ライバルと比べてマツダ2の存在感が売れていても薄いのはナゼか!!?

ライバルと比べてマツダ2の存在感が売れていても薄いのはナゼか!!?

 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している「乗用車ブランド通称名別順位」の2021年累計台数で、マツダ2は2万4652台で25位に入った。

ライバルでは、ヤリス:9万8780台、ノート:9万177台、フィット:5万8780台と、販売力の差もあり水をあけられたが、マツダの人気SUVであるCX-5が2万2431台で28位と考えると、かなり健闘した数字だと考えられる。

 しかし、マツダで話題に上るのは、SUVばかり……。最近では2022年に登場するラージ商品群まで登場して、マツダ2がお茶の間の話題に挙がることがほとんどない状態……。結構頑張っているのに、なぜマツダ2は存在感が薄いのか? その理由と、マツダに必要な方向性について分析していきたい。

文/渡辺陽一郎
写真/マツダ

【画像ギャラリー】5ナンバーサイズに収まるコンパクトカー「マツダ2」を画像でチェック(32枚)画像ギャラリー

■好みが分かれやすい!? MX-30開発から見えたマツダ2の抱える課題

 MX-30の開発者と話をしている時、マツダ2に関する次のような経緯を聞いた。

 「マツダ2(発売当時はデミオ)はコンパクトカーだから、発売直後に、クルマ好きではない一般の女性を対象にアンケート調査を行った。そこで意外な結果が明かされた。マツダ2はスポーツカーのように思えて私には運転できない、男の人向けのクルマ、という意見が多かった。そこで従来のマツダ車に興味を持たなかったお客様を振り向かせるため、MX-30の開発プランが持ち上がった。それまでの魂動デザインとは違う、新たな路線を追求した」

 このコメントは、今のマツダ車と、マツダ2の置かれた状況を明確に物語っている。マツダ2は、全長が4m少々の5ナンバーサイズに収まるコンパクトカーだから、女性にとって日常的な買い物にも使いやすいハズだ。そこで女性にリサーチしたところ「スポーツカーのように思えて私には運転できない」という返答が目立った。

 この背景にあるのは、マツダ2の外観だ。ボンネットを長く見せて、サイドウィンドウの下端を後ろに向けて大きく持ち上げた。リヤゲートは寝かせている。

 今はボディ形状が似たヤリスも登場しており、マツダ2が特殊な印象は薄れたが、2014年に現行型が登場した時は、先代型と同じく個性が強く思えた。

2014.12.18 MAZDA デミオ Color コンセプト2015(東京オートサロン2015出展車両)
2014.12.18 MAZDA デミオ Color コンセプト2015(東京オートサロン2015出展車両)

 そしてマツダ2の魂動デザインは、2012年に登場したマツダ6(当時はアテンザ)、2013年のアクセラ(現行マツダ3の先代型)と同じ考え方に基づく。ユーザーの受け取り方も、スポーティなマツダ6やマツダ3のコンパクト版となった。

 従ってマツダ3やマツダ6が好きなユーザーは、マツダ2も好意的に受け取る。見栄えがカッコよく、遠方から見てもマツダ車だとわかるためだ。内装も上質で、マツダ3と比べても見劣りせず、価格は同程度の装備を採用したマツダ3に比べて40~50万円安い。メルセデスベンツのコンパクトなAクラスやCクラスと同様、「小さくて安いのに見栄えは一緒」という買い得感がある。

 しかし、マツダ車ではなくコンパクトカーが欲しいユーザーには、前述のとおり「マツダらしさ」が裏目に出た。「スポーツカーのように思えて私には運転できない、男の人向けのクルマ」と受け取られた。

次ページは : ■販売規模から考えれば、ライバルに対して健闘しているマツダ2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ