いまこそ体に叩き込んでおきたい 明日からできる省燃費運転術 3選

いまこそ体に叩き込んでおきたい 明日からできる省燃費運転術 3選

 ガソリンなどの燃料費の価格の高騰がつづいています。燃料をいれるたびに、レシートを見て、ため息が出てしまう方も多いことでしょう。

 ただ、燃料代は、日々の運転操作にすこし気を付けることで、多少抑えることができます。省燃費なクルマへ乗り換えるにはお金がかかりますが、運転操作を工夫するだけならタダだし、食料品や生活必需品も値上げラッシュとなっているいまは、すこしでも出費を抑えたいところ。今すぐできる省燃費運転術をいくつかご紹介しましょう。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:Adobe Stock_umaruchan4678
写真:Adobe Stock、写真AC

【画像ギャラリー】いまこそ体に叩き込んでおきたい 明日からできる省燃費運転術と事前準備(6枚)画像ギャラリー

「ふんわりアクセル」と「一定速走行」

 ガソリンを最も消費するのは「発進時」。発進から5秒間で時速20km程度までを目安する「ふんわりアクセル」を心がけることで、10%も燃費が改善する、とされています。

 一般的なオートマティックトランスミッションのガソリン車の場合、発進時にブレーキペダルを放してアクセルペダルを踏み込む前に、クリープ現象を使ってスルスルと前に進み出す力を利用します。クルマが少し前進を始めたら、アクセルペダルをゆっくりと踏み込み、スピードを合わせればOK。その際、エンジンの回転数(回転計がない場合はエンジンの音)を気にしてください。上手く加速ができれば、エンジン回転数(もしくは音)は低いまま、スピードに乗せることができます。これだけでも、省燃費が期待できます。

 ただし、登り坂ではクリープ現象による惰性走行を利用できません。また交通の流れが早い道路では、後続車の邪魔となってしまいますので、シチュエーションに応じてとり入れるようにしてください。

 もうひとつ、走行中に車速を上下させない「一定速走行」も省燃費には効果的。一般道だと時速40~60km程度、高速道路だと時速80km程度で一定速走行をすれば、エンジンの効率がもっともよく、燃費が伸びやすくなります。車間距離を十分にとって、無駄な加速・減速を行わないよう、アクセルペダルを極力踏み込まずに、車速が落ちてきたら少しだけ踏みまして戻す、そうした操作を繰り返します。

 もしクルマに瞬間燃費計があれば、たまに見ながら、アクセルペダルの踏み加減を調節してみてください。意外と効果的なことに気づくと思います。

ガソリンを最も消費するのは「発進時」。発進から5秒間で時速20km程度までを目安する「ふんわりアクセル」を心がけることで、10%も燃費が改善(PHOTO:Adobe Stock_Imaging L)

ハイブリッド車は「ググッ」と加速、「パッ」とアクセルオフ、「フワッ」と巡行

 ハイブリッド車の場合だと、「エンジンを使う時間を極力短くして、モーターで走行する時間をできるだけ増やす」ことがコツ。信号待ちなど、完全停止したところから発進するようなシーンの場合、モーターの持つ「初動からのトルクの強さ」という特徴をフル活用して、「ググっ」とやや強めの加速を行ってスピードに乗せます(もちろん、前走車がいる場合は、前走車の動きにあわせてください)。ここがガソリン車とは違う点です。

 目標車速(一般道では50〜60km/h)に近づいたら、アクセルペダルを完全に「パッ」と戻し、エンジンが止まる瞬間を、音や振動、メーター内の表示で確認します。クルマへ「もう加速する必要がない」と認識させることがポイントです。

 巡行走行中は、エンジンが起動しているのか否かを常に感じながら、アクセルペダルをこまめにもどし、エンジン休止状態を続けます。スピードが落ちてきたら、少し強めに加速をして、また巡航速度に乗せたらアクセルペダルを離す、といった操作を繰り返します。

 かつて日産が、フーガハイブリッド(10・15モード燃費は19km/L)で、横浜~鹿児島間の1373kmを無給油で走破したときにも、電動走行が可能な車速80km/h未満で、極力エンジンを起動せずに一定速走行を行ったそうです。

次ページは : 燃費に効くポイントはほかにも

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ