今年もタッグ結成!! 声優レーシングチームVART&ベストカーWebが富士エコカーカップ2022参戦!!【前編】

今年もタッグ結成!! 声優レーシングチームVART&ベストカーWebが富士エコカーカップ2022参戦!!【前編】

 2022年も富士スピードウェイで開催されたエコカーカップに、声優レーシングチームVART(ヴォイスアクターズレーシングチーム)とベストカーWebがタッグを組んで出場した!

 しかも今回はマシンがトヨタヤリスとVART所有のトヨタ86&スープラの3台へとパワーアップ。VARTのマシンのドライバーには、人気声優が名前を連ねている。

 前編と後編2回に分けてお届けする。

文/武井寛史、写真/中島仁菜

【画像ギャラリー】VART&ベストカーWebが富士エコカーカップ2022参戦【前編】 疾走するヤリスHVチーム!!(10枚)画像ギャラリー

■レース前日に大雪!! スタッフの尽力で何とか開催!!

前日の大雪で開催が危ぶまれたが、スタッフの尽力でなんとか開催。コース脇には雪が残るという季節感あふれるコンディションだった
前日の大雪で開催が危ぶまれたが、スタッフの尽力でなんとか開催。コース脇には雪が残るという季節感あふれるコンディションだった

 2月12日(土)、今年も富士スピードウェイ恒例のエコカーカップが開催された。ところが前日、大雪に見舞われ、開催が危ぶまれたが、スタッフの賢明な雪かき(?)の甲斐もあり何とか開催にこぎ着けた。

 まぁ2月中旬だから雪が降るのは想定内。個人的には絶対に中止だと思って自宅でのんびりしていたのだが、予定していた出発時刻の1時間前に開催の決定が出され、慌てて準備し決戦の地・富士スピードウェイに向かった。

 エコカーカップというのは、HV車を始め低燃費車を中心に速さじゃなく消費燃費を競うレース。参加資格は、自動車運転免許証を持っていれば誰でもOK。サーキットを走るためには、それなりのクルマと装備、準備が必要だけど、ヘルメットとグローブさえ用意すれば普段着でも走れる。

 昨年、ベストカーウェブとコラボするかたちで声優レーシングチームのVART(ヴォイスアクターズレーシングチーム)も参加。燃費レースの難しさと楽しさを知り、今回も参加することになった。

■今年はなんと盤石の3台エントリー

トヨタさんのご厚意でお借りしたエコカーのヤリスハイブリットが参戦。今回はヤリスチームの奮闘をお届け
トヨタさんのご厚意でお借りしたエコカーのヤリスハイブリットが参戦。今回はヤリスチームの奮闘をお届け

 エントリーしたマシンは、エコカーとは真逆のサーキット走行用にチューニングされたVART86とBlack VARTスープラの2台に加えトヨタさんのご厚意でお借りしたエコカーのヤリスハイブリット(以下HV)の3台。

 気になるVARTのレポートは第二弾でお送りすることにして、ここではヤリスチームのレポートをお届けすることにする。ちなみにレースリポートを担当するのはVARTのドライビングインストラクターを務める私、プリウス武井(武井寛史)。レース歴は無駄に長くエコとは無縁。

 まぁ唯一環境に貢献していることといえば愛車がプリウスだということくらい。ベストカー本誌でもプリウス武井としてスーパーカー劇場を担当しているので、これを機に私の連載企画もお読み頂ければ幸いだ←宣伝。

 ヤリスHVチームのドライバーラインナップは、声優事務所・賢プロダクションの内海社長とマネージャーの野里さん、さらに青二プロダクションの桑原マネージャーさんという布陣。

 VARTを陰ながら支えてくれるスタッフの方々にもモータースポーツを体験してもらいたいと考えていて、昨年から準備しようやく実現できた。

 この3名、当然ながら富士スピードウェイはもちろんサーキット走行自体が初めて。エコカーカップは、サーキット初体験でも参加できるのは魅力。燃費レースとはいえどもレースの緊張感は十分味わえる。さて初参戦チームの結果はいかに…。

次ページは : ■燃費レースの絶妙なルールで楽しさ&難しさ倍増

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!