水泳も県大会レベルだった!? 優勝しなくても怒られない? トップレーサーの少年時代はまさに夏色だ

水泳も県大会レベルだった!? 優勝しなくても怒られない? トップレーサーの少年時代はまさに夏色だ

 2022年7月16〜17日に富士スピードウェイで行われたスーパーフォーミュラ第6選。今シーズンよりチーム無限よりフル参戦中の笹原右京選手が待望の初優勝を果たした。

 笹原選手はもしかしたら暑い季節に好調な「夏男」なのではないか? というわけではないが、夏の思い出を中心に、レーシングドライバー笹原右京の少年時代を振り返るインタビューをお届けする。

文/段 純恵、写真/HONDA

【画像ギャラリー】私の心は夏模様!? 優勝インタビュー番外編:笹原右京の夏・少年時代の思い出(6枚)画像ギャラリー

■笹原右京が少年時代の夏を語る

スーパーフォーミュラ第5戦から第6戦までの間はスーパーGTもレースがなく、笹原選手のように両方にエントリーするドライバーには骨休めの期間となる

 スーパーフォーミュラ第5戦を終えて7月半ばの第6戦まで約1ヶ月間、スーパーGTもレースがないのでちょっとひと息つけます。短い夏休みといったところです。

 子供の頃の夏休みの思い出ですか?

 そうですねぇ。『夏休み』の思い出はないに等しいかもしれませんが、『夏』の思い出なら水泳ですね。

 僕、レースを始める前から水泳をやってたんですよ。群馬の夏はすごく暑くて、夏休みになると小学校がプールを解放してくれてたんです。その解放日にほとんど行ってました。トレーニングにもなるので、小学校の水泳チームの集まりに加わって、市の大会や県の大会にむけた練習にも参加してました。

 でもそういう大会って必ず土日なんですよね。高学年の時に一度だけ市の大会に出られることになって出場してみたら、意外に結果が良くて次は県大会出場です! ってなったんですが、県大会の日程が思い切りレースと被っていて。残念ですとなったんですが、あれはちょっと出てみたかったですね。

 中学校のときも部活動は水泳部でした。夏休みの練習にも参加していて、たまたま市の大会に出たら県大会に行けますってなったんです。その時は県大会にも参加して、ふつうの順位で終わったんですけど、なんていうか、他の選手の水着がスゴかったというか。

 みんな見るからに水の抵抗のなさそうな、表面の滑らかなピチピチの水着とキャップを被ってて、僕はそういうのを全然知らなかったからふつうの学校指定のスクール水着レベルで、周りから『こんなナメたヤツがいるんだ』みたいに思われてたようで。

 僕は水泳は良いトレーニングになってるなー、という感覚だったので、大会で良いタイムを出そうとかって意識がなかったんです。でも後で顧問の先生に、大会にむけてちゃんとタイムを出しに行く課程をやっていたら、もっとタイムが出てただろうなって言われました。

 とはいえ、全国レベルになるには小学校からバリバリやってないと厳しいと思います。競技ってなんでもそうだと思うんですが、水泳の県大会の上位の人たちを見ても、幼い頃からいかに徹底してやってきてるかってことがすごく出てましたから。

■夏休みは「カートにいっぱい乗れる!」ってことがすごく嬉しかった

5歳からカートに乗っている少年は、今ではスーパーGTとスーパーフォーミュラを戦うレーシングドライバーとなった

 僕も5歳でカートを始めてから、小学校に上がっても土日はとにかく練習だったりレースで遠征したりでしたが、夏休みはカートにいっぱい乗れる! ってことがすごく嬉しかったですね。

 授業中、先生の話を聞いてはいるんですけど、頭の隅ではずっとレースのことを考えてました。前の週の土日に走ってこういう課題があったなとか、こういうふうにドライビングしたいなとか。そういうことをずっと頭のノートに書いていて、気づいたらそれを実際のノートに書いてたり。

 それを先生に注意されたことはないんですが、『授業中に意識が別のところに行っちゃってるときがあるようです』と言われたことはあります。

 とにかくカートが好きで、レースももちろん好きで、カートって乗り物が自分にとっては走れば走るほどどんどん面白くなって、乗れば乗るほど速くなっていく。

 上達していく過程が自分の中で実感できて、そういうところがやっぱり楽しかったし、幼い頃から勝つか負けるかという部分のシビアさを味わえて、すごく勉強になりました。

 レースには父がメカニックとして二人三脚で帯同してくれました。母も一緒で受付とか手伝ってくれたり。夏休みに限らず土日はいつも家族3人でハイエースにカートや機材を積んで移動して、本当に家族がワンチームでレースに挑むという感じでした。

 家庭の事情を考えれば、僕のカート活動はけっこう大変だったと思います。当時から支えてくれる人がいなければまったく出来なかった競技で。

 応援してくれる人もいてくれて、けどもちろん成績も残さないといけない。とにかく勝つためにはどうするか、ということを幼い頃から徹底してやっていて、「あのセットアップのここが良くなかったのかな」とか「あの駆け引きはヘタだったなぁ」とか、カートやレースにまつわる話が日常会話でしたね。

 でも、すごく印象に残ってるんですが、僕、レースの成績で父から怒られたことが一切ないんです。これは父の考えなのかもしれませんが、もちろん準備は抜かりなくやるべきだけど、レースは水物だから結果がどうなるかはわからない。

 結果そのものよりも、そこにいくまでの課程を客観的に振り返って、ここは良かったけどあれは良くなかった、優勝してもスタートから3周は良かったけど最後の5周は良くなかったね、というふうに良い悪いをハッキリは言う。

 それに、カートの準備と片付けについてはめちゃくちゃ徹底されたというか、ちゃんとやりなさい! と教わりましたけど、成績の順番に関しては本当に何も言われたことがないんです。

 そんな感じで、基本的に笹原家は『昨日のあのテレビ面白かったよねー』って話よりも、カートやレースにまつわる話をすることがすごく多かったです。ちょうど出始めたレースのDVDや動画配信を見たりして、家族の時間というか交流は毎日ありました。

 それが一番少なかったのが、僕がヨーロッパに行っていた時です。(次回に続く)

【画像ギャラリー】私の心は夏模様!? 優勝インタビュー番外編:笹原右京の夏・少年時代の思い出(6枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ