クルマとバイクを愛したキング・オブ・ロックンロールの偉大な軌跡!! 映画『エルヴィス』本日公開!!

クルマとバイクを愛したキング・オブ・ロックンロールの偉大な軌跡!! 映画『エルヴィス』本日公開!!

 エルヴィス・プレスリーといえば、ロックの偉大なアイコンとして知らぬもののいない存在だ。ゴージャスなルックスに魅力的な歌声は、いまだに色褪せていない。

 2018年に偉大なクィーンの伝記映画が大ヒットしたが、今度はプレスリーの生涯が映画化された。

 私生活ではクルマとバイクを愛した彼を描く映画『エルヴィス』をご紹介しよう!

文/渡辺麻紀、写真/ワーナー・ブラザース映画
(C)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

【画像ギャラリー】音楽で世界を変えたすべてのロックンローラーの父!! 映画『エルヴィス』を観て聴いて腰を振れ!!(10枚)画像ギャラリー

■ロックンロールの原点にして頂点

エルヴィス・プレスリーの半生を描いた映画「エルヴィス」。つまりロックンロールの誕生を描いた映画ともいえる
エルヴィス・プレスリーの半生を描いた映画「エルヴィス」。つまりロックンロールの誕生を描いた映画ともいえる

 フレディ・マーキュリー&クィーンを描いた『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)が大成功を収めたからか、ハリウッドではちょっとしたミュージシャン伝記映画がブームになっている。

 マイケル・ジャクソンやマドンナ、ホイットニー・ヒューストンたちの映画が企画されているなか、いち早く公開されるのがエルヴィス・プレスリーを描いたその名もズバリの『エルヴィス』。

『ハートブレイク・ホテル』や『監獄ロック』、『ハウンド・ドッグ』に『ラブ・ミー・テンダー』等の大ヒットによって「世界史上もっとも売れたソロアーティスト」の一位にランキングされ、ロックンロールの神様とも呼ばれる彼の波乱に富んだ人生にスポットを当てた音楽伝記映画だ。

 メガホンを取ったのは『ロミオ+ジュリエット』(1996)や、『ムーラン・ルージュ』(2001)等のミュージカルでも知られるバズ・ラーマン。プレスリーを演じているのは、これが初のメジャー映画主演作となる『デッド・ドント・ダイ』(2019)等のオースティン・バトラー。

 このバトラー、素顔はいまどきのハンサムだが、メイク等に頼ることなく、声も表情もダンスもちゃんと“エルヴィス”しているから驚かされる。

 映画はプレスリーがブレイクした1950年代から亡くなる1970年代までを駆け抜ける。上映時間は2時間39分にも及ぶのだが、彼の音楽とステージがふんだんに散りばめられ、目にも耳にも刺激的で退屈する暇がない。

 ストーリーも、エルヴィスの人気を決定づけたという腰を激しく振って歌うスタイルの生まれたきっかけや、それを裏付けるような社会や政治に対する反骨精神を浮き彫りにして、彼の人生観のみならず、当時のアメリカ社会の思想や価値観をも伝え、単なる音楽映画の枠を超えたアメリカの近代史的な面白さもある。

 その一方で、家族や関係者の呪縛からは抜け出すことが出来なかった痛々しい私生活も描かれ、まさに「波乱に富んだ人生」が繰り広げられるのだ。

次ページは : ■世界一有名な「エルヴィスのクルマ」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ