コロナ禍で一部グレード受注停止も、ヴェゼルが好調を持続する作り込みの秘密


 2021年4月に発売開始されたホンダのコンパクトSUV ヴェゼル。2021年の1カ月平均登録台数は4389台と、ライバルSUVと比較しても十分に渡り合う好調な売れゆきが続く。ヴェゼルの堅調な売り上げの背景にあるものはなにか? 自動車評論家 渡辺陽一郎氏が、ホンダのクルマ作りの本質に迫る。

文/渡辺陽一郎、写真/HONDA、TOYOTA、NISSAN、MAZDA、SUBARU

【画像ギャラリー】SUV人気の波に乗ったヴェゼル! ライバル車とともにギャラリーでチェック!(25枚)画像ギャラリー

■堅調な売れゆきが続くコンパクトSUVのヴェゼル

ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」。コロナ禍にありながら2021年の1か月あたり販売台数は平均4389台と、堅調に推移した

 今はSUVが人気のカテゴリーになった。SUVはもともとジープのような悪路走行を目的とするクルマだったから、大径タイヤの装着など外観には野性味と存在感が伴う。

 ボディの上側はワゴンスタイルだから、居住性も優れ、荷物を積みやすい。つまりSUVは、カッコよくて実用的なことから人気を得た。

 SUVのなかでも特に注目される車種がコンパクトなホンダのヴェゼルだ。2021年には、コロナ禍により納期を遅らせながら、1カ月平均で4389台を登録した。

 トヨタのヤリスクロス(ヤリスとGRヤリスを除く)は2021年の1カ月平均が8670台、トヨタのライズも6823台だから、ヴェゼルは特に多くはない。それでも売れゆきは堅調だ。

 ホンダとトヨタでは、販売店舗数も異なる。トヨタは4600カ所の国内全店で、ヤリスクロスとライズを売るが、ホンダの店舗は2200カ所だ。販売網はトヨタの半分だから、1店舗当たりの取り扱い台数ではヴェゼルも健闘している。

 2021年におけるほかのコンパクトSUVの売れゆきは、日産キックスの1カ月平均が2920台、マツダCX-30は1613台、スバルXVは1314台という具合だ。

 ヴェゼルは前述の4389台だから、ライバル車にも充分に対抗できている。

■ヴェゼル人気の背景にある複数の理由

 ヴェゼルが人気を得た背景には複数の理由がある。まずはボディサイズだ。全長が4330mm、全幅は1790mm、最小回転半径も5.3~5.5mに収まり、水平基調のボディは視界もいい。従って混雑した街中や駐車場でも運転しやすい。

 また、ボディがコンパクトなわりに居住性は良好だ。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシふたつ半に達する。

 前後方向の足元空間は、クラスが上のホンダCR-Vやトヨタハリアーと同等に広い。前後席ともに座り心地もよく、4名で乗車して、長距離を快適に移動できる。

 後席の足元空間が広いので、荷室長(荷室の奥ゆき寸法)はキックスよりも短いが、ヴェゼルはシートアレンジが多彩だ。燃料タンクを前席の下に搭載するので、後席を床面へ落とし込むように小さく畳める。荷室容量を充分に確保した。

 後席の座面を持ち上げることも可能で、車内の中央に背の高い荷物を積める。荷室の使い勝手を総合的に判断すると、SUVのなかでも優れた部類に入る。

■上質な内装と割安な価格も後押し

 内装も上質だ。インパネには横長のパネルが備わり、エアコンのダイヤルスイッチも含めて、ていねいに作り込んだ。

 特にe:HEV・Zとe:HEV・PLaYでは、内装の装飾類も豊富に採用した。ヴェゼルe:HEV・Zとe:HEV・PLaYの質感は、CR-Vを上回り、クラスを超えた印象を受ける。

 冒頭で「SUVはカッコよくて実用的なことから人気を高めた」と述べたが、同じことがヴェゼルという商品自体にも当てはまる。

 運転しやすいサイズなのに、車内は広く上質で、大げさにいえば「小さな高級車」風のプレミアム感覚も味わえる。居住性や走行性能も含めて、魅力を多彩に備えることで人気を得た。

 割安な価格も大切な特徴だ。車内が広く内装も上質で、1.5Lノーマルエンジンを搭載するGの価格は227万9200円に収まる(価格はすべて2WDで表記)。

 ハイブリッドのe:HEVを搭載したベーシックなXは265万8700円だから、ノーマルエンジンとの価格差を37万9500円に抑えた。

 ハイブリッドとノーマルエンジンの価格差が40万円以上の車種も多いから、ヴェゼルのe:HEVには割安感が伴う。

 しかもe:HEV・Xを買う時に納める税金は、ノーマルエンジンのGよりも約9万円安い。実質差額は約29万円に縮まる。

 このようにヴェゼルの価格は全般的に割安で、e:HEV・Xは、ノーマルエンジンのGよりもさらに買い得だ。

 そして中級のe:HEV・Zは、ベーシックなe:HEV・Xに、後方の並走車両を検知して知らせるブラインドスポットインフォメーション、進行方向を照らすLEDアクティブコーナリングライト、ハンズフリーアクセスパワーテールゲート、フルオートエアコンの左右独立温度調節機能などを加えた。

 アルミホイールは18インチに拡大され、内外装の装飾も上級化している。

 これらのe:HEV・Zでプラスされた装備を価格に換算すると、約29万円に相当するが、価格の上乗せは23万9800円だ。

 e:HEV・Zは、ニーズの高い実用的な装備を豊富にそろえて、価格は289万8500円と割安だ。

次ページは : ■ホンダにはヴェゼルと同様「これで充分」と感じさせる人気車が多い

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ