アルファード/ヴェルファイア来春生産終了!? 最後に超豪華特別仕様車も!!

来春生産終了が見えた! アルファード・ヴェルファイアのフルモデルチェンジはいつ?

 現行型のオーダーストップがかかったアルファードとヴェルファイア。人気車ゆえの長納期でこれ以上注文を受け続けると、今後に響くとメーカーが判断した形になる。

 もちろんオーダーストップの裏側にはアルファードとヴェルファイアのフルモデルチェンジが隠れていると見るのが自然だろう。最新のメーカーから発表されたスケジュールから、新型アルファード・ヴェルファイアの登場や、今後の動向を考えていきたい。

文/ジョー城ケ崎、写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】売れまくった高級ミニバンにモデルチェンジの時が迫る!! トヨタ アルファード/ヴェルファイアの今後は!?(6枚)画像ギャラリー

■納期長期化に対して苦渋の決断

2022年6月末でオーダーストップとなった現行型トヨタ アルファード/ヴェルファイア(写真はアルファード)

 アルファードとヴェルファイアが2022年6月末でオーダーストップとなったのは周知の事実だ。新車納期はガソリン車の短いもので7か月程度、ハイブリッドのMOPナビ付では1年以上を見込んでいた。

 新車の登録台数は毎月のようにランキングトップ10に名を連ね、トヨタ販売店としては経営を助ける、販売の軸となっていたクルマだ。

 モデル末期であったが、特にアルファードの注文は落ち着くどころか増え続け、生産が追いつかない状況が常態化した。この問題は後に控えるフルモデルチェンジに影響する。現在注文を受けているクルマの生産をすべて終えなければ、モデルチェンジを行うことは出来ないからだ。

 2023年と言われるフルモデルチェンジへ向けて、約1年をかけた現行型の生産が続く。この生産がいつまで続くのかについて、新しい情報が飛び込んできた。

■生産完了の目途がついた! 切り替えタイミングは〇月

 筆者の取材によって判明した、アルファードとヴェルファイアの現行型最終生産日は「2023年4月末」だ。この情報は2022年7月現在で、メーカーが販売店向けに発表しているものであり、ここから新型アル・ヴェルの登場時期も見えてくる。

 スケジュール自体は、現在の生産ペースを維持した場合の生産完了時期を示したものだ。今後、部材の供給が滞る、電力需給ひっ迫等で工場が止まる、その他外的要因が発生した場合には、最終生産日自体も後ろ倒しになる可能性が高い。

 こうした状況を踏まえ、新型アルファード・ヴェルファイアの登場時期は、2023年5月末から6月初旬となるだろう。なお、発表=発売となるかどうかは、まだわからない。

 しかしながら、フルモデルチェンジの時期を、当初のメーカー想定時期よりも後ろにずらさないために行った、早めの現行型オーダーストップである。ここまで大規模な受注停止を行った以上、やすやすとスケジュールを動かすわけにはいかないはずだ。

 メーカーの至上命題として、現行型生産終了後、速やかに新型アル・ヴェルの発表をしなければならない。トヨタ販売店のドル箱車種であるからこそ、その期日は待ったなしに訪れる。

■オーダーストップしたのに、特別仕様車が出るぞ

2023年5月末から6月初旬には新型が登場するとみられるトヨタ アルファード/ヴェルファイア(画像はベストカーが作成したアルファードの予想CG)

 既に注文が出来なくなった現行型アルファードだが、特別仕様車が出ることが明らかとなった。アルファードコンプリート車と言われているこのクルマ。グレード名は別途発表される予定である。

 特徴は、アルファードのエグゼクティブラウンジをベースにした4人乗り仕様という点だ。ラージサイズミニバンの大空間を、わずか4席で堪能できる、まさにVIP仕様である。

 販売台数は限定100台となり、抽選販売となるようだ。

 気になる登場の時期だが7月下旬発表となっていたが、まだ発表はなく発売時期は追って連絡となっている(編註:8月10日現在も発表はなく後ろ倒しの可能性が大きい)。

 これまでも抽選販売のクルマは数多くあった。まずは、車両の発表。そして車両情報が周知された段階(発表から2か月程度)で、抽選方法の発表と申込を募る。当選者と商談し、注文が決まればオーダーという動きだ。

 実際の車両オーダー時期は11月下旬に案内予定となっているため、ここから逆算すると予約・商談の流れは以下の通りだ。ネットなどでの抽選方式が取られると見られ10月下旬に当選発表→11月から当選者と商談→11月下旬に契約車両のメーカーオーダー→納車はアル・ヴェルの最終生産日に近い2023年4月頃。

 これまでも3列目シートを取り除き2列目をキャプテンシートにしたアルファードは存在した。グレード名は「ロイヤルラウンジ」であったが、今回はどのような名前と仕様で登場するのだろうか。

 今回は100台限定というプレミア感も上乗せされる。おそらくモデリスタが架装し、完成するクルマになるはずだ。限定モデルに恥じない、最上級のアルファードの姿が、もうすぐ判明する。

 新車納期の大幅な長期化は、ユーザー、販売店、そしてメーカーに対して、早め早めの動き出しを要求する。来年の夏前には登場するはずのアルファード・ヴェルファイア。その予定が崩されないことを、ただただ祈りたい。

【画像ギャラリー】売れまくった高級ミニバンにモデルチェンジの時が迫る!! トヨタ アルファード/ヴェルファイアの今後は!?(6枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ