新型フェアレディZ購入に判子押します!? クルマ好きが選ぶに値する「終の1台」はやはりガソリンスポーツか?


 カーボンニュートラルまっしぐらとなっている現在のクルマ界だが、クルマ好きなら気になってくるのが「最後の純ガソリン車選び」だ。いずれ乗れなくなってしまうのが確実となっているだけに、これは由々しき問題であろう。

 ハイブリッドをはじめPHEV、そしてEVへと今後は電動車に乗るしかないという構図のなか、どんなガソリン車を選ぶべきなのか。自身も新型フェアレディZ購入に向けて大きく心が揺れ動いているという自動車評論家、国沢光宏氏が指南する!

文/国沢光宏写真/ベストカー編集部、日産、ホンダ、ルノー

【画像ギャラリー】騒音規制フェーズ3実施を前にもう買うっきゃない!? 新型フェアレディZをはじめとしたガソリンスポーツモデルをチェック!(39枚)画像ギャラリー

■騒音規制のフェーズ3実施で真剣に考えたい「最後のガソリン車」

現行4代目ND型ロードスターも純ガソリンエンジンスポーツの貴重な1台。騒音規制のフェーズ3を前に絶版となるのは確実か?

 以下、電気自動車大好きという人は無視してください。クルマ好きにとって100年に一度の大決断が必要になってきた。いや、最近よく「100年に一度の変革期」と書く人がいるけれど、ピストンエンジンの絶版は自動車の歴史始まって以来の変化だと思う。

 新車で純エンジン車を買えるのは、おそらく2026年秋までです。なぜ2026年秋なのか。ガソリンは2050年まで売ってる。日本でも2030年代中頃までエンジン車を買えると思う。実際、エンジンを搭載するハイブリッドやPHVは2030年代中盤まで生き延びることだろう。

 じゃ、なぜ純エンジン車が厳しくなるのか? 2026年秋から既販車にも適用となる「フェーズ3」(登録ずみ車には適用されないため、中古車売買できます)と呼ばれる厳しい厳しい騒音規制だ。タイヤの走行音まで抑えなければならないほど。

 純エンジン車の場合、当然ながらフル加速する際はエンジンパワーだけ使う。結果、大きな負荷がかかり、燃焼時の音圧が上がってしまう。ハイブリッドやPHVならエンジンをフル負荷で使わないですむため、エンジン音を大幅に引き下げられます。

純エンジン車で、しかもマニュアルミッションの高性能タイヤ付きとなったら、まずフェーズ3の騒音規制をクリアできないと考えていいだろう。

■今後4年間というスパンでガソリン車を選択しようじゃないか!

スイフトスポーツも遠からず販売終了となる可能性が高い。クルマ好きなら今のうちに買っておくべきか!?

 ということで残された時間は4年少々です。この間に納車されればガソリンが入手できるかぎり30年近く乗れる。いや、安価なカーボンニュートラルの燃料など開発に成功したらそれ以降も乗れるだろう。

 今のうちに買っておくと、この原稿を読んでいる年齢の人なら、免許返納するまで楽しめるんじゃなかろうか。希少価値という側面もあるため、定期預金感覚でもいいと思う。

 さて4年という年月なのだけれど、意外に短いと考えます。なかでも最後の2年間くらいは売り切れている可能性大! なんせ純エンジン車の3ペダルマニュアル車といえば、おそらく今販売しているモデル以外、出てこないハズ。

いや、現在販売していても遠からず絶版になりそうなスイフトスポーツのような存在もある。ということで2026年まで残りそうなモデルは以下の5車種。

 並べると、GR86/BRZにGRヤリス、新型フェアレディZ、マニュアルを出すというGRスープラ6気筒と新型シビックタイプRくらい。ロードスターとスイフトスポーツは早いタイミングで絶版になると予想します。

■国沢氏はルノークリオラリー5をまずは選択

クリオの日本仕様となるルーテシア。このクリオの最新型ラリー仕様がラリー5となる

 ということで私も大いに迷った。最後は大パワーの後輪駆動車かと。いや、もう少し詳しく書くと、すでに2台ほど純エンジン車のマニュアルを堪能する予定。

 1台はルノークリオのラリー5。安全燃料タンク付きのシーケンシャル5速ドグミッションの車両で、ラリーに出場する時だけ公道を走る許可が出る純粋な競技車です。これを老後の定期預金を崩して買った(泣)。

1300ccターボで180psの本物ボーイズレーサーだ。もう1台は全日本ラリーで乗るGRヤリス。マニュアルミッションのFFと4WDの純エンジンを楽しめそう。

次ページは : ■高性能FRガソリンスポーツが欲しいなら新型フェアレディZ!