ピックアップ実は大人気!? ハイラックスの大成功に他メーカーが追従しないナゼ

ピックアップ実は大人気!? ハイラックスの大成功に他メーカーが追従しないナゼ

 今ハイラックスが超熱い!! 2017年に日本市場を復活してからというもの、堅調なセールスを記録中なのだ。今やGRモデルもラインアップするなど選択肢が多いのも魅力だ。

 ハイラックは東南アジアでも大ヒットしているのだが、実は現地では三菱や日産、いすゞなど国産メーカーも爆裂ヒットを記録しているのだ。そこで疑問なのが、なぜほかのモデルが日本市場に上陸しないのか? という点だ。SUVブームの後押しもアリ、いまこそチャンスな気もするが果たして。

文:工藤貴宏/写真:トヨタ・日産・三菱・いすゞ・フォード・GM/出典:car and driver・marklines


N-BOX以上の売れ行き!! アメリカに続きタイもピックアップトラックが国民車レベル

 日本の常識が世界の常識とは限らない。いや、むしろそうではないことのほうが多いだろう。クルマ関連だって、日本人からすれば初めて聞いた人は「本当に!? うそでしょ?」と耳を疑うようなことだってひとつやふたつではないのだ。

 たとえば販売ランキングナンバーワンのクルマも、国によっては日本人の意表をついてくる。アメリカ合衆国でもっとも売れているクルマがピックアップトラックだと聞いて、驚かない人はどのくらいいるだろうか。

年間70万台以上という驚異的な台数を売り上げるフォードFシリーズ。ハイブリッドはもとより、2ドアなど豊富なラインアップも魅力
年間70万台以上という驚異的な台数を売り上げるフォードFシリーズ。ハイブリッドはもとより、2ドアなど豊富なラインアップも魅力

 米国の「CAR AND DRIVER」のまとめによると2021年にアメリカ合衆国(以下アメリカ)で最も売れた車はフォード「Fシリーズ」で72万6400台、2番手がRAMピックアップで56万9388台、そして3番手がシボレー「シルバラード」で51万9774台も売れた。トラック以外のモデルで最も売れた車種はランキング4位となるトヨタ「RAV4」だが、その台数は40万7739台。最も売れたピックアップトラックは“もっとも売れた乗用車の1.8倍”も売れたことになるのだから、アメリカというのはとんでもないマーケットだ。ある意味、アメリカの国民車はSUVではなくピックアップトラックなのである。

 実は、そんなアメリカと並んでピックアップトラックが高いシェアを持つ国がある。東南アジアのタイだ。タイでは2021年に66万8520台の車両が販売されたが、そのうち1トンクラスのピックアップトラック(トラックとシャシーを共用するSUVも含む)は35万691台と半分以上を占める(調査会社MarkLines調べ)。年間販売ランキングを見るといすゞ「D-MAX」が13万9232台と首位。2番手トヨタ「ハイラックス」で12万2669台、4位がフォード「レンジャー」、6位に三菱「トライトン」と販売ランキングのトップ10に4台もピックアップトラックが入っているのだから驚くばかりだ。

次ページは : 日本でもハイラックスがじわじわ増加中!! じつはハイエースより売れている!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ