中国EVの全世界を見据えた大攻勢がはじまった トヨタ ホンダ 日産… 国内メーカーはどう受けて立つ??【第1回/全4回】

中国EVの全世界を見据えた大攻勢がはじまった トヨタ ホンダ 日産… 国内メーカーはどう受けて立つ??【第1回/全4回】

「現在の世界経済の主役」、それが中国という国だ。世界の誰もが認めるその事実はコロナ禍で揺らいだが、現在は回復を遂げつつある。その一端を担うものに「EV戦略」もある。

 中国のクルマ=EVというイメージはあるが、核心部分とは何か? 2030年に向けようやく動き出した日本のEV戦略は、中国の「本気」に対応できるのか。

 中国のEV戦略について、全4回でお届けする『ベストカー』本誌による短期集中連載、その第1回。

※本稿は2022年2月のものです
文/近藤 大介、写真/Adobe Stock、ベストカー編集部 ほか、撮影/三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY ほか
初出:『ベストカー』2022年3月26日号

【画像ギャラリー】時に2003年。「EVで勝負する」と賭けにでた中国・BYD。その背景をギャラリーでチェック!(5枚)画像ギャラリー

■「野球部員たちにサッカーの練習をさせて、優勝を目指す」

 まだ2月に閉幕した北京オリンピックの興奮冷めやらぬ方も多いだろう。

 2022年の中国は、オリンピックイヤー、共産党大会イヤー、そしてEV大国イヤーである。そこで今号から4回にわたって、知られざる中国の「EV戦略」についてお伝えしたい。

 初回は、「土俵を変える」という中国人の発想について、中国2位のEVメーカー「BYD」(比亜迪)を例に取って述べる。

 まずはクイズをひとつ。

 あなたが、C町のB高校の野球部監督だったとする。隣のJ町のT高校は超強豪校で、いつも楽々とB高校を破って甲子園に進む。そんな時、T高校に勝つため、あなたならどうするか?

 必死に練習する。そのとおりだ。だがT高校も必死に練習するので、いつまで経ってもその差は縮まらない。

 J町からコーチを招く。やってみたが、一流コーチはJ町から出ない。T高校の有力選手を引き抜く。それもやったが、野球はひとりが強くても勝てない。

 B高校監督はC町と相談し、最後の手段に出た。野球部員たちに、サッカーの練習をさせたのだ。そしてT高校野球部と、サッカーの試合をさせて、優勝を目指すことにした─。

 そんなバカな? しかし現在、日中間の自動車業界で起こっているのは、そういうことだ。C町=中国、B高校=BYD、J町=日本、T高校=トヨタ、野球=ガソリン車、サッカー=EVと置き替えられる。これが中国お得意の「土俵を変える」戦術だ。

 中国はほかにも、多分野でこの戦術を使っている。

 いつまで経ってもカメラ技術で日本に勝てないので、カメラ製造を断念してスマホを作り始めた。人民元が米ドルの牙城を崩せないので、デジタル人民元を開発中だ。

ガソリン車では勝てないからEVへ──。しかし、だからといって中国が最初からEVが得意だったわけではない。現在に至るまでにどのような道筋を辿ったのか──?(Kenny WANG@Adobe Stock ※画像はイメージです)

■昨年12月から中国製電気バス4台が京都市内を走る

 こうした「チャイナ・マジック」が可能なのは、14億1300万人(昨年末時点)の巨大市場があるからにほかならない。

 中国の昨年の新車販売台数は2627万5000台で、日本は444万8340台。中国市場は日本の5.9倍で、しかも中国が前年比3.8%増であるのに対し、日本は3.3%減。つまり差は開く一方なのだ。

「全世界の自動車市場をEVに変えて、世界に攻勢をかける」──これが中国の狙いだ。

 昨年末の12月22日、京都市内を走る京阪バスが、BYDの電気バス「J6」4台の運行を始めた。

 複数台で運行する一路線の全車両を電動化するのは、日本で初めてだ。しかもそれが中国車だったため、江戸時代末期の米ペリー提督の「黒船襲来」になぞらえて、「紅船襲来」と、マスコミは書き立てた。

 その時、京阪バスの鈴木一也社長は、こうコメントした。

「価格を考えると、選択肢はBYDしかなかった」

 日本の国産メーカーの電気バスは約7000万円。それに対し、BYDの「J6」は約1950万円。まるで7割引きで買うような感覚だ。しかも自動車業界関係者の話によると、すでに質的にも、国産品を超えているという。

BYDのJ6。サイズや定員はポンチョZEVとまったく同じだが顔つきが無機質。日本でも販売中だ(出典:本ウェブ記事「BYD製「ポンチョ」登場!? LGにファーウェイもEV参入!? クルマの近未来情報3選」より)

 BYDは今後10年以内に、4000台の電気バスを日本で販売する計画だ。

次ページは : ■携帯電話の大量普及を先読みした、BYD・王伝福CEOの千里眼

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ