人が、無理なく買えるクルマはどんなものがあるのか、調べてみた。

 収入に対し、クルマ、物価は上昇傾向だが、残価設定ローン(将来のクルマの価値=中古車価格を最初からアテにすることに対する是非はあるにせよ)をはじめ、支払い方法によっては、現在人気のSUVとクロスオーバーのなかにも無理のない月2万円までの支払いで購入できる車種もあり、ここでは月2万円までの支払いで乗れる楽しいSUVとクロスオーバーをピックアップしていきたい。

※本稿は2022年2月のものに適宜修正を加えています。
文/永田恵一
写真/ベストカーweb編集部、トヨタ、日産、ホンダ

【画像ギャラリー】月々2万円で乗れる!!! 手に入る!!! 人気SUV5台の魅力をギャラリーでチェック!(18枚)画像ギャラリー

■月々2万円のローンで収まるクルマをチョイス

 ここで挙げていくのはおおよそ車両価格200万円以下のSUVとクロスオーバーなのだが、残価設定ローンでもさすがに月の支払いを2万円に抑えるには頭金なしは無理なので、最大50万円の頭金を用意することとした。

 クルマの仕様は、メーカーオプションは非装着車に自動ブレーキのみを基本に、カーナビはスマホ接続でナビ代わりにも使えるディスプレイオーディオ(以下DA)を含め装着、ディーラーオプションはETCとフロアマットという最低限のものとした。

■トヨタ ライズ&ダイハツ ロッキー(170万7000円~)

トヨタ ライズ。ライズはコンパクトSUVでありながら後席は2人がゆったりと座れる上、ラゲッジスペースも大きい。1.2リッターNAのXグレードなら頭金50万円の60回残価設定ローンを組むと月1万8500円だ

 ダイハツ主導で開発されたこの2台は5ナンバーサイズのコンパクトSUVである。

 この2台は5ナンバーサイズという日本では実に扱いやすいボディサイズながら、2人がユッタリと座れるリアシートとアンダーボックスを含めボディサイズを考えれば広大なラゲッジスペースを持つ点が大きな魅力だ。

 エンジンは2021年11月の商品改良ですべて3気筒となる、FFがベーシックな1.2リッターNAと1.2リッター2モーターハイブリッド、4WDが1.2リッターターボとなった。

 それぞれ、1.2リッターNAは十分なパワーと乗り心地をはじめとしたバランスの良さ、1.2リッター2モーターハイブリッドはバッテリー容量が小さいため、エンジンの掛かる頻度が多くハイブリッドカーにしては騒音が気になるものの、低燃費とハイブリッドカーながら低価格な点、1リッターターボはドライバビリティと動力性能の良好なバランスといった特徴を備える。

 それでいて価格はライズでLEDヘッドライトやキーフリーシステム&プッシュボタンスタート、自動ブレーキと十分な装備が揃うXで1.2リッターNA/170万7000円、1.2リッターターボ4WD/198万4800円、1.2リッター2モーターハイブリッドのG/216万3000円と、コンパクトカーと比べられるくらいリーズナブルなこともあり、登場から2年が経っても依然好調な販売も納得だ。

 月2万円に収める購入プランは前述の1.2リッターNAの「X」に、メーカーオプションのDAなどを付け(現金払いでの総額197万1870円)、頭金50万円の60回残価設定ローンを組むと、5年後の査定が約39%となる59万7450円と良好なこともあり、月1万8500円で抑えられる。

 なお、残価設定ローンだと頭金40万円/2万500円、頭金30万円/2万2500円と、頭金を減らしても月の支払いは意外に変わらない。

次ページは : ■トヨタ カローラクロス(199万9000円~)