人気がある=完全無欠ではない!? ヤリスクロス ロッキー/ライズ ヴェゼル… 今大人気の最新国産SUV5台を〇×採点!!

人気がある=完全無欠ではない!? ヤリスクロス ロッキー/ライズ ヴェゼル… 今大人気の最新国産SUV5台を〇×採点!!

 人気がある=完全無欠ではない……と思う。

 それをチェックするために、販売台数が好調な人気車や話題車のSUVを5台取り上げた。

 EVのクロスオーバーSUVとして注目度抜群のアリア、スバルの名門ブランドとして支持を誇るフォレスター、ヤリスのSUVバージョンとして都会的な雰囲気が魅力のヤリスクロス、小柄で活発、そして手頃な価格が魅力のロッキーとライズ、洗練された内外装とe:HEVの走りで人気を得たヴェゼル。

 これら計5台の人気SUVを自動車評論家がチェックし「良い点」「悪い点」をで評価!

※本稿は2022年5月のものです
文/松田秀士、写真/NISSAN、SUBARU、TOYOTA、DAIHATSU、HONDA、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】イイところも悪いところも!? 全部わかる!! 人気&話題のSUV5台をギャラリーでクイックチェック!(20枚)画像ギャラリー

■走りのコンセプトは「乗る人すべてが感動する上質な走り」だが 日産 アリア

2019年東京モーターショーで発表されてから時間が経過したが、ようやくデリバリーが始まった日産本気の「SUEV」。WLTCモードで470kmの航続距離を誇る

●どんなクルマか?

 日産渾身のBEVのSUVで、バッテリー容量はB6が66kWh、B9が91kWh。それぞれに2WDと4WDが設定される。

●〇の部分

 〇の部分は内外装のデザインと静粛性の高さ。外装は大きくふくよかなノートという印象だが先進性は高め。

 どこか懐かしさも感じるデザインで「車内をラウンジに変える」というコンセプトにウソ偽りなし。BEV専用プラットフォームを活かした居住空間はボディサイズ以上に広々。

 静粛性の高さは他のBEVと比べても圧倒的で、ドアを閉めた瞬間からわかるレベル。一般道での走行は、風切り音やタイヤのロードノイズなどはほぼ気にならず。プレミアムブランドのモデルと比べても決して負けていないレベルだ。

●×の部分

 ×はフットワーク。具体的には重い車体を無理やりクイックに動かそうとしているハンドリング特性や、乗り心地は決して悪くないが速度域問わずピッチングが収まらないバネ上の動きなど見た目と走りが一致していない点。

 走りのコンセプトは「乗る人すべてが感動する上質な走り」だが、もう少し頑張ってほしい。

 パワートレーンは2t近い車体を軽々走らせるが、電動車の主張は少なめと感じる。筆者は自然でいいと思うが、どう評価するかはユーザー次第だ。

(TEXT/松田秀士)

●日産 アリア B6リミテッドエディション・2WD主要諸元
・ボディサイズ:全長4595×全幅1850×全高1665mm
・車重:1960kg
・最小回転半径:5.4m
・パワーユニット:モーター(218ps/30.6kgm)
・バッテリー容量:66kWh
・航続距離:470km
・価格:720万600円
・人気No.1グレード:B6リミテッドエディション
・値引き:15万円

■スバル フォレスター

●どんなクルマか?

 スバルのミドルクラスSUVで、2L+モーターのe-BOXERと1.8Lターボを設定。オン/オフともに走りの評価が高い。

●〇の部分

 まさに「SUVハンドリングカー」。水平対向で縦置きエンジンゆえの前後荷重配分のバランスがいい。

 加えてシンメトリカルAWDによる前後輪の左右ドライブシャフトが等長なので、雪道やオフロード走行時にもトルク変動による不安定を起こさない。

●×の部分

 やはり…燃費が悪い。最近は改善されてきてはいるが……。コーナリングでのロールは少ないのだが、サスペンションのリバウンド(伸び側)のストロークに余裕が充分ではなく、欧州モデルのようなしなやかなストローク感のある乗り心地ではない。

(TEXT/松田秀士)

スバル フォレスターAdvance主要諸元
・ボディサイズ:全長4640×全幅1815×全高1715mm
・車重:1640kg
・最小回転半径:5.4m
・エンジン:2L、水平対向4(145ps/19.2kgm)+モーター(13.6ps/6.6kgm)
・燃費:14.0km/L
・価格:317万9000円
・人気No.1グレード:Advance
・値引き:27万円

次ページは : ■トヨタ ヤリスクロス

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ