「野獣」から「美女」へ! 日産は2022年スーパーGT GT500に新型Zで参戦!!!

野獣から美女にスイッチ! 日産は2022年スーパーGT GT500に新型Zで参戦!!!

 日産は日本のGTレースの最高峰であるスーパーGT・GT500に2008年からGT-Rで参戦してきたが、2022年シーズンから新型Zで参戦を開始することを2021年12月5日に正式に発表。

 お披露目場所となった富士スピードウェイには、アシュワニ・グプタ日産自動車COO、片桐隆夫ニスモCEOほか、松田次生選手、ロニー・クインタレッリ選手、平手晃平選手、柳田真孝選手、そして星野一義氏、「Zの柳田」こと柳田春人氏も駆け付けた。

※本稿は2021年12月のものです
文/ベストカー編集部、写真/NISSAN、ベストカー編集部 ほか、撮影/佐藤正勝
初出:『ベストカー』2022年1月26日号

【画像ギャラリー】GRスープラよ、NSXよ、今年の日産はひと味違うぞ!! Zがサーキットに帰ってきた!!(25枚)画像ギャラリー

■やはり来た!! 2022年のGT500は新型Zが参戦!!

日産はスーパーGT・GT500クラスで2008年より使用してきたGT-Rに代わり、2022年シーズンから新型Zで参戦することを発表した

 グプタ日産COOはZについて、

1)日産のチャレンジャー・スピリットの象徴であり日産文化の一環
2)グローバルでアピールできる
3)デザインが美しくGT-Rがビースト(野獣)に対して、Zは美女

 とコメントし、ZとGT-Rは日産のアイコンとして販売台数は度外視している、という言葉も飛び出した!!

 ちなみにグローバルでのアピールのため、マシン名称は日産フェアレディZではなく、日産Zとなる。

 日産はこの後4月の開幕までにマシンの開発を進めていくことになるが、「2年くらい前からグプタ日産COOにZでの参戦を打診し、許諾を得て、1年以上前から開発してきた」(片桐ニスモCEО)

■Zでのタイトル獲得なるか!?

GT500クラスではトヨタのGRスープラ、ホンダのNSXに対して苦戦を強いられてきた日産が新型Zで反撃の狼煙をあげる。2022年のスーパーGTの開幕戦(4月16〜17日・岡山国際サーキット)が楽しみ!!

 まったく新しいZでの参戦となるが、レギュレーションによりシャシー、エンジン、メカニズムはGT-Rのものをそのまま踏襲するスキンチェンジのようなもの。

 しかし、ZとGT-Rではボディ形状、デザインがまったく違うため、Zのボディでの最良のエアロダイナミクスを見つけ出すことが必須となる。

 素人目にはスクエアなGT-Rに対し、丸みを帯びたZのほうが空力的に有利と感じるが、そこまで単純ではない。百戦錬磨のNISMОがいい仕事をしてくれることに期待だ。

 全日本GT選手権時代の2004年、Z33はデビュー年でダブルタイトルを獲得したが、その再現なるか!?

 最後にGT-Rについてだが、片桐ニスモCEОがGT-Rが存在する限り今後もGT3車両(今でもグローバルで年間50台販売する怪物)などのでレース活動を継続することを明言していた。

【画像ギャラリー】GRスープラよ、NSXよ、今年の日産はひと味違うぞ!! Zがサーキットに帰ってきた!!(25枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ