バイオマス燃料の性能はハイオク同等!? 日本最大レースに新規定ガソリン投入へ 今後自動車用燃料はどう変わるのか

バイオマス燃料の性能はハイオク同等!? 日本最大レースに新規定ガソリン投入へ 今後自動車用燃料はどう変わるのか

 スーパーGT開幕戦岡山大会の決勝日である4月17日、GTアソシエイション株式会社(GTA)主催の定例記者会見が行われた。

 会見ではGTA代表の坂東正明氏がスーパーGTにおける環境対策について言及。2023年からドイツのハルターマン・カーレス社製のカーボン・ニュートラル燃料の採用と参戦全車への供給を決定したと発表。

 この新燃料、いったいどういったものなのだろうか。そしてこの新燃料によってスーパーGTはどう変わっていくのだろうか?

文/段純恵、写真/HONDA、NISSAN、TOYOTA

【画像ギャラリー】2023年カーボン・ニュートラル燃料導入でどう変わる!? ……の前に、まずは2022シーズン開幕!!(11枚)画像ギャラリー

■2023年から供給される「新燃料」とは?

2022年4月16日、スーパーGTの2022年シーズンが岡山国際サーキットで開幕! 決勝日(17日)のGTAの定例会見では2023年シーズンから導入される新燃料の発表もあった
2022年4月16日、スーパーGTの2022年シーズンが岡山国際サーキットで開幕! 決勝日(17日)のGTAの定例会見では2023年シーズンから導入される新燃料の発表もあった

 4月17日、スーパーGT開幕戦岡山大会の決勝日にGTアソシエイション株式会社(GTA)主催の定例記者会見が行われ、坂東正明GTA代表がスーパーGTにおける環境対策について言及。2023年からドイツのハルターマン・カーレス社製のカーボン・ニュートラル燃料の採用と参戦全車への供給決定が発表された。

 いまモータースポーツ界では、自動車業界全体と歩調を合わせるように、二酸化炭素(CO2)に代表する温室効果ガスの排出量抑制など地球環境への配慮と、それによる将来の持続可能なレースへの転換がトレンドとなっている。

 その方策の一つとして、使用燃料の『脱炭素化』を図るカテゴリーが増え、海外では世界耐久選手権や世界ラリー選手権、英国ツーリングカー選手権や二輪ロードレースのモトGP等がすでに再生可能燃料を導入しており、国内ではスーパー耐久で各メーカーが各々採用する再生可能燃料を搭載したマシンで実証実験を行っている。

 カーボン・ニュートラル燃料はCO2を出さないのかと、水素自動車や電気自動車とゴッチャに考えられがちだが、そうではない。

 今回スーパーGTが導入を決めたハルターマン・カーレス社の燃料は、サトウキビやトウモロコシを原料とするエタノール(米インディカーで使われている)など第1世代のバイオ燃料ではなく、藻類や古紙、古着、木の廃材などの廃棄物に含まれる有機物を分解し製造される第2世代のバイオ燃料だ。

 つまり、落ち葉や牛フンなど廃棄物から炭水化物(多糖類)のセルロースを取り出し、それをアルコールに精製。さらにそのアルコールから製造されたガソリン、ということになる。

次ページは : ■植物を原料とすることで温室効果ガスを削減

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

クラウンスポーツのプロトタイプ試乗!! ベストカー6月26日号

「ベストカー」6月26日号は、新型ランクルプラドの最新スクープ情報が大注目企画ですぞ~。表紙にあるように真っ赤な新型ランクルプラドの予想CGがど~んと掲載! さらにはクラウンスポーツの試乗ルポもあるなど、今号も盛りだくさんです。ヒュ~!

カタログ