200万円台でもご近所に見栄が張れる!!? 中古でも魅力満点の輸入車ベスト4


■候補1|先代メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴン

メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴン(4代目)。デザインも中身も進化し、上級モデルであるSクラス並みの高級感を漂わせていた

【価格などのイメージ】
2014年式C200 ステーションワゴン アバンギャルド:車両価格220万円/走行2.6万km/レーダーセーフティパッケージ付き

「ビーエム」の神通力ももちろん強いわけだが、素人さん相手にはやはり「ベンツ」という3文字およびエンブレム(スリーポインテッドスター)のほうが、より神通力を発揮しやすい。

「ベンツだったら何でもいい」という極端な見方もできなくはないが、AクラスやBクラスではサイズ感の面で神通力が劣ることになり、Eクラス以上のモデルを200万円台の予算で狙うと必然的に年式が古くなってしまうため、これも破壊力が減じることになる。

 それゆえここでの最適解は「先代のCクラス」であり、なおかつ、セダンではなく”余暇を存分に楽しんでる感”をアピールできる「先代Cクラス ステーションワゴン」こそが100点満点の解答となる。

 先々代までのCクラスは、Eクラス以上と比べると多くの点で”差”を感じさせたが、先代W205(ワゴンはS205)からは「……Eクラスに近いかも?」と思わせるビジュアルおよびボリューム感ならびに諸性能となった。

 そのため、前期型で十分なので、とにかく小綺麗な内外装をキープしている先代Cクラス ステーションワゴンの中古車を購入すれば、近所の人は「山田さんは確か地銀にお勤めだったはずだけど、外資系投資銀行にでも転職したのかしら?」などと勘違いしてくれるだろう。

■候補2|先代BMW 3シリーズ ツーリング

BMW 3シリーズ ツーリング(6代目)。先代モデルから動力性能や環境性能、操安性などさまざまな部分が性能向上した

【価格などのイメージ】
2013年式320dツーリング ラグジュアリー:車両価格200万円/走行4.2万km/アダプティブクルーズコントロール付き

 効果の面では先ほどの先代Cクラスワゴンとほぼ同じである。すなわち、誰もが知る問答無用の超メジャーブランドであり、「余暇を楽しんでる感」があるステーションワゴンであり、さらにはあまり古くない年式であるということだ。

 加えて言えば、先代であっても現行G20(ステーションワゴンはG21)とカタチがきわめて似ているため、カーマニアは別として「ご近所の普通の人」からすると、「山田さんちのクルマが真新しいビーエムのワゴンに変わった! ……もしかしてGAFAのどこかの中途入社試験、受かったのかな?」という感じにしか見えないだろう。

※編集部注:GAFAとはグーグル(Google)、アマゾン(Amazon)、フェイスブック(Facebook)、アップル(Apple)の4社の総称になります。

■候補3|先代アウディ A4オールロードクワトロ

アウディ A4オールロードクワトロ(4代目)。A4アバントをベースに、樹脂製の保護パーツや高い地上高でアクティブなイメージを追加

【価格などのイメージ】
2014年式A4オールロードクワトロ 2.0 TFSI:車両価格220万円/走行3.5万km/後期型/バーチャルコックピット

 先代のアウディA4をSUV風に仕立てたクロスオーバーモデル。先に申し上げた「問答無用の超メジャーブランド=ベンツ、ビーエム、ポルシェ」からは外れてしまうアウディだが、悪路走行向けに若干上げられた車高と樹脂製オーバーフェンダー、アンダーガードなどによって、絶妙な「冒険者感」が醸し出されているのだ。

 庶民というのは生活するだけで手一杯なため、「冒険」などなかなかできるものではない。だがA4オールロードクワトロからは「富裕な者だけが挑戦を許される行為=冒険」の香りが、アウディ本来の都会派イメージとともに濃厚に漂っている。これはまさに「丸の内の外資系金融企業で年収4000万円ぐらいを稼ぎながら、週末はトライアスロンに打ち込んでいる人種」の香りだ。

 そんな先代アウディ A4オールロードクワトロのキレイめな中古車を自宅駐車場に置いておけば、近所の人がさまざまな勘違いをしてくれることはほぼ間違いない。

次ページは : ■候補4|2代目ポルシェ ボクスター