新庄ビッグボスをも魅了した軽スポーツカー、小さなコペンのビッグで唯我独尊な魅力に迫る!!

新庄ビッグボスをも魅了した軽スポーツカー、小さなコペンのビッグで唯我独尊な魅力に迫る!!

 2022年1月28日、日本ハムファイターズの新庄剛志監督公式インスタグラムにダイハツの軽オープンカー「コペン」の写真が投稿された。この日は新庄剛志氏の50歳の誕生日で、自らコペンを買いに行った趣旨が記されている。

 ランボルギーニカウンタックやハーレーでド派手にパフォーマンスする新庄ビッグボスがなぜにコペンを? そのへんを考察しつつ、世界唯一今でも新車で購入できるオープンスポーツ軽のコペンについても独断と偏見で語る!!

文/清水草一、写真/新庄剛志公式インスタグラム、ダイハツ

【画像ギャラリー】あの貴重なコペンCoupeの写真も!! コペンてんこ盛り大全集!!(42枚)画像ギャラリー

■あの新庄ビッグボスがこともあろうにコペンを買っただと!!

 日本ハムの新庄ビッグボスが、50歳の誕生日である今年1月28日、コペンを購入したことを自身の公式インスタグラムで発表した。

日本ハムファイターズ新庄剛志監督公式インスタグラム(@shinjo.freedom)より。2022年1月28日の50歳の誕生日にインスタグラムに投稿されたコペンの写真

 「な、なぜコペン!?」

 誰もがそう思うだろう。白いカウンタックでド派手に登場したビッグボスが、あんなちっちゃいスポーツカーをなぜ買ったのかと。

 カーマニア的にも「なぜ?」という思いはある。あれだけのカーマニアであるビッグボスが、なぜマニア性の低い軽オープンスポーツを買ったのか。

 カーマニアであればあるほど、コペンに対する評価は高くない。何しろコペンはFFだ。既存の軽パワートレーンを流用して作った、ある意味「カッコだけ」のオープンスポーツである。

■コペンはファッションオープンスポーツ軽?? という扱い

 実際に乗ると、FFだからダメということはもちろんない。世の中には多くのFFスポーツがあり、カーマニアも、今さらその楽しさを否定したりはしない。

 が、マニアは現実よりも、スペックという「幻想」にこだわる。AZ-1やビートやS660のようなミドシップ、あるいはカプチーノのようなFRは構造的に特別で、コペンは特別じゃないのである。

 速さはどうか。最高出力64psの軽自動車ゆえ、加速を求めるなら軽くするしかない。FFでも、アルトワークスのような軽量な軽スポーツは本気の速さを持っているので、それはそれで特別だが、コペンは決して軽くない(850kg~870kg)。よってコペンには、ぜんぜん本気の速さもない。

 極論すればコペンは、カケラもスポーツカーではなく、「電動オープン機構を持つ、2シーターの軽自動車」に過ぎないのだ。ミツオカのオロチがファッションスーパーカーであったように、コペンはファッションオープンスポーツ軽という扱いだ。

 もちろん、ごく一部のクルマ好きのために、こういうクルマをわざわざ手をかけて作ってくれているダイハツには、カーマニアとして感謝している。構造は意外と(?)凝っている。プラットフォームは、ミライースをベースにした専用設計。

 その骨格は「Dフレーム」と呼ばれ、それだけでボディ剛性を出しているので、ボディ外板を樹脂化することができた。これによって、4つのボディバリエーションを作ることが可能になったのだ。

■ビッグボスはコペンのどこが気に入った?

 が、自分がコペンに乗るかと言われたらNOだ。カーマニアは乗るクルマで自己表現するしかないので、クルマ選びがすべて。いかに気楽で楽しくても、コペンではカッコがつかない。コペンに乗る人は、それほどクルマに詳しくない人が多いんじゃないか……と思っていたりもする。

 実際のところ、コペンは気楽なオープンスポーツだ。S660のように気張って乗る必要はないし、アルトワークスのように速さを見せつける必要もない。ただお気楽に流すのが似合う。

ダイハツコペンは気楽に使えるファッションオープンスポーツ軽だ。「電動オープン機構を持つ2シーターの軽自動車」なので天候を気にせず普段使いできる。S660ではこうはいかない

 そこで、我々カーマニアもハタと気づく。「ビッグボスはそこが気に入ったんじゃないか!」と。

 今年発売されたビッグボスの日めくりカレンダーのタイトルは『まいにち、楽しんじょう!』だ。それはまさにコペンのことではないか!? クルマに乗るのに、いちいち面倒くさい能書きはいらない。楽しけりゃいいじゃないか! と。

 ビッグボスには、カーマニア的なこだわりはおそらくカケラもない。カウンタックが日本一似合う男ゆえに、あえて脱力系のコペンに乗ると、これがまた超ハズシ技で似合ってしまう(だろう)。「何にもこだわる必要はないんだよ、人生楽しくやろうぜ!」という哲学が伝わってくるじゃないか!

次ページは : ■単に楽しく生きてきただけ……それもまたコペン