S660生産終了でコペンに俄然注目 軽唯一のオープンカー、コペンの今


 2021年3月12日、軽2シーターオープンモデルのホンダS660が、2022年3月をもって生産終了となることがアナウンスされた。さらに3月中には受注終了となり、もう新車を手に入れることはできなくなっている。

 また、スポーツカーの灯が一つ消えてしまうことは非常に寂しいことだ。しかし軽自動車のオープンカーはS660だけではない、ダイハツコペンがある。

 エンジンを運転席後方にレイアウトしたアスリート系オープンカーのS660に対して、コペンは軽自動車ながら電動開閉式のメタルトップを採用したラグジュアリー系のオープンカーとキャラクターは異なる。S660の生産終了により、俄然注目が集まるコペンについて一体どのようなモデルなのかをいま一度復習してみたい。

文/萩原文博
写真/ベストカー編集部 ダイハツ

【画像ギャラリー】着せ替えOK! 遊び心満載!! 今や貴重な軽スポーツとなったダイハツコペンの写真 全34枚を見る


2014年6月に登場した現行コペン

2021年4月7日に一部改良が行われた。今回の一部改良では、新法規に対応し、より広い後方視界確保のためサイドミラーを拡大。さらにオートライトを新設定するとともに全グレードに標準装備し、安全性を向上させた
新骨格構造「D-Frame」の導入により、骨格だけでスポーツカーにふさわしい剛性を確保した。ルーフのないオープンカーならではの弱点であるねじり剛性は、フロント、サイド、リア、フロアの車両全体を切れ目なくつなぐ構造でカバーしている(赤が補強部位)

 2代目となる現行型ダイハツコペンは、2014年6月のフルモデルチェンジにより登場した。コペンは軽自動車の新しい価値を提供するために、開発・生産と営業の両面から新たな取り組みを行ったのが特長だ。

 営業面では、ユーザーが自分らしさを表現するためのサポートを展開。「LOVE LOCAL by COPEN」をキーワードにコペン認定ショップの「コペンサイト」を全国の販売店に設置。

 そして神奈川県の鎌倉にメーカー直営拠点の「ローカルベース」を開設し、コペンのオープンカーライフを楽しむための情報発信拠点となっている。ここでは、ユーザーと直接コミュニケーションをはかれる場として活用され、様々な要望を商品開発へフィートバックされている。

 開発・生産面での特長はコペンのコンセプトである「感動の走行性能」「自分らしさを雹園できるクルマ」の実現を目指して、新骨格構造「D-Frame」を採用。

 これはフレーム構造やモノコック構造といった従来の構造にこだわらず、骨格+樹脂外板という新しい価値と形を実現するために、骨格のみでスポーツカーに求められる高い剛性を確保。

 フロント~サイド~リア~フロアの車両全体を切れ目なくつなぐ構造を採用し、さらにフロア下のトンネル部やクロスメンバーなどの補強を行うことで、ボディ上下曲げ剛性3倍、ボディねじり剛性を1.5倍に向上させている。さらにサスペションやパワートレーンに専用のチューニングを施すことで、感動の操縦安定性と乗り心地を実現した。

購入後でも着せ替え可能な構造が凄い!

内外装脱着構造のドレスインフォメーションにより、コペンセロからローブへ、ローブからセロへのデザイン変更が可能
ドレスインフォメーションのボディパーツはメーカー希望小売価格で21万100円~38万1700円。別に工賃等の諸費用が必要となる

コペンドレスインフォメーション掲載のホームページはこちら!

 自分らしさを表現できるクルマを追求し、内外装脱着構造「DRESS FORMATION(ドレスインフォメーション)」を採用。これはボディの外板を13個の樹脂パーツの集合体と捉えて、クルマは購入後のデザイン変更が難しいというこれまでの固定観念を覆し、購入後でもユーザーの嗜好に合わせたデザインそしてカラーの変更が可能という究極のドレスアップといえる。

 また、外観だけでなく、内装も運転席/助手席加飾パネルやオーディオクラスターを変更可能となっている。この「DRESS-FORMATION」は2014年6月に登場したローブと2015年6月に登場したセロで行うことが可能だ。

 例えばローブからセロへ行うドレスインフォメーションのフルセットは、ヘッドランプ、フロントバンパー、ボンネットフード、左右フロントフェンダーのフロントパーツ4点と、リアコンビランプ、リアバンパー、トランクフード、左右リアフェンダーのリアパーツ4点セット合計で38万1700円。セロからローブに行うドレスインフォメーションの場合も価格は同じだ。

 なお、フロント4点セットのみ、リア4点セットのみの交換も可能でいずれも21万100円(すべて工賃は別)。交換可能な樹脂部品はボルト締め付け構造を採用しており、工具で簡単に脱着することができる。

コペンのボディカラーはモデルによって全8~9色を用意
ルーフのカーボン調塗装「Dラッピング」にはブラック、ワインレッド、シルバーの全3色をラインナップ

 そしてボディカラーは全9色。また、ダイハツ独自のラッピング技術として開発された「Dラッピング」を施したカーボン調のルーフは5万5000円となっている。

 現行型コペンに搭載されているエンジンは最高出力64ps、最大トルク92Nmを発生する660cc直列3気筒DOHCターボの1種類。組み合わせるトランスミッションは5速MTとマニュアル車感覚でシフト操作が行える7速スーパーアクティブシフト付CVTの2種類。

 駆動方式はFFのみで、燃費性能はWLTCモードで18.6~19.2km/Lとなっている。そしてコペンの象徴である電動開閉式のルーフはボタン操作一つで、約20秒で開閉可能。ルーフを開けた状態でもラゲージスペースは確保されている。

次ページは : 現行コペンのグレード構成は?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ