税制が違うのはわかるけど……なんで黄色ナンバーに封印がないのか?


 登録車と軽の違いで真っ先に思いつくのがナンバープレートの色であるが、じつは最大の差はリアナンバーに封印があるか否かである。登録車には使用する地域の頭文字が刻印された封印が装着されるのだが、なんで軽にはそれが必要ないのか!? この区別は一体なんなんだ!?

文:山本晋也/画像:SUZUKI、HONDA、TOYOTA

【画像ギャラリー】ええ、こんなにあるの!? 全国のご当地ナンバー一覧(6枚)画像ギャラリー

■登録車と軽は行政的にまったく別モノ! 登録者は使用者と紐付けが強固

 日本の乗用車は大きくわけて白ナンバーの普通自動車と、黄色いナンバーの軽自動車が存在している。この2つは様々な行政区分においても別物で、普通自動車の排気量で区分される自動車税は都道府県税で、軽自動車に一律で課せられるの軽自動車税は市町村税といった違いがあったりするのは知られているだろう。

 さらに、軽自動車はナンバープレートが黄色地を基本としているが、よく見るとナンバープレートの封印がなかったりもする。はたして、この違いはどこから生まれているのだろうか。

 逆説的だが、普通自動車のリヤ側ナンバープレートに封印がある理由を調べると軽自動車との違いを理解しやすい。道路交通法でいうところの普通自動車は、大型のトラックバスなど含めてすべて「登録車」という呼び方をされることもある。

 簡単にいうと所有者と車両を紐づけて、登録してあるということを意味している。普通自動車を購入したり、名義変更をしたりするときに印鑑証明が必要なのは、所有者をしっかりと紐づけるためだ。その証明としてナンバープレートに封印が施されるのだ。

普通自動車のリヤナンバープレートに封印があるのは、所有者と車両を紐づけて、登録してあるということを意味している

 一方、同様の表現をすると軽自動車は「届出車」と呼ばれる。これは所有者と車両がしっかりと紐づけられていないことを意味する。そのためナンバーを取るときには印鑑証明が不要であり、三文判で名義変更をすることもできるくらいだ。当然ながら、ナンバープレートには封印がつかない。行政的にはまったく別のクルマなのだ。

 ナンバープレートの正式名称も異なっている。普通自動車などに取り付けられる封印が施されたナンバープレートは「自動車登録番号標」、 軽自動車等に取り付けられているのは「車両番号標」というのが名称で、完全に別物なのだ。

■軽=黄色はパッと見て判断するため!? ETC登場前は色の役割がデカかった

 ところで、軽自動車のナンバープレートが黄色ベースとなっていて、一目で普通自動車と識別できるようになっているのは、主に高速道路での運用によるところが大きい。

軽自動車のナンバープレートが黄色ベースとなっているのは、一目で普通自動車と識別できるようになっているためであり、主に高速道路での運用によるところが大きい

 ご存知のように、高速道路の料金というのは、多くの路線で軽自動車と普通自動車は異なっている。今のようにETCが存在していなかった時代には、料金所で職員が軽自動車を識別する必要があった。そのために黄色ナンバーになったといわれている。

 同じく高速道路において、かつて軽自動車の制限速度は80km/hが上限だった。速度違反を取り締まる警察が、やはり一目で軽自動車と認識するために黄色ナンバーは必須だったという。

 現在では、軽自動車の制限速度は普通自動車と同じになっており、また料金収受についても、ETCの普及率が9割を超えるなど、一目で識別する必要はなくなっている。そうしたこともあって、ラグビーワールドカップやオリンピック・パラリンピックの特別ナンバープレートでは軽自動車でも白ベースとすることができたのだという。

次ページは : ■封印があるのは登録車だけ! バイクも原則なし

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ