これ本当に便利なのか!? 躍進するディスプレイオーディオの〇と×


 アルファードにハリアーとほぼすべてのトヨタ車に標準装備化しているディスプレイーディオ。そして国内外問わずさまざまなメーカーでも同様の取り組みが進められているが、これは本当に使い勝手がいいのだろうか!? じつはCDやDVDといった物理ディスクに対応しないなどといったネガポイントも。そこで今回はディスプレイオーディオの良し悪しを考えてみたい。

筆者:会田 肇/写真:ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】標準装備化が進むディスプレイオーディオの〇と×! 本当にこれは便利なのか!?(6枚)画像ギャラリー

キモはスマホ! 普段と同じインターフェイスが自慢

 最近、新型車にも相次いで採用され始めているのが「ディスプレイオーディオ」だ。これはその名の通り、ディスプレイを備えたカーオーディオのことで、本体にはTVチューナーもなければ、カーナビ機能もなく、CD/DVDプレーヤーも搭載されていない。備わっているのはFM/AMチューナーとそれを再生するためのアンプぐらいだ。

 そんなディスプレイオーディオをどうやって楽しめばいいのか。ポイントとなるのがスマートフォン(以下スマホ)との接続だ。iPhoneならApple CarPlayで、Android端末ならAndroid Autoによって、スマホ内のコンテンツがディスプレイオーディオで楽しめるようになる。それは音楽だけでなく、カーナビ機能も利用できるようになり、これによってディスプレイオーディオは従来のカーAV一体型ナビと同等の機能が楽しめるようになるわけだ。

対応品であればiPhoneならAppleCarplay、アンドロイド端末ならばAndroidAutoが使用可能となる。普段使慣れたスマホと同じインターフェイスが車載画面に映し出されるのだ

 このスマホとの組み合わせではその便利さをより実感できる。すべてではないが、対応アプリをディスプレイオーディオの大きな画面に表示でき、その上で操作もここで行えるからだ。そのため、スマホのミュージックアプリを快適に使いこなせるようになる。ディスプレイオーディオではBluetooth接続でも再生は可能だが、アプリの主要操作がほぼすべて展開できる意味でもApple CarPlayやAndroid Autoでの組み合わせがより使いやすい。

低予算でナビを使えるのが醍醐味! ナビアプリを大画面で使えるのだ

スマホホルダーに設置して地図アプリを使用しているユーザーが多いが、ディスプレイオーディオは車載画面にナビアプリを表示できるためその必要もないのだ

 また、スマホのナビアプリも便利に使える。昨今は「ナビはスマホアプリで充分」と考えるドライバーが増えているが、スマホでこれを使えば画面が小さいことで地図が見にくかったり、操作もしにくいといった弱点もある。しかし、ディスプレイオーディオでこれを使えば大きな画面で使い勝手もずっと高まり、この弱点が緩和されることにもなる。

 しかも、ディスプレイオーディオは従来の車載ナビに比べればはるかに低予算で装備できるわけで、その意味でもユーザーにとってメリットは大きいと言えるだろう。

【弱点1】ビル街やトンネル内では車載ナビに軍配! 車速パルス対応を切望

 とはいえ、ユーザーの中には車載ナビの方が使いやすいというドライバーもいる。スマホで使うナビアプリは測位をGPSで行うことを基本としており、その意味で車載ナビに比べると自車位置精度で大きく劣るからだ。特に都会のビル街を走行したり、地下駐車場から出たりすると自車位置が不安定となってしまうことが多々ある。せめて車速パルスが反映されればいいのだが、まだその域には達していないのが現状だ。

次ページは : 【弱点2】ほとんどのモデルでCD再生が不可能! 別途オプション選択が必要な場合も