中国EVの全世界を見据えた大攻勢がはじまった トヨタ ホンダ 日産… 国内メーカーはどう受けて立つ??【第3回/全4回】

中国EVの全世界を見据えた大攻勢がはじまった トヨタ ホンダ 日産… 国内メーカーはどう受けて立つ??【第3回/全4回】

 中国のEV戦略を取り上げた全4回の短期集中連載。連載1回目では“脱炭素の波”に乗った「BYD」の躍進。2回目では“NEV(新エネルギー車)”を次世代産業の核として進める国の動きを追った。

 3回目の今回は「ファーウェイ」に焦点をあてる。世界最大の通信システム会社が自動車業界へも触手を伸ばす。それはつまり、日本のEVにも少なからず影響を与える、ということになる!?

※本稿は2022年3月のものです
文/近藤 大介、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年4月26日号

【画像ギャラリー】スマホで培った技術をEVに持ち込み浸透するファーウェイ その「目指す場所」をギャラリーでチェック!(5枚)画像ギャラリー

■「航続距離を一気に伸ばせる」特許を取得したファーウェイ

「特許番号CN114083977A」──2月25日、ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)の子会社として、昨年6月7日に発足した「ファーウェイ・デジタルパワー・テクノロジーズ(華為能源技術)」が、有力な特許を取得した。

 そのニュースは、中国の自動車業界関係者の間で、ひとしきり話題になった。

 それは、EV(電気自動車)の駆動システムに関する特許。この駆動システムを使えば、車内の電動効率が格段に改善され、航続距離を一気に伸ばせるという。

 話は3年前に遡る。2019年5月下旬、私は中国広東省市区にある、通称「坂田(バンティエン)」と呼ばれる地域を訪れた。

 隣接する香港の2倍以上にあたる人口1750万人を擁する巨大都市・深圳。そこで「坂田」と言えば、世界最大の通信システム会社のファーウェイ本部を指す。広大な本社の敷地と、それを囲うようにタワマン社宅群が広がり、視界の及ぶかぎりファーウェイだ。

巨大なファーウェイ本社/写真右はガラス張りの巨大なファーウェイ本社ビル(写真手前はヤシの木)。左はその本社を囲うように並ぶ社宅群。この規模はハンパない! 

 ファーウェイは、1987年に元人民解放軍の技師、任正非CEO(現在77歳)が創業した。今では世界170カ国に19万人以上の従業員を抱え、世界の5G(第5世代移動通信システム)覇権を握ろうとしている。

 それに危機感を強めた米ドナルド・トランプ政権が、なりふり構わぬファーウェイ叩きに走ったことは、まだ記憶に新しい。

 そんな「坂田」地域で行われていたのは、スマートシティの実験だった。街を俯瞰した大型映像パネルの前で、ファーウェイの担当者はこう言った。

「我々は龍崗区(人口400万人)から委託を受けて、ここ5年近くスマートシティの実験を繰り返しています。2023年頃に5GがloT(モノのインターネット)とつながると、スマートシティは一気に加速していきます。そしてその中核をなすのは、家とクルマなのです」

 スマートシティとは、早い話が「すべてがインターネットでつながった都市」という意味だ。

 まず自宅のあらゆる家電製品が、インターネットで一体化される。同じように、移動手段としてのクルマも、一体化されていく、というわけだ。

「これまでの概念では、クルマはモーター製品です。ところがスマートシティの概念では、クルマは、『家の外へ出た、インターネットでつながった家電製品』なのです。

そのため、ガソリン車をEVに置き替えていくことが第一段階になります。第二段階は、それが自動運転車に代わっていくことです」(同前)

■EVというのは、言ってみれば『走るスマホ』です

 トヨタが「スマートシティ構想」を発表したのは、翌2020年1月7日のことだ。静岡県裾野市で実際に造成工事を始めたのは、昨年3月。その時点で、ファーウェイより5年以上も遅れている。

 自動車メーカーがスマートシティの運営を目論むのなら、通信システム会社が自動車の走行を運営したほうがスムーズにいくのではないか?

 そう思った私は、前出のファーウェイの担当者に、「自動車分野に進出する予定はないのですか?」と聞いてみた。すると意味深な笑みをたたえながら、こう答えた。

「いまのところ、その予定はありません。なぜなら我が社の創業者・任正非CEOは、『金融・不動産・自動車産業には進出しない』という経営哲学を、以前から持っているからです。

しかし、個人的な見解を言わせてもらえば、金融と不動産業に行くことは、今後ともないと思いますが、クルマに関しては不透明です。なぜならEVというのは、言ってみれば『走るスマホ』だからです。

我が社はすでに、中国を代表するスマホメーカーなのですから、EVはその延長として考えればよいわけです」

 この担当者の予見は、昨年4月になって現実のものとなった。

 4月19日に開幕した上海モーターショーで、ファーウェイは自動車業界への進出を宣言。これが昨年の上海モーターショーで最大の話題のひとつとなった。

 具体的には、ショーの開幕前日の18日、ファーウェイは上海で、クルマ関連の製品発表会を開催した。そこで王軍(おう・ぐん)スマート車解決方案BU総裁が、こう述べたのだ。

「ファーウェイは今後、毎年10億ドルを投入し、5000人の自動運転研究者を養成していく」

 この発表会を、私は東京からオンライン中継で見た。中国国内では、「世界の5Gの覇者が、ついにEVに参入」というニュースでもちきりとなり、そのニュースは世界に拡散していった。

こちらはトヨタが進めるスマートシティ「ウーブン・シティ」。東京ドーム15個分の土地に2000人が暮らし、技術やサービスの開発・実証を行う。壮大な計画はすでに始まっている

次ページは : ■「アップルやグーグルも自動車業界への参入を表明しています」

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ