200万円台でもご近所に見栄が張れる!!? 中古でも魅力満点の輸入車ベスト4

200万円台でもご近所に見栄が張れる!!? 中古でも魅力満点の輸入車ベスト4

「●△■万円でも見栄を張れる中古輸入車のすすめ!」というのは、硬派で真面目なクルマ好き各位にはめちゃめちゃ評判が悪い。

 そういった記事を読んだ硬派車好きは、ほぼ必ず以下のようなことを言う。

「自分が本当に好きな車を買うんじゃなくて“周囲からの見られ方”を気にしながら買うなんて、とことんバカでみじめな奴だね」

 ……そういった意見があることも、もちろんよくわかるつもりだ。

 だが「社会的な生き物」である人間のなかで、「他者からの視線」を100%気にしないままクルマを買う人など、本当にいるのだろうか?

 まぁ中には「これまでの人生で、人目など1回も気にしたことがない」という変わった人も、一部にはいらっしゃるのだろう。

 だが生身の人間の大半は――もちろん程度の差こそあれ――「ナメられたくない」「ダサくてカッコ悪い奴だと思われるよりは、男っぷり(あるいは女っぷり)がいい人物だと思われたい」「端的に言って、モテたい」などなどと、心のどこかで思っているものだ。

 「いや、俺はそんなことはまったく思ってないぞ!」という人もいらっしゃろうが、そういった人はあまりにも変わっているため、筆者はあっさり無視させていただく。

 「できることなら周囲に(ちょっとは)見栄を張りたいぞ!」と心のどこかで少しは考えている、ごく一般的なメンタリティを持つ方だけに向けて、「ご予算200万円台でもまあまあハッタリが利く中古輸入車4モデル」をご紹介しよう。

文/伊達軍曹
写真/メルセデス・ベンツ、BMW、Audi、Porsche、AdobeStock(トップ画像=EwaStudio@AdobeStock)

【画像ギャラリー】こんな選び方でもいいじゃないか! 200万円台でも魅力満点のご近所に見栄が張れる中古輸入車(9枚)画像ギャラリー

■肩の力を抜いて読んでほしい「ハッタリが利く中古輸入車」4モデル

真面目な購入ガイドを読んでクルマを選ぶもよし、愉快な買い方を参考に選ぶもよし……お楽しみいただけたら幸いだ(khosrork@AdobeStock)

 ご予算200万円台でご近所さんに見栄を張るためには、まずは基本的な原則を覚えておかねばならない。この場合、原則は2つある。

●原則1|購入対象は「問答無用の超メジャーブランド」に絞る

 なまじ車が好きだと、ついルノーやシトロエンなどに注目してしまうが、それこそが間違いの元である。

 勇んでルノー車を買っても、ご近所の素人さんは「……日産車かな?」と思うだけであり、シトロエンのグランドC4ピカソという超絶おしゃれなミニバンを買っても、近所の奥様は「あら、今度のトヨタはずいぶんおしゃれね!」と思うだけなのだ。

 ご近所さんに「山田さんが、なんかすごいクルマを買った!」と思わせるには、誰もが問答無用で「高いやつ」と認識できるブランドを選ばねばならない。そしてニッポンの住宅街におけるそれは、「ベンツ」と「ビーエム」「ポルシェ」の3ブランドしかない。

 「アカデミー賞で話題になった北欧のサーブは?」などとややこしいことはいっさい考えず、とにかく「ベンツ」「ビーエム」「ポルシェ」というわかりやすいブランドのどれかを選ぶのが超基本である。

●原則2|「なにかと余裕がある感」を醸し出せるボディタイプを選ぶ

 問答無用の超メジャーブランドを選ぶことに加えて「なんどなく生活に余裕がある感じ」も付加できればほぼ完璧である。

 その意味ではセダンよりも、「ただ生活するだけでなく“余暇”を楽しむだけの余裕もある」とイメージさせるステーションワゴンまたはSUVのほうが、破壊力は強い。

 また2シータースポーツも「あの人は、実用的な意味をほとんど持たない穀潰し的な車を買うだけの余裕がある」と強く想起させるカテゴリーであるため、この場合は大いにおすすめとなる。

 ……前フリと基本原則の説明だけで編集部から指示された文字数を超えてしまいそうな勢いであるため、ここから先は端的にスパスパッと進めよう。具体的なおすすめ4モデルの紹介である。

次ページは : ■候補1|先代メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴン

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ