最新のノア/ヴォク・ステップワゴン? それとも熟成のセレナか? 商品力と納期で考えるミニバン選び

ノア/ヴォク&ステップワゴン&セレナの三つ巴!! ミニバンの覇権は誰の手に!?

 国内で人気の高いボックスタイプミニバンだが、世界的な納期遅延の影響を大きく受けている。特に新型が発売されたばかりのホンダ ステップワゴンやトヨタ ノア/ヴォクシーは深刻な状態にあるといえる。

 そんな中販売台数を増やしているのが、モデル末期の日産 セレナだ。納期も比較的早く、しかも熟成による完成度の高さも評価が高い。

 そんな商品力と納期を比較しながら、これら人気ミニバンの魅力を比較する。

文/小林敦志、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】白熱の3ウェイマッチ!! トヨタ ノア/ヴォクシーvsホンダ ステップワゴンvs日産 セレナ!!(12枚)画像ギャラリー

■ミニバン販売合戦に水を差す納期遅延

2022年1月13日に登場した新型トヨタ ノア&ヴォクシーだが、納期はおおむね2023年春ごろとザックリと示されているのが現状だ(写真はノア)

 2022年1月13日に新型トヨタ ノア&ヴォクシーが正式発売となった。サプライチェーンが混乱するなか、減産や工場の稼働休止などが相次ぎ満足する供給体制がとれないなか、さらに日本国内では新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大がさらなる追い打ちをかけた。

 今後も中国各地で多発している新型コロナウイルスの感染再拡大や、ロシアのウクライナ侵攻なども影響してくるので、事態の収束は長期化が避けられそうもない。

 そもそも世の中がここまで混乱していなくても、新型車のデビュー直後は受注が集中し、納期が乱れる(遅くなる)のだが、今回の新型ノア&ヴォクシーは世の中が混乱しているなかでの新型発売なので、正式発売直後から深刻な納期遅延状態となった。

 さらに一部オプションを選ぶとさらに納期が延長となってしまい、現状販売現場では「おおむね納車は2023年春ごろ」とザックリした案内しかできない状況となっている(オプションコード38C[トヨタチームメイト]を選ぶと2023年夏以降の納車予定となっている)。

 これは単に「納車は2023年春になりますよ」というものではなく、「とりあえず納期は大幅に遅れるがいつになるのかわからない、だいたい2023年春ごろを見ていて欲しい」というところに、いまの納期遅延の深刻な問題がある。

 ノア&ヴォクシーのライバルとなるホンダステップワゴンも本稿執筆時点では正式発売まであとわずかとなっている。

 2022年初頭に新型ステップワゴンをお披露目したタイミングで、取り扱う某ホンダカーズ店へ行くと、「すでに正式発売のタイミングが予定よりズレこんでおり、正式発売後に発注すれば納車が2023年に入ってからになるのは避けられないだろう」とのことであった。

 本稿執筆時点でホンダのウエブサイト上にあるモデル別の工場出荷時期の目途において、新型ステップワゴンはガソリンで4カ月、HEV(ハイブリッド車)で5カ月となっている。おおよその納期目安はこれに1カ月足すことになるので、ガソリンで5カ月、HEVで6カ月となっている。

 5月27日に正式発売されたが、発売直後に発注すればHEVでは納車は早くて2022年12月となるが、発売直後は発注が集中しさらなる納期遅延となる可能性が高いので、納車は2023年なってからと考えていたほうがいいだろう。

■参戦を控える「第3の勢力」日産 セレナの状況は?

現行型日産 セレナ。気になるモデルチェンジ時期は、当初は2022年末といわれていたが、最近では2023年にずれこむと見込まれている

 新型ノア&ヴォクシー、そして新型ステップワゴンが納期遅延に悩まされるなかで、この2車のライバルとなる日産セレナは少々状況が異なっている。

 日産セレナは現状ではなかなかモデルチェンジ時期が読みにくい。当初2022年末との情報がメインで飛び交っていたが、最近では2023年になってからとされており、ややズレこむ見込みとなっており、販売現場でも「モデルチェンジは当初予定より先になりそうだ」との話が聞けた。

 販売現場で聞くと、希望車種が受注生産車(受注してからメーカーに生産を発注する)であっても4カ月ほどで納車となり、見込み発注(ディーラーが売れ筋車を先行して発注すること)車なら納期はさらに短くなり、ケースによっては翌日に納車することも可能とのことであった。」

 もちろん値引き額も拡大傾向となっている。ウエブサイト上であっても“45万円お得”といった表示は珍しくなく、50万円近い値引き額が常態化しているともいわれている。さすがにこのレベルの値引きはノア&ヴォクシーやステップワゴンでは難しいのが現状となっている。

 “早い(納期)”、“安い(値引き額拡大)”とくれば、この4車(ノア、ヴォクシー、ステップワゴン、セレナ)のなかで、販売台数ではセレナの圧倒的なひとり勝ちになってもおかしくないのだが、実態はそうでもないことになっている。

 自販連(日本自動車販売協会連合会)統計をベースに、先代ノア、ヴォクシー、エスクァイアが2021年9月末にオーダーストップとなっているので、翌月の2021年10月から2022年3月までの4車(ノア&ヴォクシーは合算、あとはステップワゴンとセレナ)の単月販売台数の推移をグラフにしてみた。

ミニバン3車販売台数の推移

 2021年10月は日本国内において全般的に新車の生産工場の稼働停止などが行われ、新車販売台数はまさにボロボロの状況であった。

 そこから年末へ向け回復基調となり、ノア&ヴォクシーは先代モデルのバックオーダーの消化のための生産を続けた。そこにはディーラーの見込み発注分も含まれているので、各ディーラーは先代の在庫車も売りまくった。

 いつもどおりとはいかない、少なめの在庫のなかでも最後の1台まで積極的に売り尽くし、セレナやステップワゴンを寄せつけない結果となった。

 年が明け2022年になると、セレナのグラフが上昇傾向になっていることがわかる。ステップワゴンは2021年11月に現行モデルがオーダーストップ(あるいは生産終了)していると聞いており、グラフは下降している。

 ノア&ヴォクシーは1月についてはモデル切り替えの端境期であり、さらに2月も含めると、オミクロン株の感染爆発もあり生産の滞りも目立ち、バックオーダーは増え続けたが、納車が進まない状況がグラフから見えてくる。

 セレナは2021暦年締め年間販売台数ベースでの月販平均台数は約4900台なので、2月は約1000台、3月は約3100台多く販売している。しかし3月は事業年度末ということもあり、ノア&ヴォクシーの生産もかなり持ち直した結果。セレナはノア&ヴォクシーの合算販売台数に対し約54%となっている。

 ノアより売れているヴォクシー単体と比較すると104%とはなる。しかし、供給体制ではるかに苦戦しているトヨタの同クラスミニバンに対して納期が早く、値引きも破格提示が期待できるセレナへ流れるお客さんは限定的に見える。

 納車が2023年になるともいわれているノア&ヴォクシーを選ぶお客が依然としてこのクラスでは目立っているというのが統計からも見ることができる結果となった。

次ページは : ■ミニバン販売現場の事情

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ