こ、この顔はっ!? レガシィアウトバックの顔が激変! アイサイトも大幅進化! 日本発売はいつ?

こ、この顔はっ!? レガシィアウトバックの顔が激変! アイサイトも大幅進化! 日本発売はいつ?

 日本では昨年10月にフルモデルチェンジが行われたばかりのスバル レガシィ アウトバックだが、北米では2022年4月13日、ニューヨークモーターショー2022にて早くも改良新型が発表された。

 ひと目見て驚くのは、ライトの横からバンパーにかけて伸びる、まるで象の牙のような黒い樹脂製の造形。インパクトはもの凄い! さらにアイサイトも進化しているという。

 この北米仕様のビッグマイナーチェンジ版レガシィアウトバックと同様に日本仕様はいつ発売されるのか? いまわかっている情報すべてお伝えしていこう。

文/伊達軍曹
写真/スバル、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】大胆メイクを施して改良新型登場!! 北米で発表されたレガシィ アウトバックの顔がすごい!!(10枚)画像ギャラリー

■改良新型レガシィ アウトバック北米で早くも登場!

こ、この顔はっ!? レガシィアウトバックの顔が激変! アイサイトも大幅進化! 日本発売はいつ?
2022年4月、ニューヨークモーターショー2022で公開された改良新型のスバル レガシィ アウトバック。フロントデザインが大胆に変更された

 今回発表された北米市場での2023年モデルとなる改良新型アウトバックは、フロントグリルを大型化するとともに、新デザインのLEDヘッドライトとフォグランプを採用。

 今回、ギョッとしたのはフロントバンパーおよびホイールアーチのクラッディング(いわゆる黒い樹脂のモール)も大型化。一瞬プジョーの牙のようなLEDデイライトを思い出したが、これは無塗装の樹脂製バンパーがコの字型に独立した形になっている。こんなデザインは今まであっただろうか。しかもマイナーチェンジというタイミングでこのデザインを提案してきたのにも恐れ入る。

 車内装備では、ワイヤレスのAppleCarPlayとAndroidAutoを備えた「STARLINK 11.6インチマルチメディアプラスシステム」が最新バージョンに。高解像度タッチスクリーンとメーターの連携をはじめ、オーディオや「X-MODE」などの車両機能も画面上でコントロールできるようになった。

 そして改良新型アウトバックは、スバルとして「what3words(W3W)」を初めて採用した。

 what3wordsとは、英国ロンドンのwhat3words社が開発した新しい位置情報システム。地球上を3メートル四方、合計57兆個の正方形に区切り、それぞれの区画に3つの単語で構成する「3ワードアドレス」を割り当てという、今までになかったシンプルなコーディング(符号化)システムだ。

 このコーディングにより、例えば「大きな公園の噴水前」や「森の中でテントを張っている場所」など、これまでのマップデータでは見つけにくかった場所まで正確に移動し、共有できるようになるという仕組みである。

 「what3words」は、STARLINK11.6インチマルチメディアナビゲーションシステム搭載モデルに標準装備される。

 運転支援システムのアイサイトは全グレードに最新バージョンが標準装備され、上級グレードの「Touring」には従来からのステレオカメラに加え、アイサイトの認識性能を強化する「広角単眼カメラ」を新採用。

 追加された広角単眼カメラにより、改良新型アウトバックは車両が低速で交差点に入る際、歩行者や自転車を従来型以上に素早く認識し、横断自転車や歩行者との衝突回避を行うという。

 標準となるパワーユニットは最高出力182psの2.5L水平対向4気筒自然吸気エンジンだが、「XT」には同260psの2.4L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載。トランスミッションは全車、パドルシフトを備えた8速マニュアルモード機能付きCVTの「リニアトロニック」だ。

次ページは : ■日本への導入は?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ