少数派となった現代も輝き続ける! オラオラ顔なんて目じゃない「丸目カー」の魅力を探る


 技術の進化とともに、複雑かつ小型のヘッドライトが作れるようになったことから、近年、自動車デザインのトレンドとなっているが「ツリ目」こと、細くシャープなヘッドライトだ。しかし一方で、かつて主流だった「丸目」ライトは、ミニやジープに代表される古典的でファニーなモデルの象徴となっている。

 「ツリ目」が主流となった現代では、個性派となった感もあるが、ジムニーのヒットを見るにつけ、老若男女さまざまな人に愛される象徴でもあることはたしか。そこで本稿では、丸目の魅力について深堀りしつつ、現行型モデルの丸目カーや丸目カーの歴史について解説していく。

文/フォッケウルフ
写真/BMWジャパン、日産、トヨタ、三菱、ホンダ、スズキ、ダイハツ、ステランティスジャパン、メルセデス・ベンツ日本、マツダ、ジャガー、スバル

【画像ギャラリー】魅力的な丸目のクルマをさらに写真で見る!(13枚)画像ギャラリー

■丸目ヘッドライトが人に与える印象とは?

 クルマのヘッドライト(前照灯)は、夜間でも走行できるよう路面状況を把握したり、歩行者や障害物、道路標識などをスムーズに認識するなど、ドライバーが視界を確保するための装置だ。クルマに取り付けられたのは1890年頃と言われ、ろうそくや石油ランプ、アセチレンランプなどから始まり、1900年代に入ると白熱灯、そしてハロゲンランプが主流となり、現在ではHIDやLEDが光源に用いられるようになった。

 こうした光源の進化や形状成形技術の進化に伴って、ヘッドライト本体の構造はコンパクトかつスタイリッシュなものへと変貌を遂げた。その結果、現代ではシャープで薄型のツリ目型ヘッドライトがトレンドとなっている。

最近のトレンドとなったシャープな薄型ヘッドライト。成形技術の進化でかなり薄型のライトを製造することが可能となった

 ヘッドライトがクルマの顔(フロントフェイス)を構成する重要部品であることは言わずもがな。スポーティな印象を強調したければ「鋭い眼光」が表現できる造形にしたり、フロントグリルのデザインと組み合わせることで「微笑んでいる」ように見せたりするなど、ヘッドライトとその周辺部品のデザインは、クルマが持つ世界観を表現する役割を担っている。

 斬新さやオリジナリティを主張するライトの採用車種が増えているなか、あえて往年の「丸目」を採用したクルマは少なからず存在し、丸目によって表現した個性は、その狙い通りユーザーの心をしっかりと捉えている。

 事実、筆者も駐車場から出庫する時、その場にいた女子から「あのクルマかわい~」と言われるなど、丸目ヘッドライトがいかに愛されるものであるかを実感した。女子ウケがいいだけでなく、その「つぶらな瞳」は、切れ長でシャープな顔つきのクルマにはない癒しを与えてくれる。もちろん「他とは違う」ことの表現に大きく貢献し、丸目を採用した車種はおおむね「オシャレ」なクルマとして認識されがちだ。

■現在新車で買うことができる主な丸目カー

 数は決して多くないが、丸目ヘッドライトによって独特の個性を主張するクルマを、現行モデルのなかからクローズアップしてみよう。近年、丸目ヘッドライトを採用する車種の傾向としては、歴史や伝統を頑なに守るという狙いがある。クラシカルな雰囲気を演出する効果があることから、「往年の名車」感を出すにはうってつけであることも丸目ヘッドライトの特徴と言っていい。

●ホンダ N-ONE

モチーフとなったN360のイメージを表現するべく丸目を採用。若干の形状変更はあったが、2代目でもそのイメージを踏襲している

●スズキ ジムニー

先代型は角型ヘッドライトの内部が丸型に光るライトとしていたが、現行型では旧来の丸目ヘッドライトを採用して個性をアピール

●ダイハツ コペン

現行型デビュー時、「丸目と決別!?」と思わせたが、発表から1年後に、第3のモデルとして丸目ヘッドライト採用のセロが登場した

●スズキ ハスラー

丸目ヘッドライトを基本としながら、周囲にメッキガーニッシュをあしらって存在感を主張したデザインを現行型でも採用している

●MINI

オシャレ輸入車の筆頭。デイライトの光り方も個性的だが、ボンネットが丸目ヘッドライトありきの形状になっているのも洒落ている

次ページは : ■過去に輝き世界を魅了してきた丸目カー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ