こ、これが新型アリア!!? 40インチタイヤ装着で南極へ! 「世界に一台」スペシャルマシンと日産の狙いは?

ゴツイタイヤをアリアe-4ORCEに装着!! 北極から南極へ大冒険の計画と日産の狙い

 2022年5月23日、日産は、バッテリーEV「アリアe-4ORCE」による北極から南極までの遠征「ポールトゥポール」を目的として、イギリスの探検家であるクリス・ラムゼイ氏とパートナーシップを締結したことを発表した。「ポールトゥポール」に使用されるアリアe-4ORCEは、40インチタイヤを装着した特別なカスタムマシンだという。

 カスタム版のアリアe-4ORCEはどういったマシンなのか、南極や北極での充電はどうするのか!?? 「ポールトゥポール」計画の全貌とともに、ご紹介しよう。

文/吉川賢一、写真/NISSAN、佐藤正勝

【画像ギャラリー】40インチタイヤを装着した迫力あるアリアe-4ORCEとベースとなるアリアを画像でチェック!!(12枚)画像ギャラリー

アリアとe-4ORCEの可能性を世界中に周知させるプロジェクト開始!!

 北極から南極まで、距離にして約2万7000km、気温はマイナス30度から30度まで、という、さまざまな気候条件のなかを走る「ポールトゥポール」。出発は来年の2023年3月の予定だ。北極から北米に渡り、そこから中南米を経由し、南極大陸へと向かう移動ルートには、氷河や険しい山脈、広大な砂漠など、さまざまな環境を通過する。事前準備は相当行っているのだろうが、最悪、「失敗、リタイヤ」という可能性も大いにあるなか、このチャレンジの狙いはもちろん、「アリアとe-4ORCEの可能性を世界中に知らしめるため」だ。

 日産の副社長、星野朝子氏によると、「アリアは、より遠くへ、より簡単に、より快適に移動することを可能にします。さまざまな路面で安定性とトラクションを高めるe-4ORCEを搭載したアリアは、このチャレンジングな旅の最適なパートナーとなることでしょう」としており、日産の長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」でも語られていた「ワクワクする商品と技術によって移動と社会の可能性を広げていくこと」にも通じる。

アリアのステアリングを握る、イギリスの探検家であるクリス・ラムゼイ氏

 ちなみに今回のラムゼイ氏は、2017年のモンゴル・ラリーに、妻のジュリー氏とともに日産リーフで参戦、見事、完走を果たしている。彼らは、「BEV(電気自動車)が最も過酷な環境でも対応できることを証明すること」を使命にしているそうで、そこに賛同した日産がスポンサーとなり、探検のパートナーになった、という構図だろう。

 現在日産は、ポールトゥポールのチームらと企画、エンジニアリング、テスト、コンテンツ制作など、多岐に渡って協力しているそうだ。

タイヤサイズはなんと40インチ!? 極地では風力と太陽光を介した再生エネルギー発電で充電

タイヤサイズはなんと40インチ。その分、航続距離は短くなるが、生きて帰るためには走破性の確保の方が重要だ

 もちろん、アリアのカスタマイズも日産が全面的にバックアップ。プレスリリースでは、北極圏や南極圏での極寒の環境や、過酷な地形での走行にも対応できるよう、ホイールやタイヤ、サスペンションに加えて、エクステリアもカスタマイズするとあったが、詳細は明らかとなっていない。また、帯同するもう1台のアリアe-4ORCEは全くの標準車両であり、遠征をサポートする役目を担うという。

 本件について、日産広報に取材したところ、今回の遠征で使われるアリア(カスタマイズされる車両、帯同車ともに)は、フル充電で456kmの航続距離をもつイギリス市場仕様のe-4ORCE車両だという。しかも、パワートレインやバッテリーは、通常の市販車と異なる改造を行う予定はないそうだ。

 タイヤサイズはなんと40インチ。その分、ベース車両の456kmよりも航続距離は短くなるが、生きて帰るためには走破性の確保の方が重要だ。加えて、岩や氷による損傷を防ぐため、車体下部にはプロテクションも装着される。ティザー写真を見ると、この大径タイヤを装着するために、リフトアップとフェンダー拡幅に加えて、フロントバンパーにはフォグランプらしき装備も追加されている。

 装着しているオールテレインタイヤにある赤いラインは、雪上走行用のタイヤチェーンを装着しているのだろう。とにかく、砂漠や岩場、地割れ、雪原やクレバス地帯など、どんな路面であっても走破が出来るようにカスタムされるようだ。

 改良したアリアの航続可能距離についてはわかっていないが、おそらく300km程度の航続距離にはなってしまうはずだ。そうなると単純計算で90回、100回以上の充電を行うことになる。北米大陸と南米大陸を通過している最中は、充電スポットが潤沢にあるはずなので問題ではないだろうが、問題は極地。日産広報によると、極地では風力と太陽光を介して再生エネルギーを提供するポータブルシステムを含む方法で行うという。なかなかハードな旅路となるが、面白い企画だ。

 2023年3月のスタートまであと9カ月、続報があれば、またご紹介しよう。

【画像ギャラリー】40インチタイヤを装着した迫力あるアリアe-4ORCEとベースとなるアリアを画像でチェック!!(12枚)画像ギャラリー