連日の最高気温30度越え! 人もクルマもぐったりだからこそ!! 深夜早朝ドライブのすゝめ


 夏真っ盛り、昼間の運転は、エアコンを全開にしていても日差しがツラいので極力避けたいところ。

 しかし、夏といえば、レジャーや帰省のためにクルマで遠征する人も多いに違いない。そこで、”夏のクルマの楽しみ方”として、早朝や深夜のドライブを提案したい。

文/フォッケウルフ
写真/フォッケウルフ、AdobeStock(トップ画像=image360@AdobeStock)

【画像ギャラリー】深夜早朝ドライブのおすすめ理由を写真で見る!(5枚)画像ギャラリー

■車内にいても危険な日中のドライブ!?

 2022年の梅雨明けは平年よりも3週間ほど早く、期間が21日というのも最短だった。梅雨明けの発表以来、連日猛暑日が続くなど、身体が暑さに慣れずに四苦八苦している人は多いはず。暑さには辟易しつつも、早めの夏到来は気分を上げてくれる。

 しかも、夏季休暇まで1カ月を切ったとなれば、ぼちぼちどこかへ出かけるプランでも……と考えることだろう。新型コロナウイルスの感染再拡大は気になるところだが、感染予防対策に留意しつつ、夏のドライブを楽しむためのノウハウについて考えてみよう。

 猛暑のなかでも、エアコンを使っていれば車内は快適。暑さや寒さに左右されないというのは、クルマ移動における大きなメリットのひとつだが、エアコンの効いた車内は想像以上に乾燥しているため、暑さを感じていなくても身体が不調に陥る可能性が潜んでいる。

 なかでも日差しが強い時間帯は輻射熱(ふくしゃねつ)によって水分が消費され、気づかないうちに脱水症状が進行していることもある。

暑い日に高速道路をひたすら走り続けていると頭がボーッとしてしまいがち。こまめに休憩を挟んで水分補給を!

 特に前座はフロントガラスだけでなく、サイドガラスからも輻射熱を受けるので、後部座席より体温が上がりやすくなると言われている。日中にドライブする場合は、車内の空気を十分に冷やし、カー用品や日常のアイテムなど、暑さ対策をしっかりしておきたい。

 ただ、それでも猛暑を避けられないのが真夏のドライブ。ならば、早朝とか深夜など、辛い日差しが避けられる時間帯にドライブするというのはいかがだろう。

■普段とは違った風景を楽しみたい!

 早朝や深夜ドライブの魅力は、暑さを避けられるだけではない。メリットは多々あるが、まず行動している人が少ないため道が空いているということが挙げられる。

 交通量が少ないというのは、クルマの運転を楽しみたいとか、運転に慣れたいと考える人にとっては好都合だし、出かける場合でも幹線道路や高速道路など、目的地までの道中で混雑する場面に遭遇する可能性は低い(夜間に工事をしている場合もあるが……)ので、ストレスを感じることなくドライブできる。

日の出前に出かければ、すがすがしい朝日も見られる。道も空いているし、早朝ドライブは気持ちいいことずくめ

 同じ走行時間でも早朝や深夜なら、昼間よりももっと遠くまで行くことは可能だから、キレイな夜景や昼間とは違う風景を求めて走ってみるなど、普段とは違ったドライブが楽しめるというわけだ。

 ただし注意したいのは、交通量が少ないがゆえに走行速度が上がってしまいがちなところ。そもそも法定速度を守って走るのは大前提だが、気分が上がりすぎて高速道路や幹線道路に設置されているオービスの餌食にならないよう気をつけたい。また、走行中に眠くならないようエナジードリンクやコーヒーを飲んだり、ガムを噛むとか糖分を摂取するなど、眠気を覚ますための準備をしておくといいだろう。

 寝不足や速度超過は事故を誘発する可能性もある。しっかりと準備をしてロードサービスやおまわりさんのお世話にならないように走るのが望ましいというのは、昼間のドライブと同様だ。昼間よりも無謀運転をする人がいたり、大型トラックが多いというのも注意すべきポイントと言える。

次ページは : ■渋滞を回避できるというメリット

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ