N-BOX ハスラー ソリオ フィット… 「たっぷり積めて」「ゆったり乗れる」!! 小さくてもスぺースユーティリティに優れたクルマ5選

N-BOX ハスラー ソリオ フィット… 「たっぷり積めて」「ゆったり乗れる」!! 小さくてもスぺースユーティリティに優れたクルマ5選

「山椒は小粒でピリリと辛い」とはよく言ったもので、 小さくても存在感をビカビカに放つクルマたちがいる。そんな、小さいことが個性&魅力となるクルマたちの「優良」ポイントを引き出していこう!

 クルマ選びでは「使い勝手」も重要な選択肢のひとつ。ここでは小さいけれど自転車だって載せられる!!? スペースユーティリティに優れた軽・コンパクト5台をピックアップ!

※本稿は2022年3月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年4月10日号

【画像ギャラリー】外から見ると小さいのに乗り込むと超広い!? 居住性&積載性バツグンなクルマたちをギャラリーでチェック!(33枚)画像ギャラリー

■N-BOX、ハスラー、アルト…やっぱり「軽」も侮れない!

日本で一番売れている軽自動車N-BOXは室内空間においても軽自動車ナンバーワンだ

 注目車の筆頭は軽自動車のホンダ N-BOXだ。

 全高は1790mmと高く、ホイールベースも軽自動車で最長の2520mmだから、車内が軽乗用車では最も広い。

 後席は簡単に小さく畳めて、自転車も積める大容量の荷室に変わる。

 スズキ ハスラーは全高が1700mm以下だが、SUV風の車種だから荷室に汚れを落としやすい加工を施した。

 シートアレンジは、全高が1700mm以下の軽自動車では、ワゴンRと並んで最も充実する。

 同じくスズキのアルトは全高を立体駐車場が使いやすい1525mmに抑えたが、車内は意外なほど広い。

 身長170cmの大人4名が乗車した時、後席に座る乗員の膝先には、握りコブシ2つ半の余裕が生じる。

 足元空間の前後方向の広さは、アウトランダーと同等だ。

■ソリオ、フィット。やっぱりコンパクトカーもよい!

 コンパクトカーではスズキ ソリオに注目したい。

 全長は3790mm、全幅も1645mmに収まるが、全高は1745mmと高く空間効率が優れる。自転車も積みやすい。

 また軽自動車のN-BOXやライバル車のルーミーに比べて、ソリオは動力性能、安定性、乗り心地もいい。車両全体の総合性能でも推奨される。

 フィットは全高を立体駐車場が使いやすい1550mm以下に抑えて全長も4mを下まわるが、空間効率は優秀だ。

 後席に座る乗員の膝先空間は、前述の測り方で握りコブシ2つ半と広い。

 燃料タンクを前席の下に搭載したので、後席を畳むと広い荷室になる。後席の座面を持ち上げて、車内中央に背の高い荷物を積むことも可能だ。

【画像ギャラリー】外から見ると小さいのに乗り込むと超広い!? 居住性&積載性バツグンなクルマたちをギャラリーでチェック!(33枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ