シビックSi アルトワークス…昭和に強烈なインパクトを残したホットハッチ10選

シビックSi アルトワークス マーチスーパーターボ… 極限までパワーアップし昭和に強烈なインパクトを残したホットハッチ10選

 ベストカー読者の多くの皆さんにとって、「ホットハッチ」と言えば昭和の時代、日本車の性能がグングン引き上げられていくなか、各自動車メーカーが力を入れて送り込んできたクルマたちの、あの忘れえぬ強烈な衝撃だ、という方も多いだろう。

 あのクルマが抜けている! といった譲れないこだわりをお持ちの方ももちろんいらっしゃることとは思うが、ここではベストカーが独断で「昭和の時代を彩った、強烈インパクトのホットハッチ」という視点でこの10モデルを選んでみた。

 企画担当的には、シティターボやカルタスGT-iもさることながら、軽とはいえ1987年のアルトワークスの衝撃は、あまりにも強烈だったなぁ。

※本稿は2022年4月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出/ベストカー2022年5月26日号

【画像ギャラリー】令和には考えられない!! 超軽量ボディ×ハイパワーエンジン搭載のホットハッチ10台をギャラリーでチェック(16枚)画像ギャラリー

■ホンダ シティターボII(1983年)

シティターボII(ホンダ・1983年)は全長3420×全幅1625×全高1470mm、車重735kgのコンパクトボディに1.2Lスーパーチャージャーを搭載したまさにホットハッチ

 背高コンパクトカーのシティに100psのターボエンジンを突っ込んだのが1982年9月登場の「シティターボ」。

 翌1983年10月にはインタークーラーがついて110psにパワーアップ。ブリフェンで迫力の「ターボII」は「ブルドッグ」と呼ばれた。

■ホンダ シビックSi(1984年)

 3代目"ワンダーシビック"に135ps/15.5kgmを発揮する1.6L、DOHCエンジンを搭載したSiが登場。

 もともとホットハッチの要素が大きかったシビックだが、パワフルなエンジンを得て、本格的なホットハッチとなった。

■ダイハツ シャレード デ・トマソ(1984年)

 2代目シャレードとイタリアのレーシングコンストラクター「デ・トマソ」とのコラボで生み出されたスポーツモデル。

 1Lターボは80psだったが690kgの車重で走りは軽快。MOMOステアリングや金のカンパニョロホイールがレーシー。

■マツダ ファミリアGT-X(1985年)

 正統派ホットハッチとも言えるハンドリングと動力性能のバランスに優れたクルマ。

 140psの1.6Lターボはパワフルだったが、日本初のフルタイム4WDがそのパワーをしっかりと路面に伝え、気持ちよく走ることができた。

■トヨタ スターレットターボ(1986年)

 実用コンパクトカーのスターレットに1.3Lターボを搭載した、まさに“かっ飛び”ホットハッチ。

 当初は105ps/15.2kgmだったが1987年に110ps/15.3kgmにパワーアップ。じゃじゃ馬的な楽しさのあるクルマだった。

■スズキ カルタスGT-i(1986年)

 1983年登場のカルタス。1984年に直3、1Lターボ搭載車が設定され、さらに1986年6月に97psを発揮する直4、1.3L、DOHCを搭載するGT-iが加わった。

 1987年には110psにパワーアップ。ギンギンだったなあ〜!

■日産 マーチスーパーターボ(1989年)

マーチスーパーターボは全長3735×全幅1590×全高1395mm。770kgの車重に4気筒を搭載。スーパーチャージャー+ターボのダブル過給だった

 1989年1月登場なので、ちょうど昭和から平成になった頃。930cc直4ターボのターボとスーパーチャージャーのダブル過給。

 低速から反応よくトルクが立ち上がり、豪快な加速が魅力的。110ps/13.3kgmを発揮。

次ページは : ■スズキ アルトワークス(1987年)

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ