鬼教官激減も「モンスター生徒」出現? 自動車教習所のリアル 元教官が明かす最新実態

「モンスター」教官&生徒はいる? 自動車教習所の対応力とは

 運転免許を取得するときに通う教習所には、個性的な教官や生徒がいます。では、多くの人が通う教習所に、モンスターペアレントのような理不尽なことを言う”モンスター教官”や”モンスター生徒”はいるのでしょうか。

 今回は、指定自動車教習所で教官をしていた筆者が、教習所にモンスター教官やモンスター生徒がいるのか考察します。

文/齊藤優太
アイキャッチ写真/mapo– stock.adobe.com
写真/写真AC、Adobe Stock

【画像ギャラリー】教習所でモンスターにならないためには、教官の指導力と生徒の理解力が大切(4枚)画像ギャラリー

教習所にモンスター教官(指導員)はいてはならないが…?

教習中の生徒の態度が気にさわると感じても、教官が感情的になることはNGとされている(出典:写真AC)

 教習所のモンスター教官は、「絶対に”いない”」と言いたいところですが、「いない”はず”」や「いてはならない」と表現するのが正しいでしょう。教習所は、安全な運転者を育成するために、教習の水準の維持・向上に勤めなければならないと道路交通法(第98条)に定められています。そのため、教官ごとに教習の質や内容が違ったり、生徒によって態度を変えたりしてはならないのです。

 しかし、教官も感情を持つ”人”であるため、「いい生徒だな」と思ったり、「イヤな生徒だな」と感じたりすることがあります。筆者が教官をしていたときも、「素直で良い生徒だな」と思ったり、「気にさわる人だな」と感じたりしたことがありました。

 教官は、さまざまな感情を抱く”人”ではありますが、教習中に生徒に対して理不尽なことをする、つまり、モンスター化することはありません。筆者が教習所で指導していたときも、教習中に教官が生徒に対して感情的になったり、理不尽なことをしたりするのはNGとされていました。

 実際の経験からも、現代の教習所においてモンスター教官はいないといえるでしょう。ただし、教官側はモンスターになっていないと思っていても、生徒は「先生(教官)がモンスターだった」と感じてしまうことはあるようです。

 では、次に教習に通う生徒の中に”モンスター生徒”がいるのか考察します。

教習所に通うモンスター生徒の存在は?

 教習所に通うモンスター生徒は、”いる”というのが現実です。

 自動車学校に入校する生徒は、運転免許を取得するために数十万円という大金を支払い教習を受けます。そのため、「金を払ってるのに・・・」や「偉そうなことばっかり・・・」、「上から目線・・・」と思っている生徒は、少なからずいるというのが実情です。

 いっぽう、「危険を伴う乗り物を運転するための免許を取得しに来ているのだから、厳しくされることがあるのも当然」と考えている生徒もいます。

 筆者が教習所で指導していたときは、「厳しいことを言ってしまいますが・・・」と前置きをしてから運転の指摘をしたり、「車は人の命を乗せるものでもあるけど、奪うものでもあるということを理解しておく必要がありますよ」という話をしたりして、生徒が感情的にならないようにしていました。

 実際に教習所で指導していてわかったことは、生徒が運転免許制度がある理由を理解している場合、モンスター生徒になることがないということです。しかし、運転免許制度がある理由を理解していなかったり、大金を払っているのだから厳しくされるのはおかしいと思ったりしている人は、モンスター生徒になる可能性が高いといえます。

教官も生徒も人! 感情があるからこそモンスターになる

 教習する教官や教習所に通う生徒は、どちらも感情を持つ”人”です。そのため、言葉ひとつで感情が動き、”人”から”モンスター”に豹変することがあります。モンスター教官やモンスター生徒は、人としての感情があるからこそ生まれてしまうといえるでしょう。

●実際にあったモンスターの話

 筆者が教習所で指導員をしていたとき、モンスターの実話がいくつかありました。例えば、「○○先生はどうしても無理なので、二度と担当しないようにしてもらえますか?」や「○○先生と○○先生はヤダ!」というように、指導員の名前を出して拒否指名されることがあります。

 生徒から拒否指名があったとき、筆者が働いていた教習所では、生徒の意見を優先していました。つまり、拒否指名された指導員は、拒否指名をした生徒を二度と指導することがなかったのです。

 このような拒否指名があったときの対応は、教習所ごとに異なるでしょう。そのため、これから教習所に通おうと考えている方は、指導員の指名ができる学校かどうか確かめておくことをおすすめします。指導員の指名ができれば、自分自身が気持ち良く教習所に通うことができるでしょう。

 そのほかにも、「○○先生と○○先生と○○先生だけに教えてもらいたい!」という要望もありました。指導員を数名指名した生徒に詳しく事情を聞いてみると、「ほかの先生がイヤというわけではないのですが、自分との相性が良くて、理解しやすいのが指名した3人の先生だったので、お願いしました」というのです。このように、生徒自身が教官との相性を見極めて指名するというケースもありました。

●モンスターにならない方がお互いのため

 教習所で指導している教官と教習所に通う生徒は、どちらも立派な大人です。そのため、感情的になったり、どうしても納得できなかったりすることがあるのは仕方ないといえるでしょう。

 教官も生徒も気持ち良く教習を進めるためには、お互いにモンスターにならないことが大切です。お互いにモンスターにならないためには、運転免許制度の意味などを的確に説明できる教官の指導力、命に関わる乗り物を動かしているという生徒の理解力が重要だといえるでしょう。

【画像ギャラリー】教習所でモンスターにならないためには、教官の指導力と生徒の理解力が大切(4枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ