【新車を買うならどこで買う?】 本気で悩む究極の三択 カーライフ編


■車検どこに出す!? の三択

・ディーラーに出す
・代行業者に出す
・ユーザー車検にトライ

 それぞれの車検の特徴を一般論として紹介すると、

●ディーラー車検……すべてお任せで、そのメーカーのクルマに慣れたメカニックが整備してくれる。整備内容には保証が付くなど、一番無難というか安心ではある。しかしそのぶん高い傾向は否めない。

●ユーザー車検……自分で動き、現状で車検を合格できれば費用は法定費用だけなので、安さは一番。しかしそれは「車検にクリアした」というだけで、確認や必要な整備は含まれていないため自主的にプロに見てもらうなど、いろいろな意味での自己責任が必要。

●車検代行業者……価格を含め2つの中間的な存在。最近は保証が付くこともあり、安心感も増している。

 車検はクルマの使い方やそのクルマに乗る期間も加味して選ぶのがいいと思うが、そのなかで普通の人向けに三択から選ぶのであれば、日本車なら手間の少ないディーラーがやはり無難だろう。外車なら専門店に聞いてみるのも1つの手だ。

(永田恵一)

自分にあった車検を選ぼう

■クルマ売るならどこへ!? の三択

・ディーラーに下取り
・買い取り専門店
・個人売買

 新車買い換えだとしても、まずは今の愛車を買い取り専門店のインターネット見積もりサイトで買い取り額チェックすることから始める。そして一番高価買い取り額を提示してきたお店をキープ。

 そのうえで新車ディーラーで商談をしながら下取り額の交渉を進めていくのが正しい手順。新車の値引きが上限に達しても、下取り額の上乗せでプラスアルファが期待できる。

 最終的には差し引きの持ち出し額を算出し、買い取り店に売るのがいいか、新車購入店で下取ってもらうのがいいのかを判断する。

 買い取り店は、その時期タイミングによって「欲しいクルマ」が変わるので、愛車が「欲しいクルマ」だったら予想外の高価買い取りが期待できるいっぽう、一般的には人気車であっても中古車流通がダブついていたりすると買い取り額は低くなる。だから必ず買い取り店は複数のお店から見積もりを取る。

 個人売買はお金のやりとりが個人間で発生するためトラブルになりやすい。また基本的には買い手側の立場では現金一括払いという点でもハードルが高い。売買後の名義変更などの手続き面でも煩わしいため、時間に余裕がある人向けだ。

(ベストカー編集部)

もしも個人間でのやりとりになったら、十分注意して話を進めよう

次ページは : ■車中泊 どのクルマが快適!? の三択

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ