世界最速FF「CIVIC TYPE R」世界初公開!! ホンダの真骨頂! TYPE Rの系譜

世界最速FF「CIVIC TYPE R」世界初公開!! ホンダの真骨頂! TYPE Rの系譜

 先日行われたワールドプレミアにて、ついにその全貌が明らかになったホンダの新型シビック TYPE R。ホンダ車のチューンナップバージョンであるこの“タイプR”は、シビックでは通算6代目にあたる。では、タイプRにはどのような歴史があるのか? 今回は、シビックを中心にホンダ タイプRの系譜を見ていくことにしたい。

文/長谷川 敦 写真/ホンダ、Newspress UK、FavCars.com

【画像ギャラリー】ホンダの底力を示すTYPE Rの系譜を刮目せよ!!(14枚)画像ギャラリー

シビック初のTYPE RはEK9から!

世界最速FF「CIVIC TYPE R」世界初公開!! ホンダの真骨頂! TYPE Rの系譜
シビック初のタイプRがこのEK9型。ルーフにウイングが装着されているが、後年のタイプRに比べると全体的なルックスはまだおとなしいイメージ

 1997年、ホンダの5代目EK型シビックはマイナーチェンジが施されることになった。このタイミングで登場したのが、5代目シビックのタイプR仕様だ。

 「ミラクルシビック」の愛称でも知られたEK型はノーマル仕様でも十分にスポーティなクルマだった。エンジンはホンダ独自のVTEC(可変バルブ機能)を進化させた3ステージVTECで高出力と低燃費を両立し、軽量な車体との組み合わせにより小気味良い応答性を発揮した。そうした内容も評価され、1995年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

 そのEK型をベースにしたタイプRは、EK9の型式番号が与えられ、今日でもEK9タイプRは歴史に残る名車として知られることになる。

 エンジンはVTECのB16B型を搭載。1.6リッターの直4エンジンは自然吸気型にもかかわらず185psという高出力を発生し、VTECが絶妙な出力特性を生み出した。この大パワーを受け止める駆動系にはトルク感応型ヘリカルLSDが標準装備され、コーナー脱出時のトラクション性能を高めていた。

 サスペンションのチューニングも行われてブレーキローターの容量もアップ。こうしたチューンナップにより、EK9型タイプRは当時の市販FF最速モデルの一台に数えられるようになった。

 ちなみに初代シビック タイプRの車両本体価格は199万8000円。それに対して先に発表された最新型タイプRの価格は499万7000円前後(編集部調べ)になりそうとのこと。両モデルの発売時期に25年の開きがあるとはいえ、2倍以上違うのは驚きだ。

2代目EP3は海外生まれ?

世界最速FF「CIVIC TYPE R」世界初公開!! ホンダの真骨頂! TYPE Rの系譜
イギリス生まれのEP3型シビック タイプR(2001年)。ヨーロッパでのシビック販売を促進させるためにハイパフォーマンスバージョンのタイプRが作られた

 シビックでは2代目になるタイプRの登場は2001年。このモデルのユニークな点は、日本ではなくイギリスの工場で生産されていたことだ。2000年、ホンダはシビックをEU型にモデルチェンジしていたが、この際に日本国内販売のラインナップから3ドアモデルは姿を消していた。しかし欧州での3ドアハッチバックの人気は高く、欧州向けとしてイギリスでEP型の生産が行われていた。

 EP型タイプR登場のきっかけは、欧州でシビックのステイタスを高めることにあった。そこで、ドイツのアウトバーンをはじめとする欧州の高速道路で快適に走れることを目的とした徹底的なテストが行われた。

 EP3型シビック タイプRは、当初は日本国内での販売予定がなかった。しかし方針が変わって国内でもリリースされることになり、足回りなどは欧州仕様から国内の路面に適したものへとモディファイされている。

「ニュービュレットフォルム」と名付けられたタイプR専用ボディのフォルムはシャープで、サイズアップされたホイール&タイヤが見た目をさらにアップ。真っ赤なレカロ製シートやホワイトメーターなど、タイプRだけの装備も充実していた。

 イギリス生産ということもあって、日本では輸入車扱いとなったEP3型シビックは、日本はもちろん、イギリスやドイツで好調なセールスを記録している。

次ページは : 4ドアセダンの3代目国内仕様FD2型タイプR

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ