クルマ好きがよく言う「セグメント」って何なのよ!!? 意外に知らない自動車のうんちく


 当サイトをはじめさまざまな自動車媒体を読んでいると、「Cセグメント」とか「Dセグ」といったワードを見かけることがある。

 この後ろに付く「セグメント」という言葉は、ヨーロッパで生まれた自動車のクラス分けの概念のこと。日本車ではあまり馴染みのない分類方法であり、一般の人がこのワードを使うことはまずないはず。

 そこで本稿では、クルマ好きならその意味を知っておきたいワード「セグメント」に関して解説していきたいと思う。ちょっとした時にうんちくとして語れる知識をお届けする。

文/フォッケウルフ
写真/フォルクスワーゲンジャパン、メルセデス・ベンツ日本、ポルシェジャパン、BMWジャパン、トヨタ、日産、アウディジャパン、スバル、ホンダ、ルノージャポン、ステランティス、スズキ

【画像ギャラリー】国産車だけじゃなく輸入車も! セグメント分けしたクルマをさらに写真で見る!(13枚)画像ギャラリー

■業界でのみ通じる(!?)マニアックワード

 クルマ業界に限ったことではないが、その界隈には一般の方々には馴染みがない、あるいは勘違いを誘発するようなワードがいろいろとあるものだ。

 我々、自動車メディアに携わる人々も、「クルマ好きならわかるでしょ」的に、至極フツーに使ってしまうことがあり、せっかくの記事も、その「知っているようで、知らない言葉」によってわかりにくくなってしまうことがしばしばある。

 たとえば、「セグメント」。輸入車の解説、試乗記事などで見かけるワードだが、クルマに疎い人にとっては、「断片、部分、切れ目、分割(されたもの)などの意味」という本来の意味として捉えるだろう。

 ビジネスシーンにおいては、顧客を属性ごとに区分した分類を指し、ITの分野ではメモリーの管理単位として使われることがある。クルマの場合も分類の概念として用いられているが、その区分や名称はさまざまだ。

 セグメントは、もともとはヨーロッパの調査会社がマーケティングのために使っていた分類方法と言われている。現在、自動車関連のメディアでは、欧州委員会が発表した分類名称が使われているが、欧州委員会の分類は車両サイズだけでなく価格やイメージでもセグメントは変わるとして、明確な基準を示していない。そこでメディアでは、欧州委員会の名称を使いながら、マーケティングシステムズ社が定義した全長による分類を用いていることが多い。

 ちなみに「Wikipedia」によると、日本では「自動車雑誌やウェブ上で、車文化の違いや調査主体により変わる分類方法や区分名称を理解せず、さらに混同して用いる自動車評論家がいるため、しばし混乱が生じる」とあるように、馴染みのないワードゆえに正しく伝えられていないというのも否めない。

 そもそも日本における車種の区分は、ボディサイズ(全長)よりも特徴とか、排気量や車両重量が重視される傾向が強い。SUVとかミニバン、セダン、軽自動車といったジャンルによる分類が一般的で、こっちのほうが車種のキャラクターとか、ライバル関係がわかりやすい。

 とはいえ、世界にはセグメントという分類の概念があることや、それがどういった分け方をされているのか。さらにそれぞれのセグメントの傾向などについても理解しておけば、クルマ通をきどれるのは間違いない。

各国、各組織によってもセグメントの分け方、呼称は違ってくる

■各セグメントのサイズ感と特徴、代表的車種を紹介!

【Aセグメント】
 2名程度でのちょっとした移動に使うことを想定したベーシックカーが揃う。ボディサイズが小さいので、大人4名で長距離移動するというのは厳しいが、街なかを走るには最適だ。

【Aセグメント】国産ならこんなクルマ:スズキ アルト/スズキ ジムニー/ホンダ N-BOXなど

【Bセグメント】
 大人4名が乗れて、荷物もそれなりに積める。ボディサイズはやや小さめではあるが、日々の暮らしで不満のない能力を持つ。上質な作りがなされダウンサイジングにはうってつけ。

【Bセグメント】国産ならこんなクルマ:トヨタ ライズ/ホンダ フィット/日産 ノートなど

【Cセグメント】
 フォルクスワーゲン ゴルフをはじめ、メーカーの主力車種がひしめく大激戦区。性能や品質レベルが大幅に向上し、上級モデルに迫る仕上げのよさをもったモデルが急増している。

【Cセグメント】国産ならこんなクルマ:トヨタ ヤリスクロス/ホンダ ヴェゼル/スバル インプレッサスポーツなど

【Dセグメント】
 内外装の作りが上質でプレミアムを謳ったモデルが揃う。ボディサイズの大きさを生かして居住性や実用性も高い水準となる。駆動方式が前輪駆動のほか、後輪駆動を採用した車種もある。

【Dセグメント】国産ならこんなクルマ:トヨタ ハリアー/日産 スカイライン/スバル WRX S4など

【Eセグメント】
 プレミアムメーカーの看板車種が揃うのがこのセグメント。ボディサイズに余裕があり、コスト的な制約も少ないことから、各メーカーのもつ最新技術をまっ先に投入することが多い。

【Eセグメント】国産ならこんなクルマ:トヨタ ランドクルーザー/トヨタ MIRAI/トヨタ アルファードなど

【Fセグメント】
5mを超える全長と1000万円以上の価格を掲げる、超高級車が揃う。自分で運転する場合もあるが、車種によって後席に乗ることが多い。内装はゴージャスの一語に尽きる。

【Fセグメント】国産ならこんなクルマ:レクサス LS/トヨタ センチュリー/日産 シーマなど

 日本車のグローバル化が進んでいる昨今の状況を鑑みると、車種の分類についても世界の基準に照らし合わせて考えるのが必然と言えるが、ボディサイズの大型化、ブランドや車両のコンセプトの変化、価格の上昇、さらに電動化などを踏まえると、将来的にはセグメントの概念も変わっていくのかもしれない。

次ページは : ■まだある! 自動車業界特有ワード

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ