ワイパーを正しく使うのは安全運転の第一歩 ワイパーの事前整備と正しい使い方


ワイパーでガラス表面の汚れや雪、霜を取り除くのは厳禁

 ワイパーゴムは通常1回/年の交換が推奨されていますが、使用環境や使い方によっては、より早い交換が必要となることも。ワイパーを長持ちさせるには、以下の対策が有効です。

・常日頃からガラスの汚れは取り除き、きれいにしておく
・ワイパーを、汚れたガラス表面をきれいにする、拭き取る目的で使わない
・ウォッシャー液を散水せずにワイパーを動かさない
・冬季に、ワイパーが雪や霜などで凍結した状態で無理やり動かさない
・フロントガラス表面に氷結した雪や霜を、ワイパーでそぎ落とすような使い方をしない

 ワイパーで異物(ゴミや砂塵、雪、霜など)を払い除けるような使い方は、ワイパーとガラス表面の両方にダメージを与えます。ワイパーは、あくまで雨滴の層を均一化するものであることを認識することが大切です。

ビビりが出た時は

 ビビりが発生した場合は、できるだけ早く対処する必要がありますが、応急的な処置としては、以下が有効です。

・ガラス表面とワイパーゴムの接触面を布などできれいにする
・撥水コーティングを塗っている場合は、それが悪影響を与えている可能性があるので、専用クリーナーなどで完全に拭き取る
・何かの原因でゴムやアームの接続部がズレている可能性もあるので、いったんワイパーゴムを取り外して再装着。また、アームを立てたり戻したりすることで、正常に戻る可能性もある

 ワイパーゴムが劣化しているようであれば、ゴムを交換すればビビりは解消しますが、改善しないようであれば、専門業者に見てもらう必要があります。

◆       ◆      ◆

 駐車中にフロントガラスに付着した、埃や花粉、黄砂、落ち葉などを、ワイパーで落としているドライバーが意外に多いようですが、前述したように、ワイパーで異物を落とす行為は、ガラス表面に目には見えない傷をつけてしまうなど、甚大なダメージにつながります。

 ワイパーを正しく使うことは、ワイパー部品だけでなく、フロントガラスの維持にもつながり、良好な視界と安全な運転につながります。これから雨が多くなる季節。ワイパーを正しく理解して、安全なカーライフを過ごしましょう。

【画像ギャラリー】ワイパー正しく使っていますか!??  ワイパーの「ビビり」発生原因と、ビビりを抑えてワイパーを長持ちさせる方法(10枚)画像ギャラリー