ハイブリッド追加でさらに魅力が増したロッキー/ライズ!! 今こそ同条件でヤリスクロスとガチバトル!!

ロッキー/ライズにHVがラインナップ!! 同条件でもう一度比較したいヤリスクロスvsロッキー&ライズ

 使い勝手や取り回しの良さ、そして購入しやすい価格で人気の高いのがコンパクトSUVだ。現在トヨタ店ではほぼ同クラスのSUVとしてヤリスクロスとライズ(ダイハツロッキー)を販売している。

 この2車を比べると、これまではハイブリッド(HV)が欲しければヤリスクロス、手ごろな価格で選べばロッキー/ライズというすみわけだった。しかし、ライズ/ロッキーにハイブリッドが設定されたことで、また評価が変わってきている。

 そこで改めてこの2車を渡辺陽一郎氏にガチンコで比べてもらった!

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】人気のコンパクトSUVがさらに充実!! トヨタ ヤリスクロス&トヨタ ライズ&ダイハツ ロッキー(16枚)画像ギャラリー

■人気のコンパクトSUV ヤリスクロスとロッキー/ライズを比較

2020年登場のトヨタ ヤリスクロス。販売も好調だ

 最近はコンパクトSUVの人気が高い。特に注目されるのが、トヨタヤリスクロスと、ダイハツ ロッキー&トヨタ ライズだ。

 ヤリスクロスは2020年に発売され、販売は好調に推移している。2022年1~3月の1か月平均登録台数は、約8700台(コンパクトカーのヤリスとGRヤリスを除く)であった。

 ロッキーの1か月平均登録台数は約2100台だが、トヨタに供給されるOEM車のライズは、約1万台に達した。新型コロナウイルスの影響を受けながら販売は好調で、ヤリスクロスを上まわり、SUVの最多販売車種になっている。

 ライズが好調な背景には、2021年11月に追加されたハイブリッドの影響もある。今ではライズの販売総数の内、約55%をハイブリッドが占める。

 一般的にハイブリッドの価格は、ノーマルエンジンに比べて35~60万円高いが、ライズで売れ筋のZは28万9000円の上乗せに抑えた。ハイブリッドを割安に追加したことも、ライズが好調に売られている理由だ。

 そこでヤリスクロスハイブリッドZ(258万4000円)と、ライズハイブリッドZ(232万8000円/駆動方式はいずれも2WD)を比べてみたい。同じトヨタ車でありながら、真っ向から勝負するライバル同士でもある。

■ボディサイズ/視界/取りまわし性比較

2021年11月にハイブリッドが追加されたトヨタ ライズ。ダイハツ ロッキーのOEM車で、トヨタSUVの最多販売車種となっている

 ヤリスクロスのボディサイズは、全長が4180mm、全幅は1765mmで3ナンバーサイズになる。ライズは3995mm・1695mmだから、SUVでは珍しい5ナンバー車だ。

 最小回転半径はヤリスクロスZが5.3m、ライズZは5.0mで、後者は小回りの利きも良い。ライズはヤリスクロスに比べるとサイドウインドーの下端が低めで視界も優れ、狭い裏道や駐車場でも運転しやすい。

●勝敗:ライズの勝ち

■内装のデザイン/質感/視認性/操作性比較

 ライズはトヨタ車だが、開発と生産はダイハツが受け持つ。プラットフォームを含めて、設計は大幅に異なるが、インパネなどのレイアウトは両車ともに似ている。内装の質は満足できて、メーターも見やすく、スイッチ類は扱いやすい。

●勝敗:引き分け

■前後席の居住性比較

 前席のサイズは両車とも同程度だが、座り心地はライズのボリューム感が少し強めで快適だ。

 後席の足元空間は、両車とも同程度。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には、握りコブシ1つ少々の余裕がある。SUVでは狭めだが、コンパクトなサイズを考えれば納得できる。大人4名の乗車も可能だ。後席の居住性は、両車ともに同程度だが、前席はライズが少し勝る。

●勝敗:ライズの勝ち

次ページは : ■荷室/シートアレンジ/収納設備比較