ノア/ヴォクシーの「こってり顔」とステップワゴンの「すっきり顔」 これから生き残るミニバンの顔はどっちだ!?

ノア/ヴォクの「こってり顔」とステップワゴンの「すっきり顔」 これからのミニバンの顔はどちらに軍配が上がる?

 「こってり」と「すっきり」とかいうとラーメンの話題のようだが、今回はクルマのフロントマスクの話だ。そしてその中でも話題になっているのはミニバンのデザインだ。

 トヨタなどはもともと両方用意していたのだが、現行のノア/ヴォクシーから派手な「こってり」顔に絞り、全車3ナンバー登録となった。一方でホンダはステップワゴンで「すっきり」顔を主軸に据えてきた。

 今回は清水草一氏にミニバンのルックスの将来を占ってもらった。

文/清水草一、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】「こってり」派の台頭が続く? 「すっきり」派の逆襲が始まる? ノア/ヴォク&ステップワゴン顔くらべ!!(10枚)画像ギャラリー

■3割の「すっきり」派にかけたホンダ

ホンダ新型ステップワゴン(AIR)。そもそもノア/ヴォクシーに勝とうとは思っておらず、こってりを苦手とするユーザー向けに開発されている

 新型ステップワゴンと新型ノア/ヴォクシー、こってり顔とすっきり顔はどっちが勝つのか!? という記事が多くのサイトを賑わせているが、勝負は最初からついている。こってり顔の勝ちだ。

 そもそも新型ステップワゴンは、ノア/ヴォクシーに勝とうとは思っていない。勝てないまでも独自路線を際立たせ、もう一度存在感を確立するために、あえて超シンプルデザインを選択したのだ。

 ホンダの事前調査では、ミニバンユーザーはこってり顔支持が約7割、すっきり顔派は約3割という結果が出ていた。開発責任者の蟻坂氏は、「なにより私、好きじゃないんです、ああいうテイスト(こってり顔)が」と語っており、支持派が3割いれば将来性はあると、そこに賭けたのだ。

 が、受注台数を見ると、いまのところノア/ヴォクシーの圧勝だ。ノア/ヴォクは、受注開始から約2か月で7万台の注文を集めたが(ノア/ヴォクの比率はほぼ半々)、ステップワゴンは、受注開始から4か月後(6月)で約2万2000台にとどまった。

 ステップワゴンは受注開始から発表までの期間が長いので、厳密な比較はできないが、7:3ではなく、8:2に近い結果になっている。

 ステップワゴンに関しては、最もシンプルデザインの「エアー」が、装着できないオプション装備が多いという理由で販売不振なのも、多少響いているかもしれない。

 「本当はエアーが欲しかったのに、装備を考えるとスパーダにするしかない。ならもうちょっと待って、装備が充実したエアーが出るのを待とう」というユーザーがいる可能性もある。

 ただ、大勢に影響はないだろう。この勝負、現状ではこってり顔の完全勝利である。

 ところで、ノア/ヴォクやステップワゴンの新型が出る前、昨年のミニバン市場はどうだったのか、それを振り返ってみよう。

次ページは : ■続く「こってり」の台頭……「すっきり」の逆襲はあるのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ