なんでCX-5とCX-8は最上級グレードが一番人気!? そのワケが衝撃すぎ


 多くのクルマは中級グレードやお買い得モデルが売れ筋となる場合がほとんど。デビューしてからしばらくは最上級グレードが人気を博す傾向にあるが、マツダのCX-5とCX-8は特別仕様車にして最高額グレードの「エクスクルーシブモード」が一番人気となっている。

 確かに内外装の装備は豪華であるが、なぜ高価格帯のグレードが支持され続けているのか!? そして新型CX-60が登場したらこの2台はどうなるのか!?

文:青山尚暉/写真:マツダ・ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】もはやアルファード超え!? CX-8の後席が豪華すぎるっ(6枚)画像ギャラリー

いまやマツダはSUVメーカー!! 悩ましいのが買い時……

かつてはプレマシーやMPVといったミニバンも存在したが、現在は市場から撤退。その受け皿となったのがCX-8

 マツダ車の人気車種は間違いなくSUV、クロスオーバーモデルである。現在の全13車種のうち6車種、つまりほぼ半数がSUV、クロスオーバーモデルであり、その中で一番売れているのがミッドサイズSUVのCX-5なのである。

 マツダがミニバンをやめ、SUVやクロスオーバーモデルに注力し、3列シートを希望するユーザーのためにCX-8を用意したこともあって、マツダ= SUV、クロスオーバーモデルメーカーというイメージはますます強くなっている(もちろん、ロードスターやマツダ2/3も人気だが)。

 そしてもうひとつ、最近のマツダ車に言えるのは、毎年のように年次改良があり、その範囲がけっこう小さくないため、「いつ買うのが正解か、分かりにくい」というものだ。ドイツ製の某スポーツカーが、「最新が最良」と言われ続けてきたが、今の最良が、来年には過去の最良になってしまうところが悩ましい……。

CX-5&CX-8は価格も立派な最上級グレードが売れ線!!

大人気ミニバンのアルファードですら中級グレードが売れ線となっており、CX-5やCX-8はまさに異常事態なのだ

 ところで、そんなマツダ車のCX-5、CX-8の売れ行きを見てみると面白いことが分かる。CX-5を例に挙げると、2017年のデビューからもう7年を経たモデルながら、最上級(上位)グレードが売れ筋なのだという。この傾向はCX-8も同様のようで、他車では新車登場当時は別にして、販売が落ち着くと買い得感の強い中間グレードが販売の主力になることがほとんどであり(例えはアルファードのS Cパッケージが好例だ)、あまり聞かない話なのである。

 CX-5のグレードを見てみると、ガソリンエンジン搭載車のベースグレードが20S スマートエディションで、2WDが276.85万円。もっとも高いのが25S エクスクルーシブモードで352.55万円。マツダ自慢のクリーンディーゼルモデルはXD スマートエディション の299.75万円。そして最上級グレードがXD エクスクルーシブモードとなり384.45万円となる。その差約85万円に達する。そしてもちろん、2021年12月のビックマイナーチェンジの際に加わった、よりアクティブなスタイルと機能を持つフィールドジャーニーも、このアウトドアブームの最中、人気急上昇中である。

 一方、見た目より遥かにリーズナブルな価格で手に入ると評判の3列シートSUVのCX-8は、全長4900×全幅1840×全高1730mm、ホイールベース2930mmのアメリカン!? サイズにして、ガソリンエンジンの25S 2WDであれば300万円を切る299.42万円から手に入る。そしてもっとも高額なCX-8はクリーンディーゼルモデルのXD エクスクルーシブモードで459.8万円。それでも格安に思えるほどの車格感、立派さ、室内空間の余裕と高級感、しっかり使える3列目席の持ち主ということになる。

次ページは : 巧みなグレード構成が奏功!! CX-8→5など乗り換え層も納得のデキ