待ちに待ってたこの日がやってきた!! スーパーフォーミュラ笹原右京初優勝インタビュー(前編)

待ちに待ってたこの日がやってきた!! スーパーフォーミュラ笹原右京初優勝インタビュー:前編

 2022年7月16〜17日に富士スピードウェイで行われたスーパーフォーミュラ第6選。今シーズンよりチーム無限よりフル参戦中の笹原右京選手が待望の初優勝を果たした。

 まだ喜びと興奮の冷めやらぬ笹原選手のインタビューをお届けする。

インタビュー・文/段純恵、写真/HONDA、TOYOTA GAZOO Racing

【画像ギャラリー】とうとうやってくれた!! 笹原右京選手スーパーフォーミュラ初優勝おめでとう!!(8枚)画像ギャラリー

■チェッカーを受けた瞬間に「勝ったんだ!」と

今シーズンよりチーム無限よりフル参戦中の笹原右京。6戦目にしてとうとう初優勝を手にした!

――スーパーフォーミュラ初優勝おめでとうございます。周囲の反応はいかがでしたか。

「メッセージや電話で本当にありがたいお祝いコメントをたくさんいただきました」

――ご自身、優勝を実感したのは?

「チェッカーを受けた瞬間に、勝ったんだ! と。勝利をたぐり寄せたというか最後に流れがこっちに向いてくれたと実感しました」

――土曜日はとても悩んでましたよね。

「午前のフリー走行はとても順調で、予選でもトップ5に入れる手応えもありました。午後は雨を想定してそんなに外していないであろうセットアップで挑んだんですが、アウトラップからタイヤが接地してないような状態で、周りについていくだけで精一杯でした」

――なぜそうなったのでしょう。

「まだ検証できてませんが、マシンをよくするために細かくやったことの影響が想定以上に難しく出てしまったというか。フリー走行では見切れなかった部分で、後でこれが原因じゃないかと聞いた時は『ホントに? それだけ?』って思うくらい些細なことでした」

――タイヤとの兼ね合いでしょうか。

「ドライのセットからウェットっぽいセットに継続していく人もいれば、完全に切り分けて考える人もいてそれぞれだと思います。

 ただ僕の場合、第3戦鈴鹿がSFで初めての雨でつかみきれない要素が多すぎた。2度目の今回は鈴鹿での反省点もふまえましたが、クルマも大きく変わっていてアジャストがうまくいかなかった。

 マシンを知るのにいまのテスト回数、日数でいくと、前年末のルーキーテストから乗り始めて開幕戦を迎えないと、けっこう難しいと率直に感じます。

 僕は3月に参戦が決まり開幕直前のテストから合流できましたが、ただでさえテスト時間の少なかった自分がこうして走れているのはチームの力が本当に大きいと思ってます」

――そこからセッティングを修正し、決勝ではすごくいい感じになった。

「自分がコントロールできる範疇のゾーンに日曜朝のフリー走行で入り、そこから微調整を重ねていって良い組み立てができました」

次ページは : ■笹原選手自身が感じた「優勝への4つのポイント」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ