ミラージュがテスラに勝った!? クルマ界の不思議 6選[環境・エコカー編]


 トップの画像は三菱のミラージュ。そのフロントマスクをアップにしたものだ。2012年、三菱の世界戦略車のコンパクトカーとして10年ぶりに復活したクルマである。

 なぜミラージュの写真が持ってきたかというと、ミラージュがEV(電気自動車)に勝った、しかも停止した状態から時速100kmに達するまでの所用時間が2.7秒、テスラ P100Dに勝ったという噂を本企画担当が聞きつけたため。

 本当に勝った? なにで勝った? 噂の真偽のほどは本文をお読みいただくとして、クルマ界でまことしやかに流れる(大げさ)不思議な事案を、ここでは環境系やハイブリッドカーなどの話題に絞って集めてみた。

※本稿は2017年12月のものです。
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2018年1月10日号


【不思議1】 EVよりもミラージュのほうがCO2発生量が少ない?

 EVよりもガソリンエンジンのミラージュのほうがCO2排出量が少ないというのは、マサチューセッツ工科大学(MIT)の発表した調査結果によるもの。

 ここでいうEVとはテスラP100Dで、ゼロヒャク2.7秒、100kWhバッテリーを搭載し、前後2つのモーターで611psを発揮する超ハイパフォーマンスEVだ。対するミラージュは1.2Lエンジンを搭載するコンパクトカー。

 この2モデルの、走行時だけではなく製造時から廃車時に発生するCO2までを含めた、いわゆる「ライフサイクル総排出量」でCO2発生量を比較した結果の話。

 大排気量車と軽自動車を比較して、軽自動車のほうが燃費がいい、と言っているのと同じこと。ただし、EVであれば何でもかんでもCO2フリーだとの勘違いに対する問題提起としては意味のあるものと言える。

 EVは確かに走行時に直接的なCO2排出はないが、充電するための電力は火力発電などによるものであればCO2を発生している。リーフクラスのEVだとしても、石炭火力発電によるものなら1km走行あたり139〜175g、石油火力発電でも114〜143g程度のCO2を発生すると試算されている。

 原発依存率の高いフランスなどでは発電時のCO2発生量が少なく、40g/kWh程度だが、石炭火力発電依存率の高い国では650g/kWhと圧倒的にCO2発生量は多くなる。原発依存の少ない日本やドイツは400g/kWhで比較的CO2排出量は多いのだ。

 現実的に、ほぼ同じ程度の動力性能を持つ車両同士で試算をすると、走行距離ごとのCO2排出量はほぼ同程度とされている。

0→100km/h加速2.7秒という驚異のパフォーマンスを発揮するテスラモデルS P100D。そりゃあミラージュよりCO2出すでしょ

【不思議 2】 ステップワゴンに追加されたハイブリッド、なぜスパーダだけ?

 2017年9月に追加設定されたステップワゴンの2Lハイブリッドモデルだが、ハイブリッドが設定されたのはエアロを装着したスポーティな「スパーダ」のみ。標準ボディのステップワゴンは、以前からある1.5L VTECターボしか選べないのだ。

 ホンダでは「スポーティなスパーダのユーザーにハイブリッドを味わってほしい。標準車ユーザーは価格に敏感なため5ナンバーにこだわった」とアナウンスしていたが、その言葉どおり標準車にハイブリッドが設定されなかったのには明確な理由がある。

 2Lのハイブリッドシステムを積むほかのホンダ車はアコードやオデッセイといった全長4800mm以上、全幅1800mmのサイズだ。これに対し、ステップワゴンはいずれも全幅は1695mmと5ナンバー枠だが、全長は標準車が4690mmに収まるのに対し、スパーダは4760mmと3ナンバーサイズとなる。

 2Lのi-MMDユニットをステップワゴンに搭載するにはノーズを延ばしたうえでボンネットを高くする必要があり、標準車にハイブリッド車を設定すると3ナンバーになってしまうからだ。このため、従来から3ナンバーだったスパーダのみに設定されることになったと考えられる。

ステップワゴンがマイチェンでハイブリッドを追加したのは、3ナンバーのスパーダのみ

次ページは : 【不思議 3】 なぜスイフトのストロングハイブリッドにRSはない?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ