高評価なのになぜ販売台数が伸びない?? もっと売れていい日本車10選

高評価なのになぜ販売台数が伸びない?? もっと売れていい日本車10選

 評価が高く、売れてはいるものの「大ヒット」まで到達したわけではないクルマたちがこの企画の主役。半導体不足などで納期遅れの影響があるにせよ、「もっと売れていいんじゃないか!」というクルマを取り上げ、その魅力とともに「販売数が伸びないワケ」を探る。岡本幸一郎氏による日産サクラ インプレッションもご紹介!

●ラインナップ
・ホンダ フィット(約2カ月/価格:155万7600〜259万1600円)
・トヨタ アクア(納期:約6カ月/201万3000〜299万7500円)
・トヨタ カローラツーリング(納期:約6カ月/価格:201万3000〜299万7500円)
・マツダ マツダ3ファストバック(納期:約1カ月/価格:222万1389〜368万8463円)
・トヨタ RAV4(納期:約5カ月/価格:277万4000〜539万円)
・トヨタ ミライ(納期:未定/価格:710万〜860万円)
・スバル XV(納期:約4カ月/価格:220万〜295万9000円)
・スズキ ソリオ(納期:約5カ月/価格:158万1800〜214万8300円)
・ホンダ N-WGN(納期:約1カ月/価格:129万8000〜182万7100円)
・ダイハツ タフト(納期:約3カ月/価格:135万3000〜173万2500円)


※本稿は2022年6月のものです。各「値引き額」はひと声値引き額で、遠藤 徹氏調べ。店舗や時期などによりこの金額を引き出せない場合もあります
文/片岡英明、岡本幸一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年7月26日号

【画像ギャラリー】ヒトと被らない「いいクルマ探し」ならこの10台!! なかなか売れないけどいいクルマがあなたを待っている!!!(31枚)画像ギャラリー

■ホンダ フィット

ホンダ フィット。独創的なセンタータンクレイアウトによりキャビンは後席でも1クラス上の広さだ。荷室に荷物も積みやすい。運転しやすいのも大きな魅力だ
ホンダ フィット。独創的なセンタータンクレイアウトによりキャビンは後席でも1クラス上の広さだ。荷室に荷物も積みやすい。運転しやすいのも大きな魅力だ

 フィットはここ数カ月、低調気味だ。他車と同じように半導体不足やサプライヤーの供給の遅れが響いたことも、販売不振の要因のひとつだろう。

 現行モデルはオシャレなデザインだが、フリードとキャラが被っているなど、フィットらしさが薄い。加えて先代のようなスポーツモデルが用意されていないことも伸び悩む要因。

 が、このクルマ、キャビンも荷室も上級クラス並みに広い。ピラーも細いから視界がよく、運転しやすい。e:HEVだってトヨタ勢のハイブリッド車よりスポーティ。この部分が魅力だ。

●ホンダ フィット
・1〜5月累計:2万4645台
・納期:約2カ月
・値引き額:19万円
・価格:155万7600〜259万1600円
・もっと売れてほしい期待度:85

次ページは : ■トヨタ アクア

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!