実はフリードこそが意外な強敵!? 新型ステップワゴンの賢いグレード選びと買い方

もしかしたら同門フリードには勝てない!? 新型ステップワゴンのグレード選びと注意点

 7年ぶりに一新された新型ステップワゴンが発売されてから、早1カ月が経過した。「素敵な暮らし」をグランドコンセプトにし、先代よりもエクステリアや室内空間、安全性能を充実させた。

 さらに車両感覚がつかみやすい視界と乗り物酔いをしづらくする工夫で、多人数で乗るミニバンの機能を向上させた。

 そこで、本稿ではフルモデルチェンジし、進化した新型ステップワゴンのグレード選びと買い方について解説。さらに同門であり、ライバル車でもあるホンダフリードにくいつくことはできるのか、考察する。

文/渡辺陽一郎、写真/奥隅圭之、雨田芳明、HONDA

【画像ギャラリー】シンプルな「エア」と充実装備の「スパーダ」 グレード選びが悩ましい新型ステップワゴンと同門ライバルのフリード(29枚)画像ギャラリー

気になる新型ステップワゴンのグレード選び方とは?

新型ステップワゴンのグレード構成は、エア、スパーダ、スパーダプレミアムラインの3種類。写真はシンプルでクリーンなデザインのエア

 最近登場した新型車のなかで、最も注目されるのがステップワゴンだ。ミニバンの主力車種だが、最近はライバル車のノア&ヴォクシーやセレナに販売面で差を付けられていた。そこで7年ぶりに一新して、人気の回復を狙っている。

 新型ステップワゴンの特徴は、多人数で乗車するミニバンの機能を改めて見直したことだ。ドライバーと同乗者の両方が車両の周囲を見やすいように、視界には特に気を使った。視界の向上は安全運転にも役立つ。

 居住性では3列目シートの座り心地を改善して、多人数が長距離を快適に移動できるようにした。ボディ剛性の向上などにより、乗り心地の粗さも払拭され、多人数がリラックスして乗車できる。

 そこで新型ステップワゴンのグレード選びと買い方について考えてみたい。

 新型ステップワゴンのグレード構成は、エア、スパーダ、スパーダプレミアムラインの3種類に分けられる。パワーユニットは、ハイブリッドのe:HEVと1.5Lターボの2タイプだ。この両方を3種類のグレードで選択できる。

 駆動方式は、e:HEVは前輪駆動の2WDのみで、ターボでは4WDも選べる。シートの配列は、2列目がセパレートタイプになる7人乗りが基本で、エアとスパーダにはベンチタイプの8人乗りも用意した。

 選ぶときは、まずエア、スパーダ、スパーダプレミアムラインを決める。エアはフロントマスクを穏やかなデザインに仕上げ、内装色も、ブラックに加えて明るいグレーを選べる。シート生地はベーシックなファブリック素材だが、伸縮性があり、座り心地を柔軟に仕上げた。

 スパーダは精悍かつスポーティな印象で、フロントマスクは、エアに比べると存在感を強めた。内装色はブラックのみで、スポーティ感覚を大切にしている。

装備に不十分? ステップワゴン「エア」にないものとは

 新型ステップワゴンのコンセプトは「安心と自由」「くつろぎの室内空間」だから、車両のコンセプトに沿った代表グレードはエアだ。今のミニバンには、エアロパーツを装着してフロントマスクも存在感を強めた車種が多いが、この傾向が好みに合わないユーザーにとって、新型ステップワゴンのエアは共感の得られるクルマになっている。

 しかしエアは、スパーダに比べて、装備に不十分な面があるから注意したい。後方の並走車両を検知して知らせるブラインドスポットインフォメーション、曲がる方向を照らすLEDアクティブコーナリングライト、7人乗りの2列目シートに備わる乗員のふくらはぎを支えるオットマン、テールゲートの電動開閉機能などは、スパーダには標準装着されるのに、エアではオプションでも装着できない。

 e:HEVの作動を調節する減速セレクターが、スパーダには標準装着されてエアには採用されない違いもある。コンセプトでは、エアが主力となるべき代表グレードなのに、装備が足りずに選びにくくなっている。

 特にブラインドスポットインフォメーションは、安全性を高める上で大切だ。ミニバンは家族を同乗させるから、ユーザーはほかのカテゴリー以上に安全性を重視する。エアにブラインドスポットインフォメーションを装着できないと、ユーザーニーズに応えられない。

 エアに装着できない理由は、スパーダとはボディ後部の形状が異なるからだ。ブラインドスポットインフォメーションのユニットは、テールランプの下側付近に内蔵されるが、エアのボディ後端には丸みがあり、スパーダは角張っている。

 この違いにより、エアにはブラインドスポットインフォメーションのユニットが収まらなかった。このほかオットマンやテールゲートの電動開閉機能なども、ミニバンにとってニーズの高い大切な装備だ。

次ページは : ステップワゴンを買うなら、どのグレードがベストか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ