チョイECOオヤジが選ぶべきは、ハイブリッドか? プラグインハイブリッドか?

チョイSDGsなオヤジを目指すなら、ハイブリッド車か? プラグインハイブリッド車か?

 そろそろ「SDGsなんて言ってたらクルマなんて乗れねーぜ!!」と息巻いてもいられなくなってきた昨今。いよいよエコカーのことを真剣に考えなくてはならない時代がやってきた。とはいえ、まだまだ電気自動車は最初のエコカーとしてはハードルが高いと感じる人も多いのではないだろうか?

 そうなると、ハイブリッド車かプラグインハイブリッド車の二択となる。しかし、一般ユーザーとしてはハイブリッドとプラグインハイブリッド車の違いや、どちらを選ぶことが得策なのかがイマイチわからないという人が多いのではないだろうか? 

 そこで今回は、プラグインハイブリッド車とは、どんなシステムを搭載したクルマなのか? ハイブリッド車との違いは何なのか? ちょっと混乱気味という人のために、プラグインハイブリッド車の基礎知識を解説していきたい。

文/鈴木喜生、写真/トヨタ、マツダ、三菱自動車、写真AC

【画像ギャラリー】アツすぎないECOがかっこいい! だったらプラグインハイブリッド車がいいかも!!(8枚)画像ギャラリー

ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車の違いは?

チョイSDGsなオヤジを目指すなら、ハイブリッド車か? プラグインハイブリッド車か?
RAV4のハイブリッドシステムよりも高出力化したフロントモーターとインバーターと大容量・高出力の新型リチウムイオンバッテリーとを組み合わせることで、システム最高出力225kWを発揮。よりスポーティな走りを楽しめるプラグインハイブリッド車として人気を博している

 ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車の一番の違いは、外部電源から充電するためのプラグ(コンセント)の有無だ。ハイブリッド車の場合はこのプラグが付いておらず、プラグインハイブリッド車には付いている。

 ハイブリッド車の場合、そのバッテリー充電は、回生ブレーキによって走行中に行われる。 回生ブレーキとは、ブレーキをかけた時にモーターを回して発電を行い、それをバッテリーに蓄電して利用するしくみのこと。これによって従来であれば捨てていた運動エネルギーを再利用することができる。

 対してプラグインハイブリッド車の場合は、ハイブリッド車と同様に、回生ブレーキによっても充電されるが、外部電源から充電するためのプラグが付いているので、任意のタイミングでプラグから充電することが可能。つまり、電気自動車により近い仕様のクルマということだ。

 ちなみに、「PHEV」と「PHV」という、ふたつの略称があることも混乱をもたらす原因のひとつだろう。これは単に、各自動車メーカーにおける呼び名の違いでしかない。三菱自動車やホンダ、日産などでは「PHEV」(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)と呼び、トヨタではそこから「Electric」を抜いて「PHV」(Plug-in Hybrid Vehicle)と呼称している。ただそれだけの違いであり、どちらも同一のシステムを指している。

 ただし、経済産業省の広報資料、またはウェブや雑誌などの記事においては、「PHEV」を使用することが多いようだ。

プラグインハイブリッド車は、電欠の心配がない電気自動車

 ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車の核心的な違いとしては、「プラグインハイブリッド車のほうが容量の大きなバッテリーを搭載している」ことが挙げられる。これによって、使い勝手や経済性も少々違ってくる。

 従来のハイブリッド車がガソリン燃料で動かすエンジンが主役であり、「モーター駆動もできますよ」であるのに対して、プラグインハイブリッド車は、もう少し積極的に電動パワーを活用していて、「シーンに合わせてガソリンと電気を使い分けられるように調整しますよ」という感が強いクルマと言える。

 プラグインハイブリッド車の場合、日常的な通勤や買い物など、比較的近距離への走行の場合は、自動で電気を使用するモードに切り替わり、ガソリンを消費しなくて済む。いっぽう、長距離を走行する場合には、ガソリンと電気の両方を併用するため、ガソリン燃料車やハイブリッド車よりも燃費が良くなり、電気自動車よりも航続距離が延びる。

 また、電池残量が少なくなって、近くに充電設備がない場合は、ガソリンを入れれば良いので、電気自動車のようにバッテリー残量と充電設備の位置を心配せずに済むし、出先で充電のために時間を費やす必要もない。つまり、電欠の心配をすることなしに走ることができる電気自動車と定義づけてもいいだろう。

次ページは : プラグインハイブリッド車にはメリットがいっぱい!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ