初代バレーノの衝撃と悲劇 インドからの刺客はコスパ最強!! でもシレッと消えた?


 スズキ バレーノはおそらく日本の自動車史上初のインド産のモデルであった。スイフトの兄貴分として国内販売をスタートしたが、これがまた日本においては不発に終わった一台である。だが、わずか141万円~という低価格であったうえ、今でも十分通じるほどの先進機能を標準装備していたとあって、コスパ最強モデルであったのだ。

筆者:ベストカー編集部/写真:スズキ


【画像ギャラリー】インドは昔のジムニーを新車で買える!? 衝撃の姿がコレ(6枚)画像ギャラリー

■スズキ版レクサスがインドに存在する!? バレーノは高級車だった

初代バレーノはベースグレードのみフルホイールキャップを採用していた。写真は141万円で販売されていたベースグレードのXG

 2016年に衝撃の日本デビューを果たしたスズキ 初代バレーノ。何が衝撃的か? といえば生産がインドで行われており、それを日本に輸入される形で導入されたことである。長い日本の自動車史を振り返ってもインド産のモデルはほとんど存在しないのだった。

 ちなみにインドにおいてスズキ(マルチスズキ)はネクサなる高級車ブランドを2015年より展開している。イメージとしてはトヨタに対するレクサスという位置づけで、バレーノはその第一弾モデルとしてデビューし、それが日本にも2016年に導入されたワケだ。

マルチスズキがインドで販売しているジプシーはかつてのジムニーを彷彿させる仕上がり。これが新車で買えるとは羨ましい限り。ちなみに写真は日本でRV4ワイルドグースが販売していたもの

 インドのスズキはイグニスやスイフト、ワゴンR。そしてかつてのジムニーを彷彿とさせるジプシーなるモデルを販売しており、かなり魅力的なラインアップで勝負しているのだ。

■141万円~という衝撃価格! 装備内容は文句なし

最上級グレードのXTには本革巻きステアリングを標準装備としていた。のちにXSなる中間グレードも用意され、販売終了時には3グレード展開となってた

 インド産というだけでなく、装備内容。そして141万円~という価格も衝撃的であった。衝突被害軽減ブレーキや先行車を任意の車間距離と速度で追従してくれるアダプティブクルーズコントロールを全車標準に。どれも今となっては当たり前の機能たちだが、これが2016年に、しかも低価格で提供していたことに当時は感動すら覚えたのだった。

 初代バレーノは全長3995×全幅1745×全高1470mmと3ナンバーサイズで登場。イメージとしては5ナンバーサイズのスイフトよりも少し大きい兄貴分的な立ち位置である。デビュー当時は1.2LエンジンにCVTを組み合わせたXG(141万8000円)と1Lターボに6速ATを搭載したXT(161万7840円)がラインアップされていた。装備とボディサイズを考えればバーゲンプライスともいえる内容であったのだ。

■バレーノ最大のキモはボディサイズと後席の広さだった

 当時スズキディーラーで新車販売員として働いた筆者は、入社して最初に販売したのもこのバレーノであった。価格や装備を考えれば魅力的ではあるものの、最大のキモはスイフトなどの既存モデルとどのように差別化をしてユーザーに進めていくのか? がカギとなった。

初代バレーノのリアシートは身長175cmの筆者でもゆったりと座れるスペースを確保している

 スイフトとの最大の違いはボディサイズであり、とくに後席の広さにあった。そのためファミリー層などリアシートの使用頻度が高い方に積極的にオススメをしていく。そして価格の安さを訴求していくカタチとなった。

 店舗に訪れるユーザーはバレーノに触れて、後席とラゲッジルームの広さなど使い勝手の良さ、そして低価格であることに対し非常に好意的に受け入れている印象であった。

次ページは : ■安くて装備も超十分なのに何故売れない!? 理由は2つあった