ハイラックスサーフはなぜ日本で販売しない? 懐かしのハイラックスサーフを中古で狙う!


 日本を代表するピックアップトラックであるトヨタ ハイラックスは、1997年に登場した6代目をもって日本での販売をいったん終了。2004年に発売された7代目ハイラックスは、日本では発売されなかった。

 しかし2015年にタイで発表された8代目が2017年9月、実に13年ぶりに日本市場でも発売されたのは記憶に新しい。そしてその8代目ハイラックスは2020年8月にマイナーチェンジが行われ、今なお好調な販売を続けている。

 いっぽう、SUVのハイラックスは、1983年に登場した初代がFRP製のリムーバルトップを装備し、RVブームと相まって人気に火が付いた。

 続いて、1989年に登場した2代目は、従来のFRPトップからスチール一体ルーフやボディ各部のフラッシュサーフェス化でよりスポーティになり、初代に続いて2代目も大ヒットモデルになった。

 そして、1995年には3代目、2002年には4代目が登場、ランドクルーザープラドと部品を共用していたが、結局2009年に販売終了した。そのハイラックスサーフは、4ランナーという名で2009年以降、実は海外では生き延びている。

 しかし、日本市場は空前のSUVブームのなかにあって、なぜハイラックスサーフは販売されないのか? しかし嘆いてばかりじゃダメ、ということで、ハイラックスサーフの現行車と、懐かしの歴代ハイラックスはいくらで販売されているのか? 中古車事情に詳しい伊達軍曹がレポートする。

文/伊達軍曹、写真/トヨタ

【画像ギャラリー】ハイラックスサーフの歴史と北米版の本格SUV「4ランナー」


■SUVのハイラックスサーフは4代目で日本販売終了

現在では国内唯一のピックアップトラックとしてビジネスユースや個性を求めるオーナーに愛されている、現行モデルのハイラックス

 さまざまな荷物や道具類などを荷台へ雑に放り込み、郊外の荒れ気味な道を疾走するピックアップトラック。アメリカ映画や同国のテレビドラマなどでしばしば見かけ、そのラフでタフな使い方に対して「……カッコいいじゃん」と憧れるシーンだ。

 ピックアップトラックのハイラックスは、2017年9月に13年ぶりに発売され、現在も販売されている。しかし、ピックアップトラックであるハイラックスの派生モデルとして1983年に初代が登場したSUV「ハイラックスサーフ」は、2009年に販売終了となった4代目をもって日本での販売をやめてしまった。

4ランナー ベンチャーエディションの2020年モデル

 だがハイラックスサーフの系譜が「日本では途絶えた」とはいえ、事実上の5代目ハイラックスサーフであるN280系は、「TOYOTA 4Runner(トヨタ 4ランナー)」という車名で海外市場では販売されている。

 トヨタ4ランナー(日本名:トヨタ ハイラックスサーフ)は、初代ハイラックスサーフが日本で登場した1983年の翌年、1984年には北米市場で「初代トヨタ 4ランナー」としてデビュー。

 その後はハイラックスサーフのフルモデルチェンジとほぼ同タイミングで4ランナーのほうも代を重ね、前述のとおり、現在は5代目の4ランナーが北米を中心に人気を博している。

■5代目4ランナーの日本発売熱望!

写真左が現行の4ランナー。中央は初代ハイラックスサーフ、右は2代目ハイラックスサーフ

 5代目4ランナーは、基本骨格には4代目ハイラックスサーフなどと同様のラダーフレーム構造を採用する本格オフローダーだが、それでいて街中をスポーティに走ることができるというキャラクターは、歴代ハイラックスサーフ=歴代4ランナーと同様。

 ボディサイズは全長4830×全幅1925×全高1796mmで、この数字は「ランドクルーザープラドよりちょっと大きく、ランドクルーザ200よりちょっと小さい」といったところ。つまり、もしも日本で乗るとしたら「堂々たるサイズ」に感じられる……といったニュアンスの寸法だ。

 5代目4ランナーの搭載エンジンは、2010年モデルまでは最高出力157hpの2.7L、直4も用意されていたが、2011年モデル以降は270hpの4L、V6に一本化されている。

4ランナーベンチャーエディション2020年モデルのリアフォルム。前後の盛り上がったフェンダーが特徴的

 そして、写真を見ればおわかりのとおり「なかなか、いやかなりカッコいい!」と叫びたくなるビジュアルの5代目トヨタ4ランナーゆえ、これを5代目のトヨタ ハイラックスサーフとして日本でも販売してほしいものだが、どうやらその予定はさらさらない模様。

 しかし世の中には「直輸入をしている専門店」というのもたくさんあるため、5代目4ランナーを日本在住者が購入し、そして日本の道で乗ることも普通に可能である。

 気になるその価格は、2021年モデル新車の場合で車両価格550万~630万円ほど。2013年式あたりの中古車だと370万~410万円ぐらいである場合が多い。

 決してお安い買い物とはいえないが、「他人とほぼ被らない強烈な個性」を備えている、タフでおしゃれな本格SUVを求めている人で、なおかつそこそこお金に余裕がある人にとってはステキな選択であるはずだ。

次ページは : ■新車は600万円以上! ならば中古で狙ってみる!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ